玫瑰與麵包

還在回想梁文音唱的那一首滿滿,當幸福來臨的時候,我們總是微笑著面對。男友家是在海邊開旅館的,而我家是住在城市裏面的,說起我們的第一次相遇,真的很鬧心,但是現在回想起來非常的窩心,也許就是那樣的遇見方式讓我一直的印象深刻。那時候我們預定了一個旅館的套房,因為我們畢業了,要全班一起去聚會。然後我們就定了廈門的一家海邊小旅館。那時候他給我們搞錯房間了,然後我當時以為他是服務員,就叫他給我拿房間,最後沒轍了。他讓我住到他們家裏去。而他的家就靠近旅館不遠。說他們家那邊還有幾個小套房。後來我們就這樣認識了,然後有留下了彼此的聯繫方式,記得那時在他家的時候,他對我特別的照顧,也許是弄錯了房間,想補償點。後來我經常去找他玩,他也樂意和我玩。

我們會在海邊一起撿貝殼,一起看日出日落,有一次,他竟然乘我不注意的時候,用樹枝在沙灘上寫了幾個大字,上面寫的是,昕昕,我們可以交往麼?我心裏當時很樂,但是有沒有表露什麼。我說,就那麼一點誠意啊,我可不願啊。後來他好像知道我的心思一樣,然後拉我到了一處光明的地方,那裏竟然是一片花海,月光的返照下來,非常的好看。他問我,喜歡麼?他告訴我,他種的這一片花海從來沒有給其他人看過,因為他一直在找那一個想要帶來看花海的人,直到遇到了我。我當時非常的高興,一高興就上去親吻了他,這是我第一次主動的親吻男生,後來一想,我怎麼那麼膽大呢。他回吻了我,問我,願意和他一起打理這一片獨屬於他們的花海麼?我笑著點頭。

有人曾經告訴過我,一片花海代表著愛你的一生,我想,是的,花海給人的感覺是幸福的,是美好的,既然相遇在特別的時候,那就有一個美好的幸福生活的開始。後來,週末的時候,我都會過來幫忙打理小旅館的生意,員工也經常開我的玩笑說,未來的老闆娘。我總是笑而不語,他呢,總是一副很無辜的表情,說看我什麼時候答應了。

生命中有一份可貴的愛情,真真摯摯就夠了,不需要轟轟烈烈,只要平時生活當中有一點小浪漫和小驚喜,那我就很開心了,現在我們的生活非常的快樂,偶爾我們會鬧下彆扭,可是他一直是寵著我的,也順著我的。我也非常的感激他。愛情有時候比麵包來的重要,因為我們人要長大,要結婚,要生小朋友,要過日子。

不高估自己,不低估別人

人是很怪的。有的人依恃著自己的才能、學識、金錢等,目空一切,狂妄自大。“狂”其實是不好的,要不得的,它的本意銅鑼灣 髮型屋指狗發瘋,如狂犬。做人如果與“狂”相結合,便會失去人的常態,便會產生不文雅的名聲。

  一般來說,人們稱狂妄輕薄的少年為“狂童”,稱狂妄無知的人為“狂夫”,稱舉止輕狂的人為“狂徒”,稱自高自大的人為“狂人”,稱*不羈的人為“狂客”,稱狂妄放肆的話為“狂言”,稱不拘小節的人為“狂生”……

  《三國演義》裏有一個禰衡,堪稱“狂夫”。他第一次見曹操,把曹營中勇不可當的武將、深謀遠慮的謀士,人人貶得一文不值。他貶低起人來,如數家珍,如“荀彧可使弔喪問疾,荀攸可使Veda Salon看墳守墓,程昱可使關門閉戶,郭嘉可

使白詞念賦,張遼可使擊鼓鳴金,許褚可使牧牛放馬,樂進可使取狀讀詔,李典可使傳書送檄,呂虔可使磨刀鑄劍,滿寵可使飲酒食槽,於禁可使負版築牆,徐晃可使屠豬殺狗,夏侯稱為“完體將軍”,曹子孝呼為‘要錢太守’。其餘

皆是衣架、飯囊、酒桶、肉袋耳。”

