東海第二原発の広域避難計画 県外への避難4万人増の56万人

日本原子力発電東海第二原発(東海村)の過酷事故を想定した県の広域避難計画で、県外への避難者が、紅蜘蛛これまで想定していた約五十二万人から約五十六万人に膨らんだことが二十八日分かった。橋本昌知事が同日の定例記者会見で明らかにした。学校の統廃合などで、避難所として使える施設の減少が見込まれることから、県内の受け入れ可能人数の見直しを迫られた形だ。 

 県は、東海第二原発からおおむね三十キロ圏内の十四市町村に住む、国内最多の約九十六万人を避難の対象としている。昨年三月、県が決定した避難計画では、事故時、県内三十市町村に約四十四万人が避難、県内で収容しきれない半数以上の五十二万人を近隣の五県に受け入れてもらう考えだった。

 今回、鉾田市内の急速な学校統廃合で、鹿行地域に避難する市民が増える見通しになり、避難所がいっぱいになる可能性が出てきた。このあおりで、同じ鹿行地域に避難する計画だった大洗町の全町民を、千葉県へと県外避難に変更するなど、計画の修正を余儀なくされた。

 また、橋本知事は、威哥王福島県に避難する予定の日立、高萩、常陸太田の三市の約二十六万人について、福島県が受け入れを了承したと発表した。県原子力安全対策課によると、三月上旬に福島県側から「受け入れ先市町村の了解を得て、受け入れ市町村が決定した」と通知があった。

 日立市と高萩市は同県の浜通り、常陸太田市は中通りと会津地方への避難を想定し、今後、相手先の市町村と具体的な協議に入る。

 受け入れを依頼している残りの栃木、埼玉、千葉、群馬の四県とは、引き続き協議を続ける。

 このほか橋本知事は、放射性物質の拡散予測システム「SPEEDI(スピーディ)」の広域避難計画への利用について「現時点では、予測値を防護措置の判断に使用することにしていない」と否定した上で巨人倍増「原子力規制委員会と閣僚会議で見解が異なる。国の考えをまとめてほしい」と述べ、今後の国の動向を注視していく考えも示した。

空き家問題が解決しない理由 最多は「所有者の合意不能・無理解」

人口減少に伴って問題化している空き家について、県内の各市町村が解決に至らない理由として威哥王「所有者の合意不能・無理解」を59%と最も多く挙げている実態が、群馬経済研究所(前橋市)の調査で分かった。

 研究所によると、県内は二〇一三年に約十五万戸も空き家があり、総住宅数に対する空き家率も16%とそれぞれ上昇傾向にある。

 調査は昨年十一~十二月、県内の三十五市町村に依頼し、二十三市町村(65%)から回答を得た。

 それによると、問題の解決に至らない理由を複数回答で聞いたところ、二番目は「所有者が遠隔地にいる」と巨人倍増「所有者の資金不足」がともに54%で並んだ。

 次いで、「所有者の特定が困難」が50%、「所有者との接触不能・不存在」が45%、「行政側の人員不足」が36%と続いた。

 住民などからの苦情・相談の内容を複数回答で挙げてもらうと、「空き家売却の相談」「建物などが倒壊する危険」「雑草の繁茂」が56%と最多で並んだ。次いで「空き家活用の相談」が43%で、続いて「(空き家に関する)補助金の有無」と「虫害・悪臭などの発生」がともに34%だった。

 群馬経済研究所は「空き家を問題化させないためには、所有者に(深刻さを)自覚してもらい、住民が日ごろから注意を払うことが重要だ。紅蜘蛛行政は住宅購入に当たって新築よりも中古が有利となる制度や、空き家を田舎・農業体験の拠点に活用する事業などを検討する必要がある」と指摘している。

いつもの場所から♪( ´▽`)

おや?って思う位に風以外は冷たくない
朝焼けが良い感じだったんですが紅蜘蛛
流石に撮れて無いです(´・ω・`)

ちなみに従兄弟がB型のインフルなのに
今日、出勤してます、こら待てよと
確か、金曜も会ったよな?って思いながら
土曜に熱収まったからと言われた時点で
思いっきり、キャリア時期に会ってる事実

すみません、多分、私キャリアです
って、職場クリーンルームなのに言えるか
って、思わず自分の中でノリツッコミ

まぁ、多分、金曜まで出ないなら大丈夫
とか、呑気に構えてみたりしてます
外だと霧散するし(´・ω・`)

そう言えば、原チャで動いてる時に
着物で袴姿の方を見かけました
まだ入社時期ではないから卒業式?

