海外メディアPC Gamerは『TES V: Skyrim Special Edition』は「『F

E3 2016プレスカンファレンスでファンを驚かせた『TES V: Skyrim』のリマスターエディションですが、進化したグラフィックスのみでなく、ユーザーコミュニティーによって築き上げられた潤沢なModライブラリの今後についても強い注目が集められていた模様。とある海外Twitterユーザーが「過去のユーザー制作Modは『TES V: Skyrim Special Edition』と互換性があるのか」と質問したところ、Hines氏は「基本的には動作する」と返答しました。
アトランティカ RMT

一定規模のプレイヤーベースが存在するNAサーバーの世界に身を投じる方が

松本氏は、ローカライズの出来について、藤原啓治さんや小清水亜美さんはじめ、約80名が参加している声優陣がとにかく素晴らしく、ZeniMax Online Studiosの脚本家Lawrence Schick氏の描く独特の世界観が、日本語で再現されているところに聞き入ってほしいと話していました。
アヴァベル RMT

今回はその担当者・土田耕平氏へのインタビューを実施してきた。

昨今、日本国内でも「e-Sports(エレクトロニック・スポーツ)」への機運が徐々に高まってきており、さまざまな関連企業が盛り上がりの助攻を担うべく、あるいはまだ見ぬブルーオーシャンを目指すべく、ブームの中核で活躍しているスタープレイヤー「プロe-Sportsチーム」とのスポンサー契約に乗り出している。
ArcheAge RMT

中東ゲーム小売店MePlayのWebサイトにて、Electronic Artsによる新作シューター

EAは5月中旬、業務成績を通して『Titanfall 2』は「2016年10月から12月にもリリース予定」と報告。第1次世界対戦を舞台にした『Battlefield 1』と並び、2016年Q3を目処に発売されると伝えられていました。なお、EAはE3 2016の出展をスキップし、6月12日よりEA Playを開催予定。ロサンゼルス、ロンドンで展開するこのイベントでは『Titanfall 2』がプレイアブル展示される予定です。
ハウンズ RMT

ンディーズゲームの小部屋:Room#433「State of Anarchy」

プレイヤーのやるべきことは単純明快。ギャングだらけの(というか,ギャングしかいない)街で,ひたすら銃撃戦を繰り広げ,ターゲットとなる銀行を襲うのだ。キャラクターの操作方法は,W/A/S/Dキーで移動,Spaceバーで車の乗り降り,そしてマウスで360度狙いをつけて左クリックで攻撃というもの。ターゲットとなる銀行までの方向と距離は,矢印と残り距離の表示ですぐに分かるようになっている。
タルタロス RMT

バグから逃げ続ける『PAC-MAN 256』PC/PS4版国内発表―協力プレイも実装

本作は2015年にiOS/Android向けにリリースされたモバイルタイトル。オリジナル版『パックマン』において、256ステージ目から画面が英数字で乱れてしまう有名なバグをモチーフに、画面下から迫りくるバグからひたすら逃げていくシステムを特色としています。今作は、過去にGame*Sparkの【60秒アプリタッチ】でも紹介したモバイル版のPS4/PC移植版です。
マビノギ RMT

スマホは,SNSに投稿したり,ほかの生存者に連絡したり,ライトとして活用したりと大活躍

探索中にシザーウォーカーと遭遇すると「探索」モードから「逃走」モードに切り替わり,一部操作が変更される。このときは,カーソルを動かした方向に任意にカメラを向けられるようになり,右クリックでうしろを振り返ることができる。さらに,マウスホイールを押すことで,ダッシュよりも素早い移動が可能な全力ダッシュで逃げられるが,体力をより多く消耗してしまう。体力が消耗してくると画面の周囲が赤くなるので,振り返ってシザーウォーカーとの距離を確認しつつ,立ち止まって回復しよう。DQ10 RMT

時間を巻き戻し,人生の選択をやり直せるアドベンチャー「ライフ イズ ストレンジ」をプレイムービーで紹

クウェア・エニックスは2016年3月3日に,アドベンチャーゲーム「ライフ イズ ストレンジ」(PC / PS4 / PS3)を発売する。
 時間を巻き戻して,最良と思える選択をしながら物語を進めていくシステムが特徴となっている本作。そのプロローグに当たるエピソード1をプレイムービーで紹介しよう。
 なお,先行発売された海外ではエピソードごとの配信だったが,日本語版はすべてのエピソードがまとめられている。じらされることなくプレイできるはずだ。
http://www.gameplanet.jp/CABAL/

こうしたふれ合いによって領地への愛着が増していくあたりも,都市経営系シミュレーションのノリである。

また,来訪した武将達に会うと「友好」がアップする。ときには「金を貸してくれ」と持ちかけられたりもするが,こうしたハプニングは友好を大きく上げるチャンスなのでケチケチせずに太っ腹でいきたいところだ。友好が高まると,仕事を手伝ってくれて本来よりも安い費用で施設が建設できたり,合戦の際に援軍として駆けつけてくれたりもするなどいいこと尽くめ。ここでは確認できなかったが,武将の娘との縁談が持ち上がることもあるという。「茶室」のように武将の来訪率が高くなる施設もあるので積極的に建設してこう。
AION RMT

G900 Chaos Spectrum Professional Grade Wired/Wirel

Logicool G(日本以外ではLogitech G)の新型となるワイヤレス&ワイヤード両対応マウス「G900 Chaos Spectrum Professional Grade Wired/Wireless Gaming Mouse」(国内製品名:プロフェッショナルグレード ワイヤード/ワイヤレス ゲーミング マウス,以下 G900)が,2016年4月14日,いよいよ発売の日を迎えた。

今後の拡張を見据えての調整なども行っている状況です。今のところは4月の実装を予定しています。

ハウジングのようなことができるのですが、1人1つの島を持つことができます。そこに牧場NPCがいて、フェローを預けられます。預けたフェローには経験値が入り、育成が可能です。これがメインとなるのですが、追加コンテンツとして、フェロー牧場のオブジェクトを変更したり、預けたフェローが冒険に行き何かアイテムを手に入れて戻ってくるといったものを予定しています。さらに、フェローに好感度を導入し、値によって報酬を得ることのできる仕組みなども企画しています。
信長の野望

グーパンチのハンドジェスチャーで感情を伝えたり、PS VR内蔵マイクを通してボイスチャットが楽しめま

デモでは4人1組となってスタッフの指示に従いながら南国風の島をツアーし、PS Moveで両手を動かしながら楽器を演奏したり、ブロックをつかんでキャッチボールしたり、ボール遊びをしたりといったアクティビティが楽しめました。中でも驚かされたのはボールを地面にバウンズさせて空高く舞い上がることができたことで(若干の不快感がありましたが)、名作『ジャンピングフラッシュ』のジャンプを彷彿とさせました。

バーチャル世界の中で、PS VRによって拡張された身体を用いて、さまざまな体験が直感的にできる楽しさは想像以上。通常のチャットソフトとはまったく異なる体験で、一緒に体験したメンバーからは「これヤバい!」「おもしろい」と笑い声がたえませんでした。筆者も空高く舞い上がりながら、「気持ち悪いけど楽しい!」と口に出してしまいました。
AION RMT