徳皇威廉二世にラング特注の懐中時計

徳皇威廉二世にラング特注の懐中時計
と同時期に生まれザクセン王国ワーグナーも開いたラングタブ王朝の费尔迪南多・アドルフ・ラング。ラングは1815年に生まれドレスデン、ここで彼はザクセン王国宮廷時計職人古いッターキースの学徒。1842年パリ遊学から帰った後、ラングロレックススーパーコピー協力師匠兼岳父の古ッターキース共同をドレスデン森パオペラハウスが建造された有名なデジタル時計は5分。同氏の2部の早期歌劇《黎恩济』と『さまよえるオランダ人』がそれぞれは1842年と1843年森パオペラ劇場デビューし、今日に至って、ワグナー、ウェーバー、布鲁特納、リチャード・シュトラウスなど大師達の作品はよくこの座双表示の時計の下で上演して。
1994年じゅう月2ウブロスーパーコピー4日、ラングの新時期の第1陣の腕時計作品表壇復帰、そのLANGEいち腕時計はすでにラングブランドマーク。LANGEいち腕時計で最も注目のカレンダー窓、それが普通の腕時計のさん倍の、令日付表示一目瞭然。ジロー暦は森パスカル歌劇院五分間のデジタル時計の解釈で、ジロー製表の歴史を代表して。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/loveing/26839