静岡→三ヶ日結果

最近あまり自転車大会に出てないんで足の毛そってなくてすいません(^^ゞ

結局蔵八宝
前の日旧友と呑んでて
あまり眠れず

朝4時起き
5時半出発
弟の手前
最初自分が
前を引っ張り(自転車は空気抵抗があるから後ろが楽)

それが疲労の原因なのか
次第に息が上がり
藤枝辺りでいつのまにか
弟の後ろマーク(爆)

朝6時半ころ
めっちゃ寒くなり
7時半金谷の登り手前
お腹が痛くて
「先行ってて」
と言い残し
トイレ×2(本当に駅トイレあってよかった、コンビニ苦手なもので(☆。☆)

がトイレから
出てロードレーサーに乗ると
左膝が激痛
多分寒さといきなりの負担で傷めました(☆。☆)威哥王

仕方なく後発隊の
サポートカー(おとんの車)
に乗りまして
無事?三ヶ日かんぽの宿着
弟は完走(´ω`)

反省しきりな
日曜でしたが

パチンコ行くより
ちょっと充実してたかも
(´`)

お昼バイキングで
チョコレートフオンデュが
美味すぎて
食べ過ぎましたが

安心してください
今朝体重落ちてました
(・ω・)
やはり、運動大事ですね。巨人倍増
ちなみにこの湿布けっこう効くような、、お気に入りです。

消費者庁、徳島で試験業務を開始 長官ら移転に向け

消費者庁の板東久美子長官ら狼一号は14日、同庁の地方移転に向けた課題を洗い出すため、徳島県内で試験業務を始めた。企業のサテライトオフィスが入る同県神山町の施設を拠点に17日まで滞在する。

 政府は同庁や国民生活センターなどの徳島移転を検討しており、板東長官らは滞在中、情報通信技術を活用した「テレワーク」を実践し、業務に支障がないかを確かめる。政府は中央省庁でテレワークの導入を推進し、働き方を変えるための試験とも位置付けている。

 この日、板東長官は神山町の施設からテレビ会議システムなどを使い、約20キロ離れた徳島県庁(徳島市)三便宝にいる飯泉嘉門知事とやりとりをした。

クルーズ氏が2勝 共和党の指名争い長期化か

米大統領選の候補者指名争いは五日、共和党が四州、民主党が三州で予備選挙や党員集会を開いた。米メディアによると、中絶薬共和党は、不動産王ドナルド・トランプ氏(69)が南部ケンタッキー州などで二勝する一方、保守強硬派のテッド・クルーズ上院議員(45)も中西部カンザス州などで二勝し、粘りをみせた。共和党の指名争いは長期化の様相を強めている。

 トランプ氏は選挙戦が本格化した二月以降、序盤戦のヤマ場「スーパーチューズデー」まで勢いを増し続け、これまでに十九州で計十二勝とリードしている。

 だが、クルーズ氏はこの日、伝統的に共和党の保守派が強いカンザス州で勝利し、計六勝とした。クルーズ氏は遊説先の西部アイダホ州で「カンザスで勝利し、流れが変わる兆しがみえた」と強調した。

 共和党主流派は三月以降、トランプ氏の勢いを止めるために「あらゆる手を講じる」と明言、反トランプ勢力が今後、どこまで巻き返せるかが焦点だ。ただ、主流派が期待するマルコ・ルビオ上院議員(44)はこの日も勝利できず、トランプ氏は遊説先の南部フロリダ州で記者会見し「テッド(クルーズ氏)と一対一で戦いたい」とルビオ氏に選挙戦からの撤退を促した。

 一方、民主党はバーニー・サンダース上院議員(74)が中西部のカンザス、ネブラスカ両州で二勝、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)は南部ルイジアナ州での一勝にとどまった。

 十八州一地域で実施された予備選狼1号・党員集会の累積勝利数では、クリントン氏十二勝に対し、サンダース氏が七勝と迫っているものの、クリントン氏は代議員の獲得数で大きくリードし、有利な戦いを続けている。

TELで思い出すあの日々

ついにこの時期が来た。

来年度への引き継ぎ。紅蜘蛛

その前に
次やってくれる人を探す作業

つまり
超苦手なTELでの勧誘。

誰でも嫌だと思うけど

私の場合
少々トラウマが…

まぁ
かける方はまだ大丈夫だから
今回も何とか頑張りますけどね…
(^o^;)

問題はかかってくる方で。

今回はその
トラウマの話。

昔々
付き合ってた年下の彼、コウヘイがいました。

当時
ケイチとの遠距離恋愛中でしたが
会えなくても慣れっこになり


ケイチがそばにいなくてもいいのかもしれない


ケイチから
心が離れていた時にアプローチされ

気になってった私は

ケイチに別れを告げ
付き合うようになりました

コウヘイは
私に対しては
愛しそうに見つめてくるとこなんかは

あぁ、一途に愛されてんのかな
なんて思わせてくれるんですが
ちょっと俺様!的なところがありました。

そしてちょっと束縛というか

友達の結婚式に行くと話すと
そこへ
男友達というか
ただの後輩が来ると知って

行くんや…
(¬_¬)
と妬きもちやいてふてくされるという感じです。

今思えば
ただのガキです(笑)

そんなコウヘイとは
2年半くらいで別れることになるのですが

最後は
気持ちが冷めていき

私が
家の事情で引っ越しが決まったのを機に

会うことも減り

TELがよくかかってくるようになっていきました

しかも深夜。

うちの親は
ただでさえ結構厳しい
その上コウヘイのことをあまりよく思っていなかったので威哥王

携帯が鳴るたびに視線が痛い

しかもその内容は

[声が聞きたい]
[なんか言って]

それだけ。
それだけしか言わないんです。

気持ちが冷めちゃってる
私には
何も言う言葉がなく

ただ
繋がってる携帯を
耳に当ててるだけ

という状態。

そのまま泣いたこともあったな

もう
ムリだなと
もう
嫌いになってくれと思いながら

何も言葉にならなくて
言葉を飲み込みすぎて

苦しくて苦しくて。

眠気と
苦しさで疲れ果て

携帯を持ったまま
ついに寝てしまって

すると

ブチッと電話を切られる

はっ!
と目が覚める

慌ててかけ直す

また寝てしまう→切られる→かけ直す→寝てしまう→切られる→かけ直す→………

それを明け方までやってる

そんな日が続きました…
どれだけ続いたかは
覚えてません

当然
寝不足になって

会社で居眠りして怒られるわ

深夜から明け方までは
相変わらず

[なんか言って]

の日々。

だんだん

心身ともに
参ってしまって

確実に仕事中で
出られない時間にTELをかけ

留守電に別れの言葉を入れて
やっと別れることはできたんだけど。

こんな人と
幸せになれるわけないのに

同情でしばらく別れずにいました。

今ならスパッと言えるのに。
当時はまだ未熟だった
それだけのことなんだろうけど

いまだに

TELがかかってくる

というのはどうも

いやーな感じがします。巨人倍増

過去の汚点のひとつです。