  禰衡稱別人是酒囊飯袋,稱自己卻是“天文地理,無一不通;三教九流,無所不曉;上能夠致君為堯、舜,下能夠配德於孔、顏。豈與俗子共論乎!”更有甚者,當曹操錄用他為打鼓更夫時,禰衡銅鑼灣 Hair salon擊鼓罵曹,揚長而去。對這種人,

曹操自然不肯收留。禰衡又去見劉表、黃祖,依然邊走邊罵,最後被黃祖砍了腦袋,做了個無頭“狂鬼”。

不去啟發下屬

所謂啟發,是指隨人、隨時、隨地的教育。不管什麼時候,只要看到下屬不對,都能夠啟發,連門衛都能夠啟發,但是許多當主管的往往不願意開啟尊口銅鑼灣 Hair salon。有一次我看到一個文員在寫信封,寫錯了,就立刻把其他人一齊叫過來說,各位請看,這信封的寫法“劉總經理”4個字要一樣大,“總經理”3個字不能小寫,好像人家不配當總經理似的;名字反而大寫是一個錯誤,名字要避諱,要小;後面寫敬啟,是錯的,敬啟是恭敬地打開,人家憑什麼要恭敬地打開?寫給人家總經理要寫大啟、君啟或親啟,這樣才有禮貌銅鑼灣 Hair salon

  這叫機會教育,我在公司花很多時刻在教育上,但這都是辛苦在前,簡單在後。千萬別忘記,你的下屬有70%的教育都是靠你。但有人說教育是部的事情,這樣的想法是錯誤的。一個主管應負七成的職責去教育他的下屬,只有三成的職責是靠部門,而且部門只管基礎性教育銅鑼灣 Hair salon。真正的主管要做專業教育,不能“放牛吃草”,要抓住任何機會去啟發你的下屬。

用堅定的腳步走過

歲月靜安待新年,不管昨年的你選擇以什麼樣的方式行走在春暖花開的路上,三羊開泰的煙火已被薰染。新年電髮就是那一棵落地生根的不老松,承載著春夏秋冬的風霜,人間百態的炎涼,把新春的幸福開在枝頭上,瀟灑地晾曬成堅強;歲

月靜安在風雨中,逐漸在青春裏被打磨掉了棱角。辭舊迎新,二零一四年後,就在太陽每天都是新的臉上,刻滿生命的流觴;風華正茂的你我,在新的一年裏,披荊斬棘,奮發圖強。回家的路上,你懷揣著新一年的夢想,讓流失的歲月

無從尋覓,你將做一只更加勇猛的雄鷹在生命中搏擊自己的理想翱翔。

回憶二零一四,歲月靜安待新年。流年裏,邂逅了多少人,經歷了多少事,那些前塵往事,只那麼輕輕一瞥,就落入青春的眼眸,刻在心靈的深處,無法忘得了,永遠抹不去;敲擊鍵盤,把所有Pretty renew傳銷琉璃的幸福鐫刻成文字。因為朝夕相處,

所以不會形同陌路,一份相識相知,相依相偎,已經融入彼此的心中。真摯的情,永遠懷念,一生擁有;刻骨的愛,悄然神往,始終心懂。人生如棋,歲月如詩。青春中,總有一些說不出的秘密,藏在心裏;生命中,總有一些挽不回的

遺憾,渺如雲煙;歲月靜安待新年,敲擊鍵盤,把二零一四年的情感,刻錄成地老天荒的愛戀,悉心珍藏。

歲月靜安待新年。行走在辭舊迎新的新年裏,我將所有的喜怒哀樂鐫刻成一個個清淺的文字,裝點歲月,寄語青春,想銘記的,深深銘記;該遺忘的,從文字裏抹去。讓生命如一泓清泉,靜靜流淌。青春如期,生命如歌。新的一年裏,

無論是平坦還是坎坷,請;不管是憂傷還是生髮專科歡樂,請用平常的心態接受;無非是得到還是失去,請用坦然的心去面對,生命原本就是在失去與得到中輪回,一如我們的人生,在脆弱中走向堅強,在衰敗中走向輝煌。歲

