【東京五輪エンブレム】なぜ「組市松紋」 なぜ「発表前に漏えい」

ワクワク感はなかった。2020年に開催される東京五輪・パラリンピックのエンブレム発表会に、落胆の声が上がっている。公開された最終候補作4案の中からアーティスト野老(ところ)朝雄さん(46)がデザインしたA案「組市松紋」が選ばれたが、発表会直前に漏れて、セレモニーは台なしに。また、事前に「A案ありきだ」と喧伝されたこともあり、エンブレム委員会の宮田亮平委員長(70=文化庁長官)は会見でイラ立ちを見せた。全く盛り上がらなかった発表会の舞台裏を追跡した。
蟻王
 発表会の冒頭、森喜朗組織委員会会長(78)は「朝から緊張とワクワク感でいっぱいでした」とあいさつした。しかし、現場の空気は、ワクワクというより疑心暗鬼に包まれていた。

 発表会に先立って開かれた組織委理事会で、エンブレム委員会が投票で選んだ採用案を承認。理事会が終わってしばらくして「A案に決定」と通信社、民放、NHKの報道が相次いだ。まだ公に発表されたわけでもないのに、だ。宮田氏と王貞治エンブレム委員(75)による緊張感タップリのはずだった発表セレモニーは、ハッキリ言って盛り上がりに欠けた。A案と速報された以上、当然だ。
ビグレックス
 選ばれたA案は江戸時代に広まった市松模様をベースにして、日本の伝統色である藍色で描いている。東京造形大学で建築を学んだ野老さんは「夏の大会なので涼しげなものがいいと思いました」と配色の理由を説明。宮田氏は「寡黙でありながら多弁である」と評価した。ネット上では「葬式かよ」と暗い印象を抱く人が多いが、野老さんや組織委によると、今後はさまざまな色での展開が検討されているという。

週明け「仕事どころではない」 日常程遠く 熊本地震 市中心街人まばら

熊本県を中心とする地震の「本震」から初めて迎えた平日の18日、避難所では早朝から多くの人が配給に列をなす一方、普段は通勤客であふれる駅やビジネス街は閑散とした。一部の役所機能や交通網のまひは続いており、工場などの経済活動も滞っている。避難所となった小中学校では授業再開のめどは立たず、熊本県内の被災地はこれまでの「日常」とは程遠い週明けを迎えた。
絶對高潮
【駅・ビジネス街】「やることがない状態」

 オフィスビルや商業施設が集まる熊本市の中心市街地も被害を受け、人通りはまばらだった。

 「安全が確認できるまでビルに入れない」。管理職男性(54)は会社に近い公園のベンチに座り、途方に暮れていた。避難所暮らしの従業員もおり「今日は出てこられる人だけでいい」と指示していたが「やることがない状態」という。

 JR熊本駅も朝から九州新幹線、在来線とも全て運休し、通勤客の姿は見られなかった。一方、鉄道から車に乗り換えて通勤する人で、市街地につながる道路は渋滞が続いた。

 同駅前で支援物資を待っていた洋服店従業員の諸熊安由子さん(27)は「こんな状態では誰も店に来ない。休業です。何より自分たちの安全が大事だから」と言葉少なだった。

男宝
【役所】庁舎被災 業務できず

 被災者を支援しなければならない行政側も被災し、業務に支障が出ている。

 八代市は余震で庁舎が倒壊する恐れがあるとして、ヘルメットをかぶった職員が二つの支所などに機能を移転する準備を始めた。熊本市では、地震で税金業務を管理するホストコンピューターが故障し、業務ができない状態が続いている。

 倒壊寸前となった宇土市庁舎でもほとんどの日常業務ができず、罹災(りさい)証明書の発行などを旧勤労青少年ホームで受け付けた。だが、この施設も危険性が高いことが分かり、午前中で中止に。幹部職員は「支援物資が行き渡るよう職員で手分けするのが精いっぱい。日常に戻るまで相当時間がかかる」とため息をついた。

民進、特別委を退席…石原TPP相の答弁に反発

衆院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員会は8日午前、安倍首相と関係閣僚が出席し、TPP承認案と関連法案に関する2日目の審議に入った。
縮陰膏
 民進党が政府の情報開示に関する石原TPP相の答弁に納得せず、西川公也委員長の議事運営も公平性を欠くと抗議し、退席。特別委は休憩に入り、午前の質疑は打ち切られた。

 民進党の緒方林太郎氏は、西川氏がTPP交渉に関与した経験を出版予定だと指摘。草稿だとするコピーを示しながら、内閣官房や農林水産省の官僚が執筆に関与したかどうか質問した。石原TPP相は「(コピーが本物かどうか)確認できない以上、コメントできない」などと繰り返した。緒方氏は明確に答弁させるよう西川氏に求めたが、「答えている」と応じなかったため、民進党の委員が全員退席した。
狼一号
 民進党は自民党に対し、西川氏が自らの出版予定について、所感を述べる形で説明するよう求めた。自民党の佐藤勉国会対策委員長は党代議士会で、「妥協できない」と述べた。