愚痴と自慢と無気力

「愚痴になります。
苦手な方はスルーしてください。」

と前置きが要るとすると、わたしのブログの99パーセントは、愚痴である。
あるいは、自慢。
苦手な方だらけだろう美麗華導遊

最近そう感じるようになると、書く気が失せた。
つまり、自分には愚痴と自慢しか詰まってないということだ。
自分への嘆きと、自分への励まし。
わざわざ文章にするほどでもないのに、まあ、文章を書くことは、昔からの好きな行為、嗜好であります。

考えをまとめるために、まず、整理し、からんでいる感情を取り除く。
汚れものを水で、まず、ばさばさっと大きく予洗いするかんじか。
書いて、考えをまとめているうちに、感情が落ち着く。
思考の邪魔になっていた余計な感情がなくなったあとは、ゆっくり策を練ることができる。
書くことは、よけいな泥を取り払うこと、洗うこと美麗華領隊

しかし、泥を拭ったあと、ニュートラルになって、さて、どうしよう?
人間は感情の動物だ。
感情が動いてこそ、行動の動機が生まれる。
(わたしの場合、勘定、打算の動物でもある)

好きだ、嫌いだ、腹立つ、情熱がわく、熱狂する、寂しい、悲しい、その他もろもろ。
その感情を守りたいために、あるいは、取り除きたいために、なにか行動を起こす。
なのに、その感情がなくなってしまうと、静かに横たわる意識のない生物になってしまう。
息をしていて、心臓が動いていて、死んでいないだけ。

感情が落ち着いて、そういう、凪のような状態になってしまっている、今、
どうしようかと作戦を練りかねている。
待ちの姿勢、受け身の体制が、わたしの基本スタンスかも知れない。
が、決して、言われるままに従うという受け身ではない。
作戦上の受け身である美麗華投訴
後手。

先手を打って、今まで成功したことがない。
ただし、スタンバイ、臨戦態勢をキープ。
いつでも動けるよう、トレーニングしておかなければ、命令されるだけの、ただの使用人。

しかしながら、待ち時間は長く、つらい。
天ぷらを揚げるときも、箸でつつくと良くないが、つい、やってしまう。
天ぷらにも、忍耐あるのみ。
からりと美味しく揚がることを想像して、じっとガマン。

明けない夜はないという。
しかしなあ???明けてもね、べつに、特に目を輝かせて期待して待つ朝はないのであって。
気力が落ちているのかなあ???
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/lookingback/26168
I found a great...
  • 染め明るい月光の海 | 
  • 2016-09-06 18:25:45