十界論

十界とは?

人は日々のkanpou漢方生活の中で、喜んだり、落ち込んだり、怒ったり、泣いたりと、さまざまな感情を持って暮らしています。
こうした瞬間・瞬間に変化していく生命の現象を、十種類に分けて明らかにしたのが、仏法で説く十界論です。

「地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界」のことです。

このうち 地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天をまとめて『六道』
声聞・縁覚・菩薩・仏をまとめて「四聖(ししょう)」といいます。

「六道」は、バラモンVigRx教以来の世界観を仏教が用いたもので、もともとは生命が流転する世界を六つに大きく分けたものです。
「四聖」は仏道修行によって得られる境涯です。

法華経以前の経典では、十界は全く別々に存在する十種類の世界としてとらえられていました。

法華経では、その考え方を根本的に変え、一つの生命に十界がすべて備わっていることを明らかにし、十界が固定的な世界ではなく、生命の境涯であると示したのです。

地獄界や仏界といっても、どこかにあるのではなく自分の生命の中に備わっていて、たとえいまの自分自身が地獄の苦しみの生命状態であっても、仏界の大歓喜の生命へと変革していけることができるということです。

次回は【地獄界】ビグレックスからお話しします。
覗いてみたいという方が中にはいるかも知れませんね。
既にどっぷりハマって抜け出せなくなってる方もいたり…?
でも大丈夫!今からでも間に合います。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/levitra1/28233