【東京五輪エンブレム】なぜ「組市松紋」 なぜ「発表前に漏えい」

ワクワク感はなかった。2020年に開催される東京五輪・パラリンピックのエンブレム発表会に、落胆の声が上がっている。公開された最終候補作4案の中からアーティスト野老(ところ)朝雄さん(46)がデザインしたA案「組市松紋」が選ばれたが、発表会直前に漏れて、セレモニーは台なしに。また、事前に「A案ありきだ」と喧伝されたこともあり、エンブレム委員会の宮田亮平委員長(70=文化庁長官)は会見でイラ立ちを見せた。全く盛り上がらなかった発表会の舞台裏を追跡した。
蟻王
 発表会の冒頭、森喜朗組織委員会会長(78)は「朝から緊張とワクワク感でいっぱいでした」とあいさつした。しかし、現場の空気は、ワクワクというより疑心暗鬼に包まれていた。

 発表会に先立って開かれた組織委理事会で、エンブレム委員会が投票で選んだ採用案を承認。理事会が終わってしばらくして「A案に決定」と通信社、民放、NHKの報道が相次いだ。まだ公に発表されたわけでもないのに、だ。宮田氏と王貞治エンブレム委員(75)による緊張感タップリのはずだった発表セレモニーは、ハッキリ言って盛り上がりに欠けた。A案と速報された以上、当然だ。
ビグレックス
 選ばれたA案は江戸時代に広まった市松模様をベースにして、日本の伝統色である藍色で描いている。東京造形大学で建築を学んだ野老さんは「夏の大会なので涼しげなものがいいと思いました」と配色の理由を説明。宮田氏は「寡黙でありながら多弁である」と評価した。ネット上では「葬式かよ」と暗い印象を抱く人が多いが、野老さんや組織委によると、今後はさまざまな色での展開が検討されているという。

週明け「仕事どころではない」 日常程遠く 熊本地震 市中心街人まばら

熊本県を中心とする地震の「本震」から初めて迎えた平日の18日、避難所では早朝から多くの人が配給に列をなす一方、普段は通勤客であふれる駅やビジネス街は閑散とした。一部の役所機能や交通網のまひは続いており、工場などの経済活動も滞っている。避難所となった小中学校では授業再開のめどは立たず、熊本県内の被災地はこれまでの「日常」とは程遠い週明けを迎えた。
絶對高潮
【駅・ビジネス街】「やることがない状態」

 オフィスビルや商業施設が集まる熊本市の中心市街地も被害を受け、人通りはまばらだった。

 「安全が確認できるまでビルに入れない」。管理職男性(54)は会社に近い公園のベンチに座り、途方に暮れていた。避難所暮らしの従業員もおり「今日は出てこられる人だけでいい」と指示していたが「やることがない状態」という。

 JR熊本駅も朝から九州新幹線、在来線とも全て運休し、通勤客の姿は見られなかった。一方、鉄道から車に乗り換えて通勤する人で、市街地につながる道路は渋滞が続いた。

 同駅前で支援物資を待っていた洋服店従業員の諸熊安由子さん(27)は「こんな状態では誰も店に来ない。休業です。何より自分たちの安全が大事だから」と言葉少なだった。

男宝
【役所】庁舎被災 業務できず

 被災者を支援しなければならない行政側も被災し、業務に支障が出ている。

 八代市は余震で庁舎が倒壊する恐れがあるとして、ヘルメットをかぶった職員が二つの支所などに機能を移転する準備を始めた。熊本市では、地震で税金業務を管理するホストコンピューターが故障し、業務ができない状態が続いている。

 倒壊寸前となった宇土市庁舎でもほとんどの日常業務ができず、罹災(りさい)証明書の発行などを旧勤労青少年ホームで受け付けた。だが、この施設も危険性が高いことが分かり、午前中で中止に。幹部職員は「支援物資が行き渡るよう職員で手分けするのが精いっぱい。日常に戻るまで相当時間がかかる」とため息をついた。

民進、特別委を退席…石原TPP相の答弁に反発

衆院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員会は8日午前、安倍首相と関係閣僚が出席し、TPP承認案と関連法案に関する2日目の審議に入った。
縮陰膏
 民進党が政府の情報開示に関する石原TPP相の答弁に納得せず、西川公也委員長の議事運営も公平性を欠くと抗議し、退席。特別委は休憩に入り、午前の質疑は打ち切られた。

