善光寺御開帳のハイライト、中日庭儀大法要 800人が練り歩く

数えで7年に1度、長野市の善光寺で行われる御開帳のハイライトで、本尊の分身仏「前立本尊」をたたえる天台宗の中日庭儀大法要が25日、執り行われた。牛黄清心丸

雅楽が鳴り響く中、輿(こし)に乗った住職の小松玄澄貫主(げんちょうかんす)が大勧進を出発。朱色の傘を差しかけられた天台宗の一山住職や、稚児ら約800人の行列が本堂まで練り歩いた。また、住職らが本堂回廊からハスの花をかたどった散華(さんげ)と呼ばれる5色の紙をまくと、参拝客らが懸命に手を伸ばして取ろうとした。

大阪府高槻市から訪れた蒔田與志子(よしこ)さん(68)は「荘厳な雰囲気で感動した。家内安全を願います」と話した。浄土宗の中日庭儀大法要は5月9日に行われる。片仔廣

「矢場とん」に硬式野球部 目標は「クラブ選手権出場」

名古屋市内を中心にみそカツ店を展開する「矢場とん」が硬式野球部をつくり、20日、記者会見を開いた。鈴木拓将社長は「強いより、日本一笑顔のチームにしたい」と話した。
牛黄清心丸
選手は大卒中心の18人で、うち5人が甲子園出場経験者。矢場とんの正社員として雇用し、名古屋市内の店舗で勤務する。仕事優先のため、練習は愛知県津島市内で週2回。多くの企業チームが目標とする都市対抗大会や社会人日本選手権ではなく、クラブチーム日本一を決める全日本クラブ選手権の出場を目指す。

部員の中にはプロ野球?中日で投手として活躍した郭源治さんの長男、佳久耀(かくよう)選手も。「私が日本に来たとき、最初は食事が合わなかったが、みそカツは食べられた。縁を感じる」と郭さん。藤王康晴監督(元中日)は「私が打者出身なので、攻める野球をしたい」と意気込んだ。片仔廣

「先にあるリスク」について考える

ちなみに、こうした毛染めやパーマに限らず、子どもの食生活などでもよく問題とされるのが、それを実行することで「子どもに将来起こるかもしれないリスク」です。
媚薬
たとえば、「髪の毛を金色にしたい」「ジャンクフードを食べたい」といった子どもの要求は、それ自体は他人に迷惑をかけるものではなく、親としてはできれば「子どもの希望を叶えてやりたい」と思うかもしれません。しかし、ヘアカラーの使用やジャンクフードの摂取によって「自分に将来起こるかもしれない健康面でのリスク」について、子どもが自分で実感を持って考えることはとても難しいのも事実です。

自分でこうした判断ができない(あるいは知識や情報を持たない)子どもを持つ親御さんにとって必要なことは、こうした「先にあるリスク」について思いをめぐらせ、子どもをサポートすることなのかもしれません。曲美

河野元衆院議長が訪中へ - 13日にも要人と会談

河野洋平元衆院議長が会長を務める日本国際貿易促進協会の訪問団が12日から北京を訪れることが分かった。13日にも中国共産党の最高指導部を構成する政治局常務委員(計7人)のいずれかと会談したい考え。外交筋が7日明らかにした。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設で国と対立する沖縄県の翁長雄志知事も加わり、観光客誘致をアピールする。

会談では、安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話や、集団的自衛権行使を可能とする新たな安全保障法制が話題となりそうだ。普天間飛行場の名護市辺野古への移設阻止を掲げる翁長氏が参加するため、米軍基地問題が取り上げられる可能性もある。三体牛鞭

等伯の襖絵32面をデジタル複製 南禅寺?天授庵に奉納

桃山時代を代表する絵師、長谷川等伯(1539~1610年)が描いた重要文化財の襖(ふすま)絵32面を東京芸術大学の須賀みほ准教授らが複製し31日、所蔵する南禅寺塔頭(たっちゅう)の天授庵(京都市左京区)に奉納した。催淫通販

天授庵の襖絵は等伯が晩年に描いたと伝わる墨絵で、中国?唐代の禅師にまつわる故事などを題材にしている。
催淫
実物は昭和50年代に修復?保存されたが、須賀准教授らがデジタル技術などを使って約5年かけて複製し、本堂で襖絵としての空間美を再現した。

4月1~12日に一般公開される。問い合わせは天授庵催情((電)075?771?0744)。
Calendar
«  April 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others