月靜安待新年。在新的一年裏給自己尋一個角落,心靈安放;在新的一年中給自己覓一個空間,茁壯成長;在新的一年裏給自己找一個新的理由,讓笑靨如花的燦爛綻放。

我們不過是感性的孩子

立夏說:“時光倒轉,不管當初猶豫invision group 洗腦的時候是否做過別的選擇,我想最終也會走向這同一個方向。”原本我認為,每個選擇都會有備選,可是當你走上這單行道之後,所有的取捨,都將意味著放棄。你曾給我留言:“青春的奢侈,便在於能夠有足夠清澈的心情,用七百多個夜晚去寫一份言不由衷的信,給一個不屬於將來的人。”我一度在想,是什麼讓我在這場戀情上躊躇不前,最終曉得愛與喜歡是一種試探,看我們能付出多少不求回報,看我們能堅持多久不問結果。

她靜悄悄地來過,她慢慢帶invision group 洗腦走沉默,沒有太多的承諾,只要能在夜裏翻來覆去的時候有寄託。一種漸漸走心的感覺,一份似曾相識的憂傷。迷惘,失落,孤獨一個人的時候總有感性膚淺的認知,充滿了陽光沐浴下的期待。屢次拿起電話,又無數次緩緩地落下,所有的抱怨都無從說起,最終只好留給自己一個決絕的背影,練習一個人開始變的必要!

能掌握在手中的幸福不過是一只冰激淩。在冰激淩溶化之前,你要學會藏起眼淚。一個人生活是一種選擇,更是一種能力,在人生的災難呼嘯洶湧,紛遝而至時,有這樣的篤定和從容才是獨處的常態。成長就是一個習慣獨處的過程,在星河宇宙中獨自生活,有時你從她的全世界路過有她同行的一段,但是,沒有人和你的終點完全一致。所以invision group 洗腦在人生的列車上,我寧願練習一個人,提前下車,也不願意推醒沉睡中的你。

即使失敗了,又能怎麼樣呢

朋友說,有很多的時間,想開個淘寶店,但是感覺自己一點優勢都沒有。我說,不會的,想去做就是最大的優勢了。去做了,去堅持了,不用多久,你也會懂得很多很多了。
我說,肯定很多的人跟你一樣,沒去做,去做了,懂了,別人就會請教你,你是老師了。

後面朋友還真的去做了,本來下班天天無聊的,上班也看電影了。
自從做了。她錢是沒賺多少,但是她的人生路,她的日子完全的不一樣了。
再也不是下班一個人回家吃飯了。而是認識了很多很多的高手,他們經常一起。

其實人生就是這樣子,到後面朋友能不能賺到錢已經不重要了。重要的是她自己成長了。一個人成長了,她後面很多很多的機會就來了,而最開始,就是她邁出了第一步。
本來她也是跟普通的,跟我們一樣的普通。但是她做了我們沒做的,她起來了。

人生就是這樣子,想想我們以前的日子,我們也曾經喜歡過一個女孩子,但是我們就是沒去表白,結果別人去表白了,他們現在都已經結婚,生孩子了。
而我們,卻依然是在自己的世界裏重複著一個人的悲哀。
其實,本來。我們都是普通的人呀,但是我們就是沒自信,不敢邁出那步。
其實。

可哀相な奴だな

その声で目を開けたつくしは、暗闇で男性に声を掛けられて断末魔のような
声にならない叫びを発した。
そしてそのまま、総二郎の邊間補小學數學好目の前で意識を失くした。
・・・兄貴に来て貰うしかないな・・・。
夜の9時・・・大学病院の勤務を終えた祥一郎は総二郎の呼び出しで
西門の裏門から中に入った。

「兄貴、悪い。つくしの様子が変なんだ。魘されて居たから起こしたら
そのまま意識を失くした。」

「…夢であの時の事でも思い出したのかも知れない。
一時的な記憶喪失だとしたらそろそろ記憶も戻る次期かも知れない。
一応診させて貰うよ。つくしさんは何処に居るんだ?」

