乗客はバス乗車プルドアをたたいて運転手に猛

リドスプレー
今日の午前十時半、記者は台東1番バス駅の近くを取材したとき、会った幕:1台のバスがゆっくりと232がバス停から後方に追いつく男を打つバス猛烈前門、たたきドアバタンと鳴って、男が口の中でまだひっきりなしに大声で叫び、見えるとても感激。その後、運転手が止まって降りて開けた前門、男子が一気に突っ込んで運転席から運転手の裾とぶつかって、この突然の幕が開いた口がふさがらない乗客や通行人、いったい何が起きたのだろうか。

見男パイロットとしつこい、ほとんど動手を携えて、車の上の乗客らが前の説得。遅れないように他の乗客、バスが駅。殷さんによると、彼はもう覚えましたナンバー、チームに検討説、現場から離れた。
狼1号
記者を見ないで喧嘩のシーンに、真実を知るために、記者はその後もチームに来て、意外にも、殷さんは来ません苦情、当時の操縦士徐師匠の論点は帰ってきた。徐先生は、バスが駅前、殷さんが全然ないから前門、ましてや1匹の足を上にバス。チームスタッフは、停電のため、バスでの監視を撮らない当時のシーンが、乗客が車に証言。チームスタッフは、停電のため、バスでの監視を撮らない当時のシーンが、乗客が車に証言。

記者は知って、まで午後3時半に、殷さんもないチームに苦情。乗客はバスの運転手のことを思う

私たちも何度も報じていましたが、あるそれが交通事故を起こした。だから、何があっても感情も引かれるべきではない、衝車運転手が、幸いに当時の車は止まっていたのなら、走行中の可能性、結果が思いやられる。希望殷さんも落ち着いて、もし本当に権益が侵害された、正当の方式をとる権利。五便宝
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/logic_457875/4114
Calendar
«  October 2014  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
12
14
15
18
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
31
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others