ほんの数ヵ月前の私の日記

ここで仲良くなった人と

過去に僕が書いた日記について

さっきまで少し話していたので

ちょっと遡って読んでみました。

色々読んでみた感想は“昔の日記の方が面白い”でした。

面白い日記の合間合間に

すごく攻撃的で口が悪い日記が挟まっていて

読みながら笑ってたわけですが

なんか不思議な感じですよね。

「これ俺が書いたのかー(´・д・`)」

すげー怒ってんなー、ってw

ただ、そういう内面的なエネルギーが

良い方向に発揮されたとき

今はもう書けないような面白い文章が書けていて

自分が持つ情熱みたいなものは手放すべきじゃなかったのかもしれないなぁ

と思ったりもします(´・ω・`)

かつて散々手を焼いた性欲も最近著しく低下してきたのを感じて

それと同時に野心のようなものも無くなっていきました(´・ω・`)

「まあいいか」

「こんなものだろう」

「ボチボチやっていこう」

最近はずーーーっとそんな感じで

何かに熱くなることも

情熱的に打ち込んだり訴えたりすることも

少なくなってきたような気がします。

色んなことには必ず別の側面があって

子供の時にしか発揮できない想像力というものが

確かに存在してるんだなぁと

少し寂しくなりました(´・ω・`)
催情剤
d10媚薬
巨根カプセル

母親の立場として

「遊びから危険を学ぶ」論がありますが

男の子ってのは女子よりもスリルを求めるし

男の子ってのは女子よりも「はやしたて(危ないことを度胸だめしみたいに言い危険なことをするようにあおる)」をよくやるし

男の子ってのは女子よりも「ムキになる(危ないと思っても、よわむしレッテルはられたくなくてムチャする)」動物です。

“危険から学ぶ”といっても、その“危険度”には限度ってのがあります。

過去には、たちいり禁止の屋上であそんでいた男子のひとりが、天窓の窓の上に乗って飛んでいたらそれが割れて落下して死亡しました

また、過去には学校でおにごっこをしていて、窓枠からはみだすようにして立っていた男子が、落下して死亡しました

川遊びで死亡したこどもたちは後をたちません。

というか、川とか海とかでふざけて飛び込んで死ぬのは、大人もこどもも、男性が多いと思います
(最近だと、結婚式のビデオを撮影していた男性たちが海に飛び込んでそのままながされたひとたちがいました)

私がおもうのは、男子をもつ母親は、とくにきをつけて、こうした過去の事例をあげて

溺死、落下死、首絞め死といったことを「遊び」「軽い気持ち」「スリルほしさ」「ムチャをして」やらないよう、けして冗談じゃすまないことを、毎月何度か、ひざつきあわせて、話しあうべきだと思います。

すくなくとも、うちはしています。

少年の”マイナスの可能性”を甘くみてはいけない。

余談ですが、連絡が母でなく祖母ってのがひっかかりました。

やはりこうしたことは親がしっかり教育すべきです。

仕事で忙しいといって、しっかりしめるとこしめとかないと、こういう状況になって、虐待もそうですが、最後に犠牲になるのはいつもこども。おとなの愚かさで子供が死ぬのはいたたまれません。

仕事をしていて、あまり目をくばれないならなおさら、最低限、命にかかわる危険回避の教育(それは、大人になって女性を無責任にはらませたあげく逃げたり、あるいはシンママのこどもを虐待しないとか、そういう意味での”危険回避教育にも発展させていくべきですが)はとくに男の子の親は、すべきだと、断言したいと思います。
巨根カプセル
女性催情剤

幸せの形にとらわれずに

結婚が人生の楽しみの全てじゃないのは,確かです。
でも,「結婚しないことの代償」だと意識して,何か楽しいことを探すのって,寂し過ぎませんか?
結婚すると難しくなる楽しみ,不可能になる楽しみもあるでしょう。
結婚すればこそ,の楽しみもあるでしょう。
d10媚薬
それぞれの立場,それぞれの思いがあります。「無い物ねだり」なのかも知れません。
とりあえず言えそうなことは,「結婚を諦める」と自分で自分のことを決めつけてしまったら,つまらない。私もいろんな人を見てきました。
「結婚して子供を設けることが男の本懐」みたいなおっさんの晩婚。
あれは,本人の自己満足でしか無いよな,と思いました。

40になって,「結婚しました(やっと?)」と言うお便りを頂きました。
幸せそうな写真が添えれれていました。
いくつになっても花嫁さん,花婿さんって,いいよな,と思わせてくれました。
30代,40代と,少し心を病んで,ずっと独り身の女性が,60ぐらいになってから,ずっと近くで支えてきてくれた男性と入籍しました。もちろん,男性もかなりの年齢です。
随分と気持ちも安らいだようで,本当に良かった,と思いました。
催淫カプセル
ちょっと年が行ってから,年下の男性と結婚した女性も居ます。
私の身の回りでは,意外と珍しくありません。もちろん,ずっと未婚の友達も居ます。やはり,未婚で年齢が行っちゃう人は,女性より男性のほうが多いですが。
確かに,良い恋愛をして適度な年齢の時に結婚するのは,幸せの方程式が成り立つものとしては,鉄壁に思われている部分はあるかも知れません。親も孫の顔を見たがるでしょうし。
そうでなかったら,私みたいなヒネクレ者が,彼女の(当時の)平均初婚年齢に合わせて結婚していなかったかも知れません。(同級生だったから,私は平均初婚年齢よりも若かった)
……もっとも,孫の顔を見せるのは,それから6年近く経っていましたが。
(私としては)早く結婚したぶん,2人で過ごす時間を長めに取ったのです。

自分の周囲を見ているだけでも,結婚の形はいろいろ。離婚の危機のあった夫婦も居ましたが,とりあえず,私の交友範囲の人は離婚していません。それぞれに,幸せの形があり,幸せの作り方がある。誰かを羨む必要も無いし,誰かと比べる必要も無い。それが分かっていれば,こんな相談は出てこないと思います。