なんだか、熱を帯びている

いつかの帰り道
通りを吹き抜けていく炎天の風に
火傷しかけたことも
あったけれど

熱くて
ちょっと重たくて
アンニュイな息遣いの聞こえる絵から
吹いてくる風が
今もずっと続いていて
だから、そう
なんだか、熱を帯びている

知っている?
湿り気のある風は
砂漠では神様がもたらす風と
言われている

ここは、砂漠ではないけれど
あまりにも悲しいことがありすぎて
植物のように
体に溜めて光っていた雫は
小さくなって
もうじき消え入りそうになっていて

かつて大地に流れたたくさんの涙は
そろそろと集まってきて
空に合図するのだろう
今にも雨を連れ立つような風を
重たい熱を帯びた風を運んできてと

人間と植物の違いは
何だろう
きっとね、心に貯めた思いを
言葉で話し出すかどうかの違い
だから、

植物のように
体に溜め込む ひと滴(しずく)に
いつも恋い焦がれているけれど
そこには光る言葉が眠っていて

人間が人間の心を取り戻すために
熱くて
ちょっと重たくて
アンニュイな息遣いの聞こえる絵から
湿り気を帯びた風が吹いてきて
人間の言葉をつないでいく

ふと、星野道夫に

新聞の広告に『星野道夫』という四つの文字列を見つけた瞬間、これは買いに行こうと決めていた。

懐かしさとか、そういった思いも確かにあったが、なんだか出合ってしまった以上は必ず読まなければならないという気持ちの焦りみたいなものも感じていたのだinvision group 洗腦

今更、星野道夫のことを語るつもりはないが、少なくともこの人はボクに大きな影響を与えた一人だ。

写真家であったが、ボクは文章家としての星野道夫を慕っていた。

著書のほとんどを読んでいたが、これまで自分が出合ってきた文章の中で、この人の文章が最も自分を動かしたかも知れないと思っている。

こんなにも飾り気のない文章が書けるニンゲンの、その背景みたいなものに嫉妬していたとも言える。

その背景とは言うまでもなくアラスカという大自然だ。

そして、そこへ行き着くまでの星野道夫のプロセスだ。

もちろん、星野道夫の感性もまた忘れてはいけない。

高校時代、親友を山で失い、東京の電車の中から北海道のヒグマの今を想像し、信州の田舎でアラスカのある村のことを知りinvision group 洗腦……

思いつくままにただ書いているが、星野道夫のプロセスは並外れていた。

そして、この並外れていた感性が、ボクにとっては最も心惹かれたところでもあった。

こんなにさりげなく、自分の思いを遂げていっていいのかと思った。

真似のできないニンゲンが、ただひたすら星野道夫にすがっている。

しかし、そんな情けない思いを強いられながらも星野道夫の何かに救われてもきたのだ。

それは、自分自身の中にもあった星野道夫的感性に気が付いた時だった。

ニンゲンは何かの前に立ち、それを見つめながら別な何かを考えたり感じたりできる。

そして、その二つの何かの中に共通するものを見出すことに自然でいられるのだ。

風に揺れる草を見ながら、空に浮かぶ雲を見ながら、自分も時折星野道夫的になり、自分自身を見つめてきたように思うinvision group 洗腦

ここまで走り書きした。

もう人生の終盤に向かおうとしている今だからこそ、そんな感性にふと敏感になったりするのだろうと思う。

星野道夫が他界して長い時間が過ぎた。

しかし、星野道夫が残していった文章があるから、まだ星野道夫的感性を意識していられるのだ………

愚痴と自慢と無気力

「愚痴になります。
苦手な方はスルーしてください。」

と前置きが要るとすると、わたしのブログの99パーセントは、愚痴である。
あるいは、自慢。
苦手な方だらけだろう美麗華導遊

最近そう感じるようになると、書く気が失せた。
つまり、自分には愚痴と自慢しか詰まってないということだ。
自分への嘆きと、自分への励まし。
わざわざ文章にするほどでもないのに、まあ、文章を書くことは、昔からの好きな行為、嗜好であります。

考えをまとめるために、まず、整理し、からんでいる感情を取り除く。
汚れものを水で、まず、ばさばさっと大きく予洗いするかんじか。
書いて、考えをまとめているうちに、感情が落ち着く。
思考の邪魔になっていた余計な感情がなくなったあとは、ゆっくり策を練ることができる。
書くことは、よけいな泥を取り払うこと、洗うこと美麗華領隊

しかし、泥を拭ったあと、ニュートラルになって、さて、どうしよう?
人間は感情の動物だ。
感情が動いてこそ、行動の動機が生まれる。
(わたしの場合、勘定、打算の動物でもある)

好きだ、嫌いだ、腹立つ、情熱がわく、熱狂する、寂しい、悲しい、その他もろもろ。
その感情を守りたいために、あるいは、取り除きたいために、なにか行動を起こす。
なのに、その感情がなくなってしまうと、静かに横たわる意識のない生物になってしまう。
息をしていて、心臓が動いていて、死んでいないだけ。

感情が落ち着いて、そういう、凪のような状態になってしまっている、今、
どうしようかと作戦を練りかねている。
待ちの姿勢、受け身の体制が、わたしの基本スタンスかも知れない。
が、決して、言われるままに従うという受け身ではない。
作戦上の受け身である美麗華投訴
後手。

先手を打って、今まで成功したことがない。
ただし、スタンバイ、臨戦態勢をキープ。
いつでも動けるよう、トレーニングしておかなければ、命令されるだけの、ただの使用人。

しかしながら、待ち時間は長く、つらい。
天ぷらを揚げるときも、箸でつつくと良くないが、つい、やってしまう。
天ぷらにも、忍耐あるのみ。
からりと美味しく揚がることを想像して、じっとガマン。

明けない夜はないという。
しかしなあ???明けてもね、べつに、特に目を輝かせて期待して待つ朝はないのであって。
気力が落ちているのかなあ???