「矢場とん」に硬式野球部 目標は「クラブ選手権出場」

名古屋市内を中心にみそカツ店を展開する「矢場とん」が硬式野球部をつくり、20日、記者会見を開いた。鈴木拓将社長は「強いより、日本一笑顔のチームにしたい」と話した。
牛黄清心丸
選手は大卒中心の18人で、うち5人が甲子園出場経験者。矢場とんの正社員として雇用し、名古屋市内の店舗で勤務する。仕事優先のため、練習は愛知県津島市内で週2回。多くの企業チームが目標とする都市対抗大会や社会人日本選手権ではなく、クラブチーム日本一を決める全日本クラブ選手権の出場を目指す。

部員の中にはプロ野球?中日で投手として活躍した郭源治さんの長男、佳久耀(かくよう)選手も。「私が日本に来たとき、最初は食事が合わなかったが、みそカツは食べられた。縁を感じる」と郭さん。藤王康晴監督(元中日)は「私が打者出身なので、攻める野球をしたい」と意気込んだ。片仔廣
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/logic_457875/9946
Calendar
«  April 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others