情熱とナーバスのエンジニア

ある意味、男性は女性よりナーバスだ。

俺もちょっとした事でよくクヨクヨする。

嫌という程分かってはいるが

仕事も恋愛も全てが、自分の思い通りに行く訳じゃないんだよね。

仕事はある程度思う通りに行くけどさ、

自然と同じなんだよ。

雨が降ったり、風が吹いたり
辻褄が合わない事なんて沢山ある。

だからと言って全ての前提を『思い通りにならない』とすると、何の気力も無くなる。

「いつの間にか勉強や仕事でしか自分を磨けなくなってきた」

なんてことも思う。

このサイトでも、ある少数の限られた人だけが
仕事や勉強も含めて恋愛も自分を磨く事が出来る
修行の要素だ という事を感じてるんじゃないか、とかね。

当たり前の事だけど、科学の発展と共に人の考え方も進化してる。

青色発光ダイオードってあるよね

中村修二さんという人が1993年に発明した未来の電球だよ。

分野は違えど同じエンジニアとして尊敬する。

何度も挫折しかけたんじゃないかな

計算が成り立った瞬間は、どんな電撃に似た衝撃が彼の頭を走ったんだろう。

彼こそロマンだよ。

一度話をしてみたい

情熱こそエンジニアの真髄

ふん
笑われたっていいや。

やんなきゃいけないのは、ネガティブな発想の大掃除だよ。

ゼロになにを掛けたってゼロだ

何を追っかけてるかって、「可能性」追ってんだろ。
紅蜘蛛
女性媚薬
威哥王