「昔の兄貴の部屋。お袋が模様替えしてるから驚くなよ。」

「俺の部屋まだあったんだ、取り壊すか物置になってると思ってた。」

「これは…凄いな。昔の面影は何も残ってないな。」

「だろう?つくしはベッドに寝かせてる。」

「脈拍が早いな・・・大分暴れたのか?」

「いや…暴れるも何も俺が声を掛けたら声にならない叫びを発して
意識を失くした・・・。やっぱり夢でも見たんだろうか?」

「・・・・熱は無いな。このまま様子をみよう・・・。明日また何かあれば電話してくれ。
もしもレイプの事も思い出したなら・・・心療内科の先生に診て貰った方が
良いかも知れない・・・。デリケートな問題だから女性邊間補小學數學好の先生を紹介する。」

「わかった・・・。」

「お前も大変だろうけど、誰か傍に居る人を捜した方が良いかも知れない。
悲観して中には自殺する人もいるからな。」

「・・・そんなに大変な事なのか?」

「ああ・・・。俺も今まで色々見て来たが牧野さんの場合
相手は4人・・恐怖も並大抵じゃないだろう。それにあの酷い
傷・・・相当嫌がって抵抗した痕もある・・・。集団で女にあんなに
酷い事を出来るなんて・・・。」

「司が金を払って遣らせたんだ。1人100万円・・・。
信じられない、鬼畜だ・・・。」

「司って…道明寺の司君か?どうして司君が・・・。」

「つくしが司に振り向かないのが気に入らなかったみたいだ。
司に媚びない女なんて特殊邊間補小學數學好だろう?名声、権力、金それにあの容姿・・・。
司に手に入らない物は何一つないんだ。
でも牧野は司の誘いを断り続けた。その結果がこれなんだ。」

冗談じゃない

やがて、賑やかな声が、止みドチの声が聞こえてきた。
「入りなさい。」と、王の返事と同時に、部屋の戸が開けられる。
笑顔のウンスが、王のご前にひかえると、王から座るようにと、促され、ウンスは、ヨンの隣に腰かけた。
王は、二人の顔を順番にみながら、ヨンにこう切り出した。
「テジャン。此度の饗宴に医仙の歌を披露して貰いたいのです。」
「殿下。医仙の歌で、ございますか・・・。」
殿下は、ご存知ないとみえる。イムジャの歌・・・慶昌君に歌った・・・歌。
チェヨンは、ほくそ笑んでしまった。
「医仙は、どうですか?承知して貰えますか。」
「はい。王様。ところで、宴会なら・・お酒もでます?」
にこやかな表情の王は、ウンスの問いに、大きく頷くだけの返答を返した。
「医仙は、こう言っています。テジャンも承知してくれますね。」
「はい。殿下の仰せのままに。」
王が席から、離れた。下がってよいということだ。
二人は、王に一礼をし、王のいる部屋を退出したのだった。

長い廊下を典医寺に向かいながら、話す二人の会話は、どこかずれていた。
ヨンは、歌を、慶昌君に歌った歌を思い。
ウンスは、きっとパンソリね。
「イムジャ。あの歌をお歌いになるのですね。」
「ええ。勿論よ。得意だし・・。」
「期待しております。」
ウンスは、ヨンの言葉に???と、思ったが、期待しなさいと、密かに思ったのだった。
チェヨンは、これで医仙に集る悪い虫を、遠ざけてしまえると、思うとなぜか、気持ちが軽くなっていった。
チェヨンは、元からの使臣を迎える饗宴時の警護の準備におわれ、ウンスの護衛を部下に任せるしかない状態だった。
ウンスは、典医寺に、官妓行首のいきなりの訪問を受け、事前にウンスの舞いと歌を聴きたいと請われそして、教房へ連れられ衣装を合わせ、太鼓とパンソリを確認したり、そうするうちに、饗宴の前日を迎えてしまった。

ようやく時間の空いたチェヨンが、典医寺のウンスの部屋を訪ねると、ウンスの部屋の衣桁に派手な、見慣れない衣装が、かけてあった。
なにげなく衣装をみているヨンにウンスは、臆することなく話しだす。
「明日の衣装よ。綺麗でしょ?さすが、妓生の衣装よね、とっても綺麗な色。あなたも、そう思わない?」
キーセン?衣装?・・・イムジャ。野暮用を・・・言い終わらないうちに、ヨンは、ウンスの部屋を飛び出していった。
ほんとに、忙しい人なのね・・・。またね・・・。
ウンスは、走り去るヨンの背中に向かい手を振った。