 民進党の緒方林太郎氏は、西川氏がTPP交渉に関与した経験を出版予定だと指摘。草稿だとするコピーを示しながら、内閣官房や農林水産省の官僚が執筆に関与したかどうか質問した。石原TPP相は「(コピーが本物かどうか)確認できない以上、コメントできない」などと繰り返した。緒方氏は明確に答弁させるよう西川氏に求めたが、「答えている」と応じなかったため、民進党の委員が全員退席した。
狼一号
 民進党は自民党に対し、西川氏が自らの出版予定について、所感を述べる形で説明するよう求めた。自民党の佐藤勉国会対策委員長は党代議士会で、「妥協できない」と述べた。

パスポートを取り上げられて買い物させられる爆買い格安ツアーの実態

東京や大阪などで、今や日常風景となった中国人観光客の爆買い。しかし中国本土では、格安ツアーで無理矢理に近いかたちで買い物をさせられている実態が、たびたび問題になっている。
催情剤
 昨年から盛り上がった爆買いは、もはや一過性のブームではなく、すっかり定着した現象と言っていい。中国人たちは日本製品の良さを知っており、「日本人が使っているものを買いたい」と熱烈に思っている。しかし、彼らの動向を詳しく調べていると、自由度を極端に縛られ、ひたすら買い物をさせられる、という格安ツアーに疲弊している現状が見えてくる。

 毎日昼下がりになると、銀座には大型バスが何台も乗り付け、中国人観光客を大勢降ろす。大量の荷物を抱えて地べたに座り込む人もおり、「中国人は行儀が悪い」と思っている日本人も少なくないだろう。ある日、私がそうした中国人に声をかけてみたところ、「12時から、かれこれ5時間も銀座にいる」と疲弊した顔で打ち明けてくれた。
絶對高潮
 日本語ができないから、カフェで休憩することもままならないし、「ツアーバスから離れすぎて、乗り遅れたら大変だから、あまり遠くには行けない」と言う。

 彼らが利用しているツアーは、いわゆる格安だ。6日間の滞在で約7万円といった具合で、旅行代理店が普通に商売をすれば間違いなく赤字。そこで、免税店やドラッグストアなどと交渉し、客を送り込む代わりにキックバックを払ってもらう、というビジネスモデルが横行しているのだ。

松岡修造「“くいしん坊”は天職です」出演800回達成

フジテレビの長寿番組「くいしん坊!万才」(月曜後9・54、関東ローカル)で11代目くいしん坊を務める松岡修造(48)が、14日放送回をもって出演回数800回を突破する。
縮陰膏
 熱い修造節で日本中の郷土料理を伝えてきた松岡。先月、歴代くいしん坊たちの出演回数を超え単独トップとなったばかりだが、「回数を気にしたことがなかったので、特別な思いはない。795回で歴代1位になったときもスタッフに教えられて『あ、そうなんだ』という感じ」と淡々としたもの。

 しかし「放送800回を日に直すと800日。続けて旅するとつまり2年以上を食べ歩いたことになるから、これはすごいことなんだと思った」と感慨深げだ。
d10媚薬
 “くいしん坊”リポーターは「天職」と自負する。長く続ける秘訣(ひけつ)は「強いていえば、毎回の取材を“新鮮な気持ち”でできること。これは僕のひとつの才能かもしれない。五輪の応援とか長時間何かをやっていても飽きることはない。いつもフレッシュな気持ちで物事に向き合えますから」と笑顔を見せた。

 2000年から担当し、04年に47都道府県を全制覇した。16年間継続してきたが「すべてもう一度行ってみたい」と話し、特に印象に残っている料理は「新潟県の“ぬか釜炊きご飯”」(13年8月放送)を挙げた。「おいしくて何杯おかわりしたことか。他の料理には最後まで手をつけずに、ご飯だけで1話が終わってしまったという思い出ですね」と振り返る。

 14日放送では、岩手県盛岡市の短角牛を紹介する。かみしめる食感とうまさを味わう牛肉をどのようにリポートするのか。松岡は「これからももっともっと日本を感じたい」と元気いっぱいだった。

