鮮やか 秋色ライトアップ 鹿沼・掬翠園

鹿沼市銀座狼1号の屋台のまち中央公園にある日本庭園「掬翠園(きくすいえん)」で、紅葉が見ごろを迎えた。夜間には10基の照明で照らすライトアップが行われ、赤や黄に色づいた葉が鮮やかに浮かび上がっている。

 掬翠園は明治末期から大正にかけて造営され、約1600平方メートルの敷地内に二十数本のカエデが植えられている。近くに住む男性(60)は「規模は小さいが、ここの紅葉が一番きれい」とカメラに収めていた。

 ライトアップは29日までの午後5~8時で、雨天中止。期間中、園内では「もみじまつり」と称して、書道展や地元の木工職人による作品の展示販売もある。ペニス増大

勉強好きな息子達

まあ、長男は技師になり
暮らしていける様になる

困ったのは次男
教師志望ですがなれずにいる

バイトしながら暮らしている

留年したり六年間大学にいたけど

また行きたいとか言う

社会は甘くないから勃起促進薬
学生でいたいのか

もう四年近くなる

諦めてくれたのか

たまに宝くじを買うという

憧れの東京の大学に行きたいと

これ以上は無理だわ

まだ夢を追いかけているかもね

自力で暮らして

貯金はできないはず

これ以上は甘やかさないわ

行ける時に私は巨人倍増
鉄旅している方がいい

過去から未来への教訓に

足尾威哥王鉱毒事件で廃村に追い込まれた谷中村(現栃木市)を舞台にした記録映画「鉱毒悲歌(こうどくひか)」が、全国の環境カウンセラーでつくるNPO法人「環境カウンセラー全国連合会」の環境大賞に選ばれ、宇都宮市のホテルで十日、授賞式が行われた。

 映画は、元参院議員の谷博之さんが制作委員会を設立し、昨年六月に完成した。宇都宮市職員巨人倍増だった作家の故立松和平さんや宇都宮大生が四十年近く前に撮影、お蔵入りになっていたフィルムを一時間四十三分に編集し、宇都宮市や佐野市など全国二十カ所以上で上映している。

 全編モノクロの映像は、ヨシ原をかき分け谷中村があった墓地にたどり着く場面から始まり、足尾銅山の煙害で壊滅した地域の姿を細かく記録。鉱毒事件と深く関わった田中正造を知る男性らの貴重な証言も収められている。

 環境大賞は、環境カウンセラー全国連合会が各地域固有の問題でなく、過去に起きた問題を未来への教訓にするため、今年創設した。

 佐々木進市理事長は「環境問題で繰り返されるテーマが盛り込まれている。原発事故や新興国でも同じことが起きる可能性もあり、世界に問うことができる」と選考理由を説明。制作委員会の谷委員長は「感激している。映画が環境問題に関心を持っていただくきっかけになれば」と喜んでいた。勃起促進薬

とろーり黄身の煮卵風

卵6個
醤油50cc
焼酎50cc
ラカント大さじ2~3好みで。
酢大さじ1(ゆで用)
塩少々

沸騰した湯の中にお酢と塩を入れる。
再び沸騰したら、室温に戻しておいた卵をそっと入れ、沸騰した状態で6分ほど茹でると半熟に。そのあと冷水にさらして殻をむく。

漬けダレ

鍋に醤油、焼酎とラカントを入れて一煮立ちさせる。
ジップロックなどの保存容器に移し、半熟卵を入れてそのまま漬け込む。

以上。

半熟卵は殻が剥きにくい!
下手すると黄身が出てきちゃう。
半熟卵の殻を上手に剥く方法ないかな?


淫インモラル
中国精力剤