十界論

十界とは?

人は日々のkanpou漢方生活の中で、喜んだり、落ち込んだり、怒ったり、泣いたりと、さまざまな感情を持って暮らしています。
こうした瞬間・瞬間に変化していく生命の現象を、十種類に分けて明らかにしたのが、仏法で説く十界論です。

「地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界」のことです。

このうち 地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天をまとめて『六道』
声聞・縁覚・菩薩・仏をまとめて「四聖(ししょう)」といいます。

「六道」は、バラモンVigRx教以来の世界観を仏教が用いたもので、もともとは生命が流転する世界を六つに大きく分けたものです。
「四聖」は仏道修行によって得られる境涯です。

法華経以前の経典では、十界は全く別々に存在する十種類の世界としてとらえられていました。

法華経では、その考え方を根本的に変え、一つの生命に十界がすべて備わっていることを明らかにし、十界が固定的な世界ではなく、生命の境涯であると示したのです。

地獄界や仏界といっても、どこかにあるのではなく自分の生命の中に備わっていて、たとえいまの自分自身が地獄の苦しみの生命状態であっても、仏界の大歓喜の生命へと変革していけることができるということです。

次回は【地獄界】ビグレックスからお話しします。
覗いてみたいという方が中にはいるかも知れませんね。
既にどっぷりハマって抜け出せなくなってる方もいたり…?
でも大丈夫!今からでも間に合います。

お彼岸の仕込み

今朝トイレに入りながら新聞読んでいたら(今は読売新聞)、新聞の広告欄に面白そうなイベントが載っていました。King Wolf狼王戦宝会場は千葉県の某A所と某B所で開催日は3/21(土)と6/5(金)でしたが、夜の部でも金曜日は間に合わない時間なので、行けるとしたら実家に近い某A所で行われる3/21の方。翌日から一大イベントもあるので要検討でしたが、昼の部なら翌日への影響も無いので行けそう。。。

3/21は春分の日でお彼岸。お彼岸やお盆の時期になると、私の母親から「実家に顔出さないの?」と毎回電話が来るので、その電話にいつも出る家内から「どうすんのよぉ?」と事前に聞かれていたのですが、「別に行かなくていいでしょ、こちらにも予定があるんだし。。。」と吊れなくしていました。

特に今回は翌3/22から一大イベントも有るので全く行く気は無かったのですが、この新聞広告で見つけたイベントは私の母親が大好きな内容で、私も一度は生で観てみたいとバイアグラ思っていたイベントでもあったので、「これも神様のお告げ」と思い、母親孝行+お彼岸の墓参りを兼ねて行くことに決めました。2/14までに申し込むと安くなったので、ポジション的にも普段よりアップグレードして申し込み完了!

どんな内容のイベントかは、当日の日記で報告しますので乞うご期待!五夜神生精片