米大統領選、「スーパーチューズデー」決戦へ

アメリカ大統領選に向けた指名候補レースで12の州が一斉に予備選挙に臨む「スーパーチューズデー」は、日本時間の1日夜です。最大の票田テキサス州から報告です。
夜夜堅
 強硬な保守層で知られるクルーズ氏は、テキサス州で最大、全米でも4位の人口を誇るヒューストン市が地元で、指名獲得の可能性を残すには圧勝したいところですが、力強さに欠けています。

 「我々には勢いがあります。これは普通の選挙じゃないんです。忘れずに投票を」

 レース全体でトップに立っているトランプ氏が、テキサス州でも10ポイント以内で粘っていて、そのほか多くの州でも首位をキープしています。
五便宝
 「明日、皆さんの支援が必要なのです。皆さんが投票に訪れるのを期待しています」(ヒラリー・クリントン前国務長官)

 一方、民主党ですが、黒人層を中心に、夫のビル・元大統領の時代から「クリントン家」の人気が高い南部の州が多いだけに、クリントン前国務長官が優勢を保っています。逆に緒戦アイオワでほぼ同点、2ラウンド目では圧勝し旋風を起こしたサンダース上院議員は、地元バーモント州では完勝が濃厚なものの、全体としては伸び悩んでいます。

 トランプ氏、クリントン氏がこのまま独走態勢に入れるのか。序盤の天王山「スーパーチューズデー」は、日本時間の1日深夜に投票が始まります。

ナイキ、同性愛者差別発言のパッキャオと契約解除

米スポーツ用品大手ナイキ(Nike)は17日、プロボクサーのマニー・パッキャオ(Manny Pacquiao、フィリピン)の同性愛カップルは「動物以下だ」との発言を「忌まわしい」と非難し、同選手との契約を打ち切ると発表した。
壮天根
 今週、パッキャオがフィリピンのテレビに出演した際のコメントが大きな論争を巻き起こしたことを受け、ナイキは同選手と手を切ると声明を発表した。

 同社は「マニー・パッキャオのコメントは忌まわしいものだと感じている。ナイキはいかなる差別にも厳重に抗議しており、LGBTコミュニティーを支援し、その権利を主張する長い歴史がある」と声明を発表している。
d8 催情剤
 信仰心のあついキリスト教信者のパッキャオは、激しい非難を受けてすぐさま謝罪していた。

<大阪・切断遺体>被害女性の夢は「父と花屋」

大阪府門真市のマンションで切断された遺体が見つかった事件で、大阪府警は3日、遺体の一部をDNA型鑑定した結果、昨年12月24日から行方不明になっていた生花店のアルバイト店員、渡辺佐和子さん(25)のものと一致したと発表した。「なぜ娘が事件に巻き込まれなければいけなかったのか」。愛媛県西部で暮らす渡辺さんの父親は3日、取材に応じ、悔しさをにじませた。渡辺さんの行方が分からなくなってから10日。無事を信じ続けた家族らの祈りは届かなかった。
三体牛鞭
 渡辺さんは昨年3月まで父親と同居していた。大阪府門真市のシェアハウスに移り住み、東大阪市内の生花店でアルバイトをしていた。父親も以前、生花店で働いていた。渡辺さんは「いつか大阪で一緒にお花屋さんをやりたいね」と話していたという。

 動物が大好きだったという渡辺さん。シェアハウスでも白いポメラニアンを飼い、近所によく犬と散歩に出掛けていた。人なつっこい笑顔で、礼儀正しい女性として知られていた。父親宅には数日前、あるじを亡くしたポメラニアンが戻ってきた。
新一粒神
 「人の不幸の上に幸せを築こうとした犯人が許せない」。父親は娘の無念を絞り出すような声で代弁した。

 同級生らによると、渡辺さんは通っていた松山市内の中学校と高校でバドミントン部に所属。試合に負けると、反省点や自分の思いを熱心にメモに書き、他の部員と意見をぶつけ合った。高校時代の顧問だった男性は「本当に真面目で、ムードメーカー的な存在だった」と振り返った。

 幼なじみの女性(25)は事件発覚後、友人から「行方不明の女性が佐和子かもしれない」と聞いた。「佐和子ー!?」。渡辺さんの携帯電話に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で安否をたずねるメッセージを送ったが、返信はなかった。女性は「何かの間違いであってほしいと願っていたのに……。信じたくない」とすすり泣きながら話した。