チェヨンは、皇宮のなかを走った。
叔母を捜して、走り廻っていた。
苛立ちを隠せないヨンは、回廊途中の行灯を何個か蹴りながら、叔母を捜していた。
そして、回廊の端の辺りで、腕をいきなり掴まれた。
叔母は、呆れたようにヨンに対して首を振り、舌打ちをしている。
「この阿呆が!なにをいたしておる。」
「叔母上、医仙のことを、なぜ隠しておった。」
「はあ~。隠すもなにも、なかろう。医仙は、宴でパンソリなるものを披露なさる。」
パンソリ・・・そんなものは、知らぬ。
イムジャは、歌うといった。
パンソリとは、歌なのか?
キーセンの衣装で、せねばならぬものなのか・・・。
「叔母上、止めさせられぬか。」
「無理じゃな。諦めろ。医仙は、大したお方じゃ。歌も舞いもかなりのものじゃ。女楽の行首も賞めておった。高麗一の妓生になれるとな。」

やぎさんゆうびん

久しぶりに「やぎさんゆうびん」を歌ったら、
 歌詞も良いけど 曲もすごく良いと気がついた。

 特に、
 ♫しーっかたがないので おーてがみ かーいた

 の部分。
 元気よく弾むリズムが うれしくなる。

 失敗したくせに、たちまち開き直る勇気が清々しい。
 あっぱれである。
 私なら、まずうろたえる。
 見習いたい。

 今度失敗することがあったら、
 ♫しーっかたがないので
 と歌いながら、さっさと やり直したいものである。

 作曲者は誰だろうと調べたら、團伊玖磨だった。
 「祝典行進曲」は好きだけど、童謡も作ってたんだ。

 まど みちお作詞・團 伊玖磨作曲
 「やぎさんゆうびん」は、名職人たちが作ってたのね。

 パイプがあったら、ゆっくりと煙を くゆらせたいところだわね。

ピアノを階段に例えると

全部で八十八段。白と黒の階願景村段が混ざっています。それぞれの階段と階段の間は、半音と呼ばれます。

八十八の階段の間は、すべて半音で等間隔です。通常、調性、たぶん、これを音階と言い換えてもいいのですが、スタート地点を決めます。仮に階段の真ん中のドをスタート地点とすると、まず、私とオリビアが並びます。ドラムスの真師匠には調性がないので、階段の外にて待機します。

で、ドから階段をどう上るのかによって、長調と単調が決定されます。でも、ジャズ屋はまぜこぜにしてし願景村まう。そして、途中からスタート地点を一段上にしてしまったりする。これを転調と言います。

音楽の重要な要素の一つに、メロディーがありますが、これは、予め階段の上る位置を決めるということになります。しかし、基本的にフリージャズにはメロディーはありません。そし
て、スタート地点も決めない。そうすると、スタート地点=調性=音階も消滅してしまいます。もう、どこからどのように上っても構いませぇーーーんという上り方。三人のハーモニーも消滅。

しかし、エモーション、パワー、シンコペーション、リズムと他にも音楽の要素は沢山あるので、諸々のものが三位一体となる。

ところで、私はフリージャズメンとすると、スタンダード、日本の童謡、メロディーラインのある曲をかなり弾く方。私が、これをすると、当然にしてオリビアのスタート地点も私が強制的に決めていることに結果なる。そして、イサオ節のリズムを真師匠のドラムスが追走するとなる。言い方を変えると私のピアノが階段の上り方を二人に設定していることになる。これは一つのやり方ではあるけれど、これをす探索四十べて取っ払うと、それぞれが主導権を握っている。とりわけ、元々、調性のないドラムスという楽器が前面に出てくる。

音楽の中心をリズムに置いた演奏とも言える。昔、営業マンの時に、ご主人がジャズピアノ、奥様クラッシックピアノというお客様がいらしたのだけれど、奥様が「ピアノを打楽器のように弾く人、大嫌い」とおっしゃった。もちろん、私がピアノ弾きであることをご存じなく。私の脳内で、「えっえっえっ、それって、ずばり、俺じゃん」と思っていた。