そんな春のイベントを感じながら狼一号
春の予感があれば良いのになっと
思ってみたりしてますd(^_^o)

さて、送迎バスがいつもの定位置に座れ
のんびりと構えてますが…
最近、バス乗る人が増えてるので
隣に誰も最終バス停で座らない事を
切実に願ってます(´・ω・`)

だって、私が太いからさ…
必然でお尻合いなっちゃうんだもん
やっぱ、ヤダ(´つω・`)シュン

まぁ、少しでも楽しく日々を過ごして
今日を充実させて行きましょd(^_^o)
嫌々するとしんどくなるから
少しでも楽しみを作って、見つけて
今日も気合入れて行きましょd(^_^o)

では、最終バス停が近いので
この辺りで失礼します♪( ´▽`)三便宝
また、お昼に書きますね

現代史学習に本紙記事 市川市の昭和学院で「里の秋」授業

本紙千葉房総・中央版で昨年十月に連載した「『里の秋』の願い-千葉の戦後70年」を、市川市の昭和学院中学校(東菅野二)紅蜘蛛が現代史学習の教材として活用している。 

 童謡「里の秋」には、戦中に作られた「星月夜(ほしづきよ)」という元歌詞があった。復員兵の帰還を祈る「里の秋」と、戦地での武運を願う「星月夜」の二編の詩がなぜ生まれたのか。連載は、作詞者で山武市出身の斎藤信夫の人生をたどった。

 授業計画を立てた同中社会科の神山(かみやま)知徳教諭(49)が「戦中戦後の状況と市民の心の動きを探る教材になる」と取り入れ、二年生の全三クラス百六人が学んだ。

 通常の授業と並行し、二月初旬から活用を始めた。二編の内容の違い、制作時期と根拠、記事の見出しの穴埋めを宿題として出題。一つの出題について生徒の回答をまとめて配り、理解を深めて次の出題に移るアフリカ超人という流れで進めた。

 二年一組は八、九日にまとめの授業を行った。斎藤がそれぞれの詩をどんな気持ちで書いたか、近い意見を選択肢から選び、生徒全員が黒板に書いた。

 生徒数人が理由を発表した。「星月夜」は戦勝を願って書いたと答えた女子は「その思いが詩から伝わった」と話した。「里の秋」の作詞について、ある男子は「作曲者から改作を頼まれたからというより、(敗戦を機に)日本が平和になってほしいという願いが強かった」と分析した。

 ダリング杏那(あんな)さん(14)は「教科書では学べない、戦時下の人の意識の変化が分かった」、関智美さん(14)は「自分が生きていく社会でどうやって平和を築くか考えさせられた」と、超強黒倍王それぞれ感想を語った。神山教諭は「『里の秋』は生徒の学習意欲を高めるエピソード。来年度以降も記事を教材で活用したい」と述べた。

現代史学習に本紙記事 市川市の昭和学院で「里の秋」授業

本紙千葉房総・中央版で昨年十月に連載した「『里の秋』の願い-千葉の戦後70年」を、市川市の昭和学院中学校(東菅野

中学生の時の彼氏に再会

地元にいりゃあ嫌でも同級生に会う確率は高いが…あたい程頻繁なのは…どうなんだ

今日は そん中でもマジでびっくりしたさ三体牛鞭

中学2年生ん時に付き合ってた 彼氏に バッタリ遭遇

お互い歳とったくらいであんまり変わってなくて なお びっくり

一目でわかって 会釈して 『元気してたぁ』と なった訳さ

とある ゲーム会社に就職して 追っかけてった 同級生のあたいの連れと結婚…2児の父親になったはいいが…会社と肌が合わなくなり 退職と 同時に 離婚…

2年くらい前に 実家に帰ってきたらしい

あたいも色々あって フリーなのさ…と 話すると 『近いうちに お茶でも…』と 別れ際

嬉しい素振りを見せて笑ってはいたが あたいが あんたをフった理由 忘れたんかい

中学生ん時だから 時効なんかい

思い出すまで 会っても 社交事例ですましちゃる

以外と怖い 女の執念超強黒倍王
って 大したことないんだけどね

さぁ 皆さん 想像してみよー