ビール類出荷シェア、キリン独り負け鮮明に W杯キャンペーン不発

2014年のビール類課税出荷の各社別シェアは、アサヒビールが38.2%(前年比0.6ポイント増)で5年連続で首位を守った。キリンビールが1.6ポイント減の33.2%、サントリービールが0.7ポイント増の15.4%、サッポロビールが0.3ポイント増の12.3%、オリオンが0.9%で横ばいで、キリンの独り負けが鮮明だ。
 同仁烏鶏白鳳丸
キリンの不振は、昨年5~7月の売り負けが原因。サッカー日本代表のスポンサーとしてW杯キャンペーンに軸足を置き、消費税率引き上げ後の減速をカバーする戦略だったが、これが不発に終わった。この期間、他社は一定数量を購入すると景品が必ずもらえるマイレージキャンペーンなどで、増税後の影響を最小限にする取り組みを展開し、この差が大きく出た。さらに、こういった危機に対し、機敏な対応ができず傷を広げた。
 
これだけの不振を一気に巻き返すのは難しいとし、「スモールサクセス」を合言葉に、特定の領域や商品で成果を上げる戦略を昨年秋から強化している。すでに主力ビール「一番搾り」の販売を増加に転じさせたり、ゼロゼロ発泡酒で首位になるなどの成果をあげている。今後はサクセスの規模を拡大し、スピードを上げることがシェア奪回に不可欠となる。婦科千金片
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/logic_457875/7059
Calendar
«  January 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
25
26
27
28
30
31

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others