私は文字で書いてかわいがることを唯散る

好きでよく知らない都市ドタバタな人の群れの中で胸を行き来して、あれは1種が流された感じが奇妙で、心は静かな。よく1種の感じがあって、奇跡は起こる、探す前世の味は、多くの人の流れの中で、私はあなたと出会って、突然なのに瞳、そっと道一声久しぶり。

花の季節に、瀾考え事、ちらつい花びらの中で書いて、想いが遥を送り、思天涯、もしあなたは覚えていて、どうぞに拾って、もしもあなたが忘れた、縁が勝手に。

晩秋の夜、少し寂しい独て来て、私は涙を流していて、菩提樹の暗の中で寂しい揺れる。遠山の鐘を増した少し威厳、1度の秋雨は、予約が音もなく。まるで私とあなたの物語を、そっとない結末。

朝起きて、太陽は出てきて、濡れた心を干す温もりを出して、なかなか歩かない孤独を追い払う。1メートルの日光、収容できない無関心、は話をしないと、何度も抹殺、アイロンの心の底の筆跡。殘りの道を歩いて、一人でも、まるでこの雨は、覚えてなくて、心の底に。

風が吹いてきて、心の寂しさを吹いて、薄い水のひたむきな、喜び、悲しみ、いずれも過去、一人一人歩きを書いて、努力して淡々と詩情。

心殘りがかすかに痛い、莫言紅塵夢縁縁縁に行って、静かな、あなたの緑地が私の靑空、莫歌った赤に互いに忘れる寂しさを力を入れても手を握れなく風、只手を広げ、あなたを放して空高く。

種の愛があって思い切ってといって、もし私はあなたに1つの家で、私の心はあなたのために一生、心配。あなたを好きになって、思わずに陥落して、そっと広げて私の手を暖め、一輪の心の中で私に預ける。念から君、私は筆を取って、心を込めて書いて、愛を描いてあなたに属して私の絵を水墨画。あなたは私の今生最も美しいに出会って、短いが、私の一生の未練を殘しておく。未練が殘りの後ろ姿だけ殘して、気をつけて、寒い、私は、隅の中で、あなたを読み、かつてのやさしさ。

あなたは私を連れて海に行って覚えているし、を送ってくれた薔薇の花を、風は私は揺り起こして、粉砕の心のように零れた風で花びらが、苦い、裸の痛みは抜きつ抜かれつ。世界は真っ暗で、目はもうない焦点は、すべての色全成た白黒の映画。風に揺れる夜、寂しさを雨に洗われている。一人の城を上演している元、暗く、約束だけには留まら昨日、心も難しいを永遠になった、懐かしい温もり、無限の愛を置いて恋しい、どの時に、暖かい飽き心の孤独。

瀋黙は長くなって、すべての色は眼中にただ白黒。心が涼しい、まるでこの秋雨後の朝、震えて。私は知っていて、すべての結末はとっくに書いてではなく、物語は、温度。1本のくねくねと続く道、一人で行けば、黙々としての。。。

私は知っていて、間違いに対して払わない愛が、必ずしも結果、痛笑顔と涙、疲れた言わなくて苦しくて、今生はあなたが私に借りがあるの、あなたは私を覚えている、来世倍加。

私も知っていて、この世の中のすべての人と事に、まるでこの雨上がり殘赤落花も、かつて開のどんなに高揚と気ままに、最後にもほこりや水に従って雨に散り、風、縁があれば自由に来て、歩いて、近くて、遠くて、あなたは天涯、私が岬で、風にゆらぐ煙クラ純各事勿れ。

私は文字で書いて唯を散るかわいがって、このようにあなたは読んでない私に氷塊。
女性媚薬:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/
紅蜘蛛:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/

明日で1年

長い人生の中のたった1年
新卒行員として希望を胸に抱き、同時に不安を心に潜め入行して明日で1年
振り返れば順風満帆な門出ではなかったなぁ
思い出したくもないこともあった
良きにつけ悪きにつけ全ては自分に起因する
そんな考えと性格だから余計苦しんだ
部署換えで彩を引っ張ってくれた人がいた
半信半疑で着任したときその人は言ったんだ
私が部長に話をして人事を動かした
すべての責任は私が持つから思い切り殻を壊してくれって
こんな新卒のひよっこに何ができるって思ってとりあえず歩調を合わせ起案て試してみた
起案書をその人に提出したとき
後で読むでなはくてその場で読んだ
そしてこう言ったの
これが◯◯さんの信念がこもったものなら上申すると
そして決裁印を押そうとした
慌てて決裁印欄を手で覆った
試してやるつもりの書いた起案書だった
何が全ての責任を持つさ
どうせポーズで前の上司と同じで何か狙ってるんでしょ
そんな風に思いふてぶてしく試してやったつもりが逆に試されていた
その人が今の課長
そして今日新卒行員とは思えないほど期待に応えてくれてよく頑張ったなって言ってくれた
嬉しかった
心の中で信頼に応えたい人だからですと呟いた
明後日から大量の新卒行員が入ってくる
昨年の彩と同じように希望と不安を抱いているのだろう
4月から課長は新卒行員の中の国立大、有名私大のエリート研修を責任者として指導することになっている
プロジェクトチームの成績が高評価されたようた
そして次長というポストを飛ばして部長に昇格した
使いっぱしりの部下としてもすごく嬉しい
今までの部長は取締役が付いた
行内であのプロジェクトチームは出世ルートかって噂にもなったくらい
そして今月の初めに課長に呼ばれて新卒行員の研修を担当して欲しいと言われその数日後
人事異動で彩も異動が発表された
人生の中のたった1年
自分で言うのもなんですが
荒波に揉まれると人はこれほど成長するものなんだね
強くなったなぁ
そして胸を張って新人を迎えられる先輩になれました
『身を立て名をあげ やよ励めよ』
このフレーズ知ってますか?
大学を卒業させ社会へ送り出す
ご両親はこんな願いと期待を子に抱いているのでしょうね
さぁ明後日からビシビシいきますよ!
甘えと言い訳は許しません
常に疑問を持ち哲学し銀行と行員の全ての未来を導く道を創りなさい
何故なら君たちは選ばれし未来のトップを担う人材なのだから!
彩から彩へ
1年間お疲れさま
関わってくれた全ての人に感謝しながら来年度も頑張れ!
そして僅か1年で
2年目から主任になります
超異例の抜擢だそうです
職位に溺れることなく
地位に胡座することなく
励まねば!
それが彩を認めてくれた課長
いや新部長への恩返しだ
皆さん、1年間お疲れさまでした
彩菜..。