「先にあるリスク」について考える

ちなみに、こうした毛染めやパーマに限らず、子どもの食生活などでもよく問題とされるのが、それを実行することで「子どもに将来起こるかもしれないリスク」です。
媚薬
たとえば、「髪の毛を金色にしたい」「ジャンクフードを食べたい」といった子どもの要求は、それ自体は他人に迷惑をかけるものではなく、親としてはできれば「子どもの希望を叶えてやりたい」と思うかもしれません。しかし、ヘアカラーの使用やジャンクフードの摂取によって「自分に将来起こるかもしれない健康面でのリスク」について、子どもが自分で実感を持って考えることはとても難しいのも事実です。

自分でこうした判断ができない(あるいは知識や情報を持たない)子どもを持つ親御さんにとって必要なことは、こうした「先にあるリスク」について思いをめぐらせ、子どもをサポートすることなのかもしれません。曲美
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/logic_457875/9748
Calendar
«  April 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others