ピアノを階段に例えると

全部で八十八段。白と黒の階願景村段が混ざっています。それぞれの階段と階段の間は、半音と呼ばれます。

八十八の階段の間は、すべて半音で等間隔です。通常、調性、たぶん、これを音階と言い換えてもいいのですが、スタート地点を決めます。仮に階段の真ん中のドをスタート地点とすると、まず、私とオリビアが並びます。ドラムスの真師匠には調性がないので、階段の外にて待機します。

で、ドから階段をどう上るのかによって、長調と単調が決定されます。でも、ジャズ屋はまぜこぜにしてし願景村まう。そして、途中からスタート地点を一段上にしてしまったりする。これを転調と言います。

音楽の重要な要素の一つに、メロディーがありますが、これは、予め階段の上る位置を決めるということになります。しかし、基本的にフリージャズにはメロディーはありません。そし
て、スタート地点も決めない。そうすると、スタート地点=調性=音階も消滅してしまいます。もう、どこからどのように上っても構いませぇーーーんという上り方。三人のハーモニーも消滅。

しかし、エモーション、パワー、シンコペーション、リズムと他にも音楽の要素は沢山あるので、諸々のものが三位一体となる。

ところで、私はフリージャズメンとすると、スタンダード、日本の童謡、メロディーラインのある曲をかなり弾く方。私が、これをすると、当然にしてオリビアのスタート地点も私が強制的に決めていることに結果なる。そして、イサオ節のリズムを真師匠のドラムスが追走するとなる。言い方を変えると私のピアノが階段の上り方を二人に設定していることになる。これは一つのやり方ではあるけれど、これをす探索四十べて取っ払うと、それぞれが主導権を握っている。とりわけ、元々、調性のないドラムスという楽器が前面に出てくる。

音楽の中心をリズムに置いた演奏とも言える。昔、営業マンの時に、ご主人がジャズピアノ、奥様クラッシックピアノというお客様がいらしたのだけれど、奥様が「ピアノを打楽器のように弾く人、大嫌い」とおっしゃった。もちろん、私がピアノ弾きであることをご存じなく。私の脳内で、「えっえっえっ、それって、ずばり、俺じゃん」と思っていた。

猫とか犬が階段を上ると、少し、裕センセの上り方に似ているのではという説得力のある推論が現れるけれど、なんのなんの、俺の方が上手いぜっ! と勝手に断定するのである。出鱈目? そういうご意見もあるけれど・・・。野蛮人? クロマニヨン? まあ、そういうご意見も・・・。反社会人、禁治産者、きちがい・・・。はい、普通、階段は足で一歩ずつ。でも、裕センセは寝転がったり、滑り台にしちゃったり・・・、スタート地点がないということはゴールもないということ。わっ、フリージャズメンってエンドレスっ! 幸いにして、実生活でのゴールはあるから、うまぁー、そこがゴールということになる。

沖師匠の言葉「なあ、イサオ、フリージャズなんちゅう暗い音楽さ、実生活がさ、明るくないとできねぇーよなぁー。(阿部)薫なんかさ、実生活まで暗いから、あーなっちゃったんだよ」。阿部薫、二十九歳の時に睡眠薬二十九錠を飲み事故(となっている)死。沖師匠がデビューさせたミュージッシャンの一人。私の先輩にあたる。エンドレスの迷宮に疲れちゃったんだろうな、たぶん。エンドレス的過労にはお笑いが一番。

ソフトバンク関連会社が阿里旅行に出店

アリババ(阿里巴巴)系列の旅行サービスプラットフォーム・阿里旅行はこのほど、アリババ最大の株主である日本のソフトバンクとの提携を発表した。ソフトバンク傘下の旅行会社が阿里旅行に出店し、中国人観光客向けに日本の旅行商品や旅行サービスを提供するという。ソフトバンクも日本の大手法人顧客の情報を集積し、阿里旅行を通じて訪日観光客に法人顧客の店舗で使用できる割引券などの優待を提供するという皇室纖形

阿里旅行は1週間前に大韓航空と店舗に関する協力合意を締結したばかりで、オランダ国王率いるビジネス団が訪中した際にはオランダ政府観光局およびKLMオランダ航空とも協力合意を締結した。これに先立ち、ユーレイルグループ、シンガポールのリゾートワールドセントーサなども阿里旅行に店舗を開設している。このほか阿里旅行とマリオットホテルグループとの深いレベルでの協力も、合意の内容が実行に移される段階に入った皇室纖形

阿里旅行の李少華総裁は、「直営店舗を開設すれば、海外旅行サービス事業者が中国人観光客と直接接触する上でプラスになり、これまでのような代理店方式よりも一層消費者に近づくことができ、中国人顧客のニーズをより正確に把握する助けにもなり、中国市場での営業販売戦略を絶えず改善して最適化することにつながる」と話す買車