猫とか犬が階段を上ると、少し、裕センセの上り方に似ているのではという説得力のある推論が現れるけれど、なんのなんの、俺の方が上手いぜっ! と勝手に断定するのである。出鱈目? そういうご意見もあるけれど・・・。野蛮人? クロマニヨン? まあ、そういうご意見も・・・。反社会人、禁治産者、きちがい・・・。はい、普通、階段は足で一歩ずつ。でも、裕センセは寝転がったり、滑り台にしちゃったり・・・、スタート地点がないということはゴールもないということ。わっ、フリージャズメンってエンドレスっ! 幸いにして、実生活でのゴールはあるから、うまぁー、そこがゴールということになる。

沖師匠の言葉「なあ、イサオ、フリージャズなんちゅう暗い音楽さ、実生活がさ、明るくないとできねぇーよなぁー。(阿部)薫なんかさ、実生活まで暗いから、あーなっちゃったんだよ」。阿部薫、二十九歳の時に睡眠薬二十九錠を飲み事故(となっている)死。沖師匠がデビューさせたミュージッシャンの一人。私の先輩にあたる。エンドレスの迷宮に疲れちゃったんだろうな、たぶん。エンドレス的過労にはお笑いが一番。

ソフトバンク関連会社が阿里旅行に出店

アリババ(阿里巴巴)系列の旅行サービスプラットフォーム・阿里旅行はこのほど、アリババ最大の株主である日本のソフトバンクとの提携を発表した。ソフトバンク傘下の旅行会社が阿里旅行に出店し、中国人観光客向けに日本の旅行商品や旅行サービスを提供するという。ソフトバンクも日本の大手法人顧客の情報を集積し、阿里旅行を通じて訪日観光客に法人顧客の店舗で使用できる割引券などの優待を提供するという皇室纖形

阿里旅行は1週間前に大韓航空と店舗に関する協力合意を締結したばかりで、オランダ国王率いるビジネス団が訪中した際にはオランダ政府観光局およびKLMオランダ航空とも協力合意を締結した。これに先立ち、ユーレイルグループ、シンガポールのリゾートワールドセントーサなども阿里旅行に店舗を開設している。このほか阿里旅行とマリオットホテルグループとの深いレベルでの協力も、合意の内容が実行に移される段階に入った皇室纖形

阿里旅行の李少華総裁は、「直営店舗を開設すれば、海外旅行サービス事業者が中国人観光客と直接接触する上でプラスになり、これまでのような代理店方式よりも一層消費者に近づくことができ、中国人顧客のニーズをより正確に把握する助けにもなり、中国市場での営業販売戦略を絶えず改善して最適化することにつながる」と話す買車

小人さんが花植える

すぐ近くに娘の家がある皇室纖形

子育てに忙しい年代だと思うが、

庭は荒れ放題。

注意をすれば、文句を言うに決まっている皇室纖形 電話

憎たらしい娘だ。

私は、こっそり行って、草を引き花を植える。



  「小人さんが、いつも知らない間に来て、綺麗にしてくれるの」 アホ娘皇室纖形 旺角

老師的偉大

有人說:老師是春蠶,吐不盡那綿綿的情絲至死方休!有人說:老師是蠟燭,灑盡最後一滴淚雨去照亮漆黑的夜空。平平淡淡的三尺講臺卻是您的人生舞臺。因為熱愛,忍看桃熟流丹,李熟枝殘;因為執著,選擇詩滿人間,畫滿人間。俗話說,政治維持現在,教育奠定將來資訊亭。教育事業是繼往開來、奠定國家和民族未來的宏基偉業,要靠千千萬萬最好的“為教育而生存的老師”依法執教、愛崗敬業、以身作則既為人師表,又為人師裏!如果沒有文學界,人生將無法與美麗的心靈共鳴;如果沒有畫家,人生將無法品味色彩斑讕的世界;如果沒有教師,那麼,一個民族、一個國家文明的太陽將日薄西山;愚昧、野蠻的陰霾將籠罩大地鑽石能量水 消委會
  
