マブくてダーク()な

何でも話せるグループを作りたいぜ!

その前にノーマルの友達をつくるべきですね★

変なのにネットに悪口を書かれる時に、とりあえず無関係な「友達ゼロwww」「非モテwwww」ってのをピンポイント嘲笑される。それを気にして…ってわけでもないけど、友達に関する認知とか自覚とかちょっと変えた方がいいのかなーとか思い始めた。

ネットでつながってる人は『友人』なのか。リアルで会った事ある人はもう『リア友』と呼んでいいのか。

厚かましいかなーなんて思いつつも『友達』なんて言葉を使い始めた昨今、時々そんな事を考える。

まぁ友達と呼ぶことを許してもらったからって特に急にべったりしたりはしないし、今までと変わらないだろうけど。「友達いません」は必要以上に卑屈でやめた方がいいのかなーとか思ったり。

勿論「お前に友達なんかいない!(ソフトバンクのお父さんボイス)」って現実もそれはそれでプラマイゼロだけど。

自分はただ孤独生活が染みついてて、人といる自分が想像できなくて、友達がいる自覚を持ちにくいだけなんかなーと思う事もある。しかも小学生で時間止まってる精神年齢もその時のままだから、友達って子供の感覚の、所謂『結構な頻度で遊ぶ約束して、毎日会うのが楽しみで』みたいなのをイメージしてしまいがち。

数年に1回ペースでその時限りのマイミクとオフをするような事しかした事ない(今年は会いたい人と会ってその時限りの雰囲気ではないが)のに、そんな滅多に会わない相手を図々しくもを友達と呼んでいいのかと。
勃動力三體牛鞭
五便宝