立憲主義の土台、マグナ?カルタ800年 英女王ら参列

権力者の力を法で制限する立憲主義や人権の概念の土台になった大憲章「マグナ?カルタ」(1215年)の発布から800年の節目にあたる15日、ロンドン南西のラニーミードで記念式典が行われた。
威哥王
テムズ川右岸のラニーミードの草原は、恣意(しい)的な課税など王権を乱用したイングランドのジョン王に反発した貴族たちが、戦いを経て、ジョン王に大憲章を発布させた地だ。大憲章は米国の独立宣言や憲法にも強い影響を与えた。
紅蜘蛛
式典にはエリザベス女王やキャメロン首相、リンチ米司法長官らが列席。エリザベス女王は式典プログラムに「大憲章の理念は重要であり、不朽です」とのメッセージを寄せた。
淫インモラル
ロンドン大学のジャスティン?チャンピオン教授(歴史学)は、「デュー?プロセス(法の適正手続きの保障)や自由の概念を表し、時代ごとにその価値が再認識されてきた」と大憲章の意義を指摘した。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/logic_457875/11461
Calendar
«  June 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others