  因為熱愛,您深情地演繹著您的人生。您就是領航的海燕,引領我們到達目的地。您時刻保持著高度警戒,以防我們的航向錯誤,如嚴父般糾正我們的放縱隨意,如慈母般呵護我們的每次摔倒。學子的每一個繼承,每一個創新,都由它來點燃。如果沒有它,我們將在黑暗中摸索,在無知中前行,我們將步履維艱。您用愛心播灑陽光,您用智慧普降甘霖。您用辛勤的汗水,哺育了春日剛破土的嫩苗。世上每一個道理與現象,每個人的品格與個性,最初都是經由您那雙勤勞的手。所以說您塑造了這個世界一點都不誇張。
  
  有人說,老師是梯,以偉岸的身軀托著我們稚嫩的雙腳一步步攀高;有人說,老師是燭,以不滅的信念為我們照亮前進的道路,映著我們的臉龐不斷地向前探索!是我們的教師,培育出千千萬萬的社會主義建設大軍;是我們教師,培育出一代代幹部的楷模,使忠誠、崇高和無私穿越時空,成為人類永恆的追求;是我們教師塑造出一批批張揚個性、敢於創新的世紀英才;是我們教師培育出指點江山、激揚文字,揮斥一方的偉人。老師推崇真誠與廉潔,因而您的心靈永遠是那麼坦蕩而年輕。您每天付出的艱辛與汗水,因而您的收穫永遠是那麼殷實而厚重。因為執著,您才會微笑著寫下希望而擦去了功利。您播種了希望與快樂,因而您的笑容永遠是那麼的燦爛而迷人;您打造出了多少學生的美好未來,因而您的名字永遠是那麼的響亮隱適美
  
  走在人生的道路上,任憑時光之泉水慢慢流淌。追溯著源頭,您慈祥的目光,依稀回味著過去的模樣,您的教誨使我們永生難忘。老師是神聖的職業,你們為了我們的學習、成長,不辭辛勞的教導、教育我們。加減乘除,算不盡您作出的奉獻!詩詞歌賦,頌不完對您的崇敬!您用知識甘露,澆開我們理想的花朵;您用心靈清泉,潤育我們情操的美果。一支粉筆兩袖清風,三尺講臺四季晴雨。您是園丁,為祖國山川添秀色;您如春雨,潤育桃李,神州大地盡芳菲。坎坎坷坷的道路上,有您就有光亮;跌跌撞撞的前行中,有您就有方向。您用汗水,澆灌出稻穀金黃;您用知識,催開了桃李芬芳。
  
  有人說,教師的生命像一個長長的句子,艱辛是定語,耐心是狀語,熱情是補語,無私是謂語,奉獻是賓語;也有人說,老師的生命像一個根號,疊疊作業為她的青春開無數次平方;而我要說:“教師如百合,展開是一朵花,凝聚成一枚果!教師似星晨,遠望像一盞燈,近看是一團火!”。老師是火種,點燃了學生的心靈之火;教師是石級,承受著學生一步步踏實地向上攀登。老師,您是一股清泉,流過密林山野,淌過深溝淺灘,永不幹竭。高山擋不住您的川流,暴雨只會壯大您的軀幹。您像一棵大樹,灑下綠蔭,營造幸福的心靈莊園;您似一支粉筆,磨碎自己,描繪美好明天;您是一抹暖陽,溫暖自己,照亮他人。每每挑燈夜讀,是為豐富自己的源頭;每每戴星批閱,是為灌溉無知的田野。那清澈見底的山泉,代表著一身正氣,永遠與骯髒的溪流劃清界線。您奔流不息,是為了完成您崇高的使命:滋潤每一寸缺水的土地。
  
  百花沐浴陽光齊盛開,麥苗享受甘霖綠油油!老師,您是一盞明燈,為我指明了知識的方向。您是不滅的火種,點燃學子心中的理想,點燃學子心中的希望。星星火種,燎原之勢,它給了學子生活的樂觀,學習的積極,工作的激情。火種的存在,給人無限的安慰,給人無限的動力。您就是一支蠟燭,雖然細弱,但有一分熱,發一分光,照亮了別人,耗盡了自己。這無私的奉獻,令人永志不忘。老師,您有人類最崇高的感情--愛,用語言播種,用彩筆耕耘,用汗水澆灌,用心血滋潤,這就是我們敬愛的老師崇高的勞動。