岸田外相「一つのスタート」 日ロ次官協議再開

岸田文雄外相は22日、北方領土問題に関する日本とロシアの外務次官級協議の催淫通販10月再開が決まったことについて「一つのスタートだ。その上で首脳、外相間で政治的対話を積み重ねる努力をしたい」と述べ、領土交渉進展に意欲を示した。モスクワで記者団に語った。

 ロシアのラブロフ外相が岸田氏との会談後の記者会見で「北方領土について協議していない」とけん制したことに関しては「会談の半分は領土問題をめぐり議論した。平和条約締結の問題は、領土問題にほかならない」と反論した。

 プーチン大統領の年内の来日については「現在は何も決まっていない」と述べるにとどめた。ru486

都内基準地価 全域で3年連続プラス

都は十六日、土地取引の指標となる都内の基準地千二百六十八地点の価格(七月一日時点)を発表した。ru486都内全域では前年に比べ2%上昇し、三年連続でプラスになった。二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを控え、回復基調が続く経済動向を反映し、上昇幅は前年の1・8%から0・2ポイント拡大した。

 地価が上昇したのは一四年調査の千五十七地点に対し、一五年は四地点減の千五十三地点。区部は七百十二地点のうち96%の六百八十五地点、多摩地区は五百二十八地点のうち70%の三百六十八地点で上昇した。用途別でも住宅地、商業地、工業地のすべてで三年連続のプラスだった。
◆住宅地

 都内全域の上昇率は前年と同じく1・3%。このうち区部は2・1%のプラスで、上昇幅が0・2ポイント拡大した一方、多摩地区は0・3ポイント縮小して0・7%だった。一平方メートル当たり平均価格は都心五区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)が百七万九千円、その他の区部が四十二万円、多摩地区が十八万九千八百円。

 区部での上昇率は高い順に中央区8・8%、千代田、品川区の5・8%。五輪競技会場や選手村が集中する湾岸部の需要は高く、中央区月島三の基準地が二年連続で上昇率トップに。女性用媚薬 ランキング二位の品川区北品川五は、大崎駅周辺での再開発事業にともなって地価が上昇しているという。

 多摩地区では武蔵野市2・5%、福生市1・8%、稲城市1・7%の順に上昇率が高かった。
◆商業地

 都内全域の変動率は3・3%のプラスで、上昇率は前年に比べ0・6ポイント拡大した。地区別では区部が4%、多摩地区が1・4%。上昇率はそれぞれ0・8ポイント、0・1ポイント拡大した。

 港区が7・8%で最も上昇率が高く、中央区の7・7%、渋谷区の6・1%で続いた。基準地別で最も上昇率が高いのは港区南青山五の20・2%。三位に入った港区虎ノ門一は、虎ノ門周辺の再開発とともに地下鉄日比谷線の新駅計画への期待で、地価が上昇しているという。

 多摩地区で上昇率が高いのは、立川市5・5%、武蔵野市3・8%、三鷹市2・8%の順。JR立川駅南口の二地点が上昇率で一、二位になった。一六年夏には新たな南北自由通路が駅西側に完成する見通しで、粉劑媚薬 駅北口よりも割安感があるため需要が高まっているという。

サイフォン珈琲

最近では珍しいサイフォンで珈琲をいれてくれるお店に行ってきました。
三體牛鞭
「倉式珈琲店」というお店で、出店数はまだ少ないようです。
ショッピングセンターの一角に出店しているのですが、落ち着いた雰囲気で椅子やテーブルもゆったりしていて、第一印象はgoodです。

注文してから珈琲が運ばれてくるまでには少し時間がかかりますが、
カウンターでサイフォンで珈琲をいれている様子が見えます。
グツグツと沸騰したお湯が上方のガラス容器に吸い込まれていく様子に見入ってしまいました。

珈琲のほうはしっかりとした味です。
カップに二杯分くらいの量があるので、何人かで行った場合には、異なる種類の珈琲を注文してお互いに飲み比べてみるといいと思います。
韓国痩身一号
それから、ホットサンドを食べてきたのですが、中がホクホクなのは勿論のこと、周囲がカリカリでとっても美味しかったです。