以下は今年のバーゼル表展

以下は今年のバーゼル表展に発売されたエナメルシートで紹介され、みんなから次の購入には役に立つと希望します。
アテネClassico経典シリーズ8156-111羊年時計
前世紀の70年代、途絶えるの腕のエナメルの技術を復興して、現在少数の少数の独立はこの工程の製表エルメスコピーのブランドのブランドを作ることができて。2015年バーゼル表展でアテネ展示のこの鎏金羊年時計よんじゅうミリ表径、バラの金をケース。文字盤を採用にエナメルの技術の製作、それに記入エナメルの古い工芸は西暦纪元11世紀にはフランス裏摩のエナメル職人の発明は、掐丝エナメル制作プロセスに新たな突破を発展してきた。このアテネClassico経典シリーズ8156-111羊年時計は先にダイヤル篆刻図案図案輪郭を殘して、内部を失っ輪郭、そして記入エナメル、異なる金属の酸化物を抽出する異なった色を、ブランド時計コピーこうして文字盤の上の動物や植物、背景もスマート迷人。そして高温で加熱、エナメルを溶かし、この工程には何度も繰り返して。最後に焼結光沢の工程、表面に滑らかな光沢を見せた。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/loveing0/27271