病は気から

こんばんは紅蜘蛛

病は気からという諺がありますが、気の持ちようで、良くも、悪くもなると言われていますね。

もともと、東洋医学では『病気は、気の乱れによって起こる』とされ、『気』は人それぞれが持つエネルギーのようなもの意味をしていると言われてます。

『気』が不足すると『気虚』と呼ばれ、疲れやすくなり多くの病が寄ってくると言われています。漢方薬

また、身近な生活でも、気が合う、気がめいる、気が散るなどいろんな意味をもつ気があります。

さて、そんな気ばかりでは、つまらない日記になってしまいますね

もちろん、前向きな、やる気、リドスプレー勇気、本気などで明日から頑張りたいと思いますが、ちょっと、その気をどうやって養うのか。いろいろ調べてみると、自然界からの気をもらうことが一番とのことでした。

最近、私は、どこか出かけた時に、大きな大木をみつけると、時間があれば、大木に手を当てて、自分の気持ちを落ちつかせたりしています。
この行為は、案外ありとのことでした。

寒い季節になりましたが、ちょっと暖かかな服装をして散歩にでも行かれて、新しい気をもらってはいかがでしょうか
最後に、素敵な12月になりますように催情薬

新たに出発かな…

こんばんは 今日は他の地域の試合にお願いされて参戦 結果はお願いされたにも関わらず紅蜘蛛
期待に応えられずに完敗 最終戦だったから勝って終わりたかったけど申し訳ない気持ち
でも嬉しい事に9月に痛めて100%で走る事が出来なかった右脚も今日100%で走る事が出来て完治したみたいでホッとしてます

明日通院してた接骨院に行って報告すればきっと治療も終了だろうな(^_^)v 
これで自分の今シーズンも本当に終了 ちょっとリフレッシュして来シーズンに向けてトレーニングする予定です!狼一号
そういえば、自分にとってはちょっと悲しい事が1つ先週の金曜日に報告があった。
入社して25年間いた今の仕事場所から別の会社に新年から変わる事になった
仲のいい同期や優しかった先輩と別れるのは残念で仕方ないけど大きい会社はしょうがないかな…

ちょっと今回の移動は自分では納得いかない部分があるんだけどね
それは上司なんだけどね みなさん半沢直樹ってドラマ知ってますか?
上司にとって都合の悪い部下は側においときたくないような… リドスプレー販売

それですよ 絶対に倍返し以上にしてやるつもりです。呼び戻されても絶対に今の会社には帰らないし、上司より上になったら…       
 でも通勤するには今よりは近くなりそうだからそれはいいかもです 来年からは心機一転して頑張るかな精力剤

あぁ~、疲れたぁ

今日は久しぶりの日曜日の休日出勤 日曜日出勤なんだけど、まるで土曜日の休日出勤のような感覚(^_^)漢方薬

朝7時30分~14時までだったのですが、仕事でも疲れたんだけどそれより駐車場~会社までの無駄な往復に歩き疲れてしまった

午後ちょっと過ぎまでかかりそうなので会社の外で昼食を食べて来ようと思い作業服で駐車場まで歩いて行って車のドアノブに触れた。漢方薬激安

いつもなら開くはずなのにドアが開かない あれっ!?と思った瞬間に車の鍵を出勤の服に入れてたのを思い出しロッカーまで取りに帰る で、外で昼食を済まし午後の仕事の確認をしてから終了し、ロッカーで着替えて 駐車場まで歩いて行き車に乗って"ふぅ~"っと一息ついて携帯を確認しようと思って探したら見つからない(°□°;)媚薬購入

昼食を食べて会社に戻る時に車に携帯を置いてきたと思ってたから大丈夫だと思ってたのにどうやら作業服の上着の胸ポケットに入れてたみたい

仕方ないからまたまた歩いてロッカーまで携帯を取りに戻る 結局駐車場~会社で2往復で済むはずが倍の4往復もしてしまったリドスプレー

うち2往復した訳が気分的に落ち込むような事情だった為に身体的に疲れた

あ~、明日会社休みた~い でも、今の工場にいるのも今年いっぱいだから頑張って行くかな

それに今週末の金曜日は午後から会社上がって名古屋モーターショーに行って、その後なばなの里にイルミを見に行く予定だしね どっちも楽しみです紅蜘蛛

距離感

これってさ

昔から巨人倍増 よく 考えていたこと

近すぎず
遠すぎ巣

距離の問題なのか

心の持ち方次第なのか

あまり
付き合いはしないから

今更ながら
考えることはある

恋愛だけではなく
親子であったり

親類とか兄弟姉妹

友達

との距離感

ましてや
この 出逢いサイトでの
交流でも

なるようにしか ならないが

目に見えないから 尚更 リドスプレー気遣いは あって当然だとは思うが

そこをはかるのは

難しいなと

感じている

いつも難しいことばかり書いてますが

人見知りではなく
人付き合いが 不器用なんで

時間が かかるんだ

一気に距離を縮めたいとは 思わないし

徐々に

行きたいものだ中絶薬

目が覚めると列車はイルクーツクに到着していた

これはバー?カー。食前、食後の談笑に良い。

全体に快適な旅である。狼一号列車が飛ばすときは、かなり揺れるが、別に脱線するほどでもなさそうだ。各列車についている客室係も驚くほど気が利いている。コーヒーでも頼みに行くかと思っていると、ドアをノックする音が聞こえるという按配である。

8月28日。目が覚めると列車はイルクーツクに到着していた。アンガラ川沿いに停車しているが、この川はバイカル湖から流れ出したものだ。空は晴れている。

今日はイルクーツクを観光して、明日ハイライトのバイカル湖に行くのだが、それまで天気が持つだろうか。今日1日がもったいない気がして、タクシーを飛ばして、バイカル湖に駆けつけようかという考えが一瞬浮かんだほどである。

観光は市内を丹念に回り、市場にも行った。生鮮食料品が豊富である。

最後に訪ねたヴォルコンスキーの家がイルクーツクのハイライトだった。デカブリストの乱でシベリアに多くの人が流刑された。その1人、ヴォルコンスキーと、彼を追ってシベリアに来たマリアの家である。

戦争と平和にヴォルコンスキーが登場するので分かるように、トルストイと関係が深いようだ。調度品などは都会風の立派なものだった。

家の中を見終わって、コンサート。つぎに、突然シャンパングラスが出てきた。

「さあ、マリア?ヴォルコンスキーがいつも歌ったように、歌いましょう。シャンパンだー、乾杯だー」司会者魔根の音頭と共に、シャンパンの栓が抜かれ、なみなみと注がれた。