争。

僕のひいおじいちゃんはよく街に出ては喧嘩をしていたらしい。

よくわからないけどケンカっぱやくていろいろ迷惑もかけてたみたい。

でもひいおじいちゃんにも言い分はあったみたいだけど僕は良く知らないんだ。
ある日ひいおじいちゃんは街に出掛けて喧嘩をしかけた。

でも相手もたくさんの味方を連れて応戦してきて負けちゃったらしい。

その喧嘩でひいおじちゃんは死んじゃったんだって。

だから僕のおうちでは絶対に喧嘩はしちゃダメだよって決まりがある。
ある日僕のパパがまだ小さい頃にちょっとイジメにあいそうになったんだ。

だからおじいちゃんは「絶対に自分から手を出しちゃいけない。でも手をあげられた時だけはやり返していいよ。必要最低限でね」

って少し決まりを緩めたみたい。

僕には仲良しの友達がいる。

そいつはいいヤツなんだけどちょっと喧嘩っぱやくて少し偉そう。

でもそいつの家族とはひいおじいちゃんの頃からの付き合い。

僕のひいおじいちゃんが死んだきっかけになった喧嘩相手がそいつのひいおじいちゃんなんだ。

でもそのあとうちの家族が街から追い出されるところを救ってくれたのもそいつのひいおじいちゃん。

もちろんひいおじいちゃんのケンカ相手だったからいろんな約束はさせられたみたいだけどね。

だからちょっと喧嘩っぱやくて偉そうだし指図とかしたがるけどいいところも沢山あるんだよね。

ある日僕はそいつやクラスメイト達と公園で遊んでたんだ。

すると隣町の学校のヤツらがこっちを睨んできた。

そいつやクラスメイトは睨み返して一触即発の雰囲気。

でも僕は「ケンカはしちゃいけない。していいのは自分がやられそうになった時だけ」って決められてる。

だからケンカになっちゃマズイなって思ってみんなの後ろに隠れてたんだ。

ある日クラスメイトがとうとう隣町のヤツらに叩かれそうになったらしい。

だからそいつが音頭をとって街の見回りをしようってことになった。

「もちろんお前も一緒に見回りするよな?喧嘩になりそうなったら一緒に頼むぜ」

ってそいつから言われたけど返事にこまったんだ。僕には家の決まりがあるから。

家に帰ってパパにそのことを言うとパパはダメだって言う。ママもお兄ちゃんも妹も。

「僕の友達が叩かれそうになっても助けちゃいけないの?」

「僕が叩かれそうなときは友達助けてくれるんだよ?」

「危ないから?僕はダメだけど友達なら危ない目にあってもいいの?」

パパもママもとにかくダメだって。

「そんなことしてたらいつの日かこっちからケンカをしに行くようになるよ」って。

パパやママの言うこともわかる気がする。

ケンカのせいで僕も死んじゃうのは嫌だし家族や友達をうしないたくない。

でも友達だけ危ない目にあわせて僕だけ知らないフリはできない。

パパやママを誤魔化したり内緒で行くのはよくないって思う。
でも友達も大切。
僕はどうしたらいいんだろう。
もっともっとみんなが仲良くできたらほんとはいちばんいいのにな。 女性用精力剤
催淫剤

単身赴任者の集まる店

昨夜は大阪発の最終便で東京に帰ってきました。帰らなくても良いのですが、下の娘が先週誕生日だったので、約束していた携帯電話の契約をするのが主な目的です。

 バス通学で、歩いてもなんとか通える距離なので、本当は携帯は必要ないのですが、クラスは電車通学の子供が多く、そうなるとGPSなどがもしもの時には役に立ち、持たせている家庭が多い。そうなると必然的に「私も」となります。ペアレンタルロックをがっつり掛けてYYCに登録できないようにして渡してやります。

 僕が大阪で暮らす街は、不動産屋によると単身者向けの物件が多く、また企業も借り上げている物件が多いようです。新大阪と空港のアクセスも良く、24時間営業のスーパーもあって便利です。

 で、僕もその24時間営業のスーパーを使います。夜8時くらいになると、普通のスーパーとは違い、サラリーマンで賑わうという異様な光景が広がります。中には新幹線か飛行機から直行してきたと思われるキャリー付きのスーツケースをコロコロさせている人もいます。

 僕は人がどんなチョイスをするのか気になり、行く度にウォッチします。おかずやつまみのチョイスを見ていると、この人普段料理とか絶対にしないなと言うのも何となく見えてきます。

 刺身と肉団子って何だよとか、心の中で突っ込みます。缶詰を楽しそうに選んでいたり、普段ならきっと奥さんに怒られるだろうなと予想できる組み合わせの食材を買い込む人もいます。単身者は単身者でそれなりに楽しんでいるのです。

 僕は料理をするのですが、冷蔵庫も小さいし、鍋なんかも少ないので一向にやる気が起きません。基本的に夕飯は豆腐に麺つゆという最強の組み合わせに買ってきたサラダとなります。一人だと夜はそんなに食べたいと思いません。

 因みに僕は「出張」扱いなので、出張者としての経費が出ます。ホテル代と朝夕の食事代が出ます。考え方としては、家から出勤した人も昼はout of pocketが当たり前なので朝夕のみ出してもらえます。その中で僕はちょっとずつ醤油とかマヨネーズとか買い揃えます。醤油なんてわざと一番高そうなやつを買いました。意味は無いのですけど。

 出張を楽しむ人もいますが、僕は出張を楽しめるタイプではありません。だから今まではけっこう夕食とか面倒なので請求しなかったりしていました。でも今回は違います。僕は数字を期待されて来ています。会社の命令で来ている訳ですから、それは履行します。逆に、僕はやるんだから個人的な部分以外はビタ一文自分の財布から出すつもりはありません。

 と、言いつつも、タバコも買ったりします。同僚からも毎日タバコを買ってそれを安く売ってくれとも言われます。荷物が大変なのでやりませんけど。

 24時間スーパーには過酷な条件の人も沢山いるのだろうと思います。僕なんて恵まれています。でもそれはそれ。僕は今後もおかずGメンとして、単身者のおかずチェックを心の中で取り締まります。女性媚薬
紅蜘蛛