「桃の花びらシャワー」を撮るために公園の桃の木を揺らす観光客、「どうせいつかは散るもの」―中国メディ

福建省福州市の森林公園でベストショットを撮影するために桃の木を揺らし、花びらを舞い散らせる観光客が現れ、多くの観光客からひんしゅくを買った。6日付で福州新聞網が伝えた。
同仁烏鶏白鳳丸
週末に子連れで桃の花を観賞しにやって来たグループ。女性5人に子ども4人で花見をしながら記念撮影に興じている。そのうち、桃の花びらシャワーを撮ろうと思い立ったようで、女性客が枝を揺らし始めた。ひらひらと大量に花びらが舞い散った瞬間にパチリ。撮影が終わると撮ったばかりの画像を確認し、満足げな表情を浮かべた。

ところが、もっと大量の花びらを降らせたかったのか、前回より人手を増やしてさらに激しく桃の木を揺らし始めた。見かねた他の観光客が注意したところ、「どうせいつかは散るものでしょ」と反論、今度は子ども4人に桃の木を揺らすよう手ほどきし始めた。子どもたちは大喜びでゆさゆさと揺らし、勢い余って枝を折ってしまう一幕もあったという。セフラジン
Comment
中国の史話二十四孝の一人郭巨釜掘りの故事にちなんで造られ「釜掘り山」ともいわれる。山に飾る御神体(人形)の郭巨と童子は寛政元年(1789)金勝亭九右衛門利恭の作で前懸は天明5年(1785)製の唐美人遊楽図の絽刺、胴懸は石田幽汀(1721~86)の下絵による呉道子描龍図と陳平飼虎図の刺繍で天明5年松屋源兵衛の作、見送は文化12年(1815)製で円山応震(1790~1838)の下絵による山水仙人図であったが、昭和58年から新しく上村松篁原画による秋草図前懸、花の汀図および春雪図胴懸、都の春図見送の綴織を順次新調した。後懸は阿国歌舞伎図綴織と古後懸に天明5年改修の黒ビロード地福禄寿図刺繍がある。この山に限って桐桜菊の欄縁の下に金地彩色宝相華文様の乳隠しが用いられ、また屋根覆いをかけている。
スーパーコピー 実店舗 東京 http://www.gginza.com/%E6%99%82%E8%A8%88/tagheuer/index.html
  • スーパーコピー 実店舗 東京 | 
  • 2016-07-30 19:32:12
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/logic_457875/8540
Calendar
«  March 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others