甘さたっぷりメロン祭り…きょう、農業大学校

庄原市の県立農業技術大学校でアールスメロンの収穫作業が始まった。約400個を収穫予定で、同校で29日午前10時半から開かれる「メロン祭り」で1個1000円(税込み)で販売する。
媚薬購入

媚薬催淫剤
 園芸課程野菜・花きコースの生徒29人が4月からハウス2棟(約350平方メートル)で約500株を栽培。定期的に病害虫の防除や水やりを行うなどして丹精込めて育ててきた。直径15センチ前後になったメロンの糖度を計測した後、ハサミを使って一つずつ丁寧に収穫していった。

 2年の井上仁志さん(23)は「糖度が十分ある甘くてジューシーなメロンが実った。ぜひ多くの皆さんに味わってほしい」と話している。

元十両大翔丸が幕下優勝 宇良は序二段で決定戦へ

大相撲名古屋場所13日目の24日、幕下は先場所新十両で元アマチュア横綱の大翔丸(大阪府出身、追手風部屋)が7戦全勝で優勝した。東2枚目で来場所の十両復帰が確実。
紅蜘蛛

威哥王
 三段目は元十両の飛翔富士(兵庫県出身、東関部屋)、序ノ口は日体大出身で先場所初土俵の浜町(高知県出身、九重部屋)がそれぞれ7戦全勝で制した。

 序二段は居反りなどの奇手で注目される関学大出身の小兵、宇良(大阪府出身、木瀬部屋)と日体大出身で元学生横綱の大輝(埼玉県出身、八角部屋)の2人が7戦全勝で並び、千秋楽の26日に優勝決定戦が行われる。

「こどもの城」歌声残った

◆「合唱団」へ青学 練習場提供

 今年2月に閉館した国立児童館「こどもの城」(渋谷区)で約30年間活動してきた「こどもの城児童合唱団・混声合唱団」が閉館後、初の公演に向けて練習に励んでいる。閉館に伴って活動場所を探していたが、こどもの城から近い青山学院大が、練習場所の提供を申し出た。団員らは「歌い続けられて良かった」と喜んでいる。

 合唱団は、こどもの城が開館した1985年、同館の非常勤職員だった吉村温子さん(59)が結成。歌詞の世界を表すジェスチャーと共に表情豊かに歌うことが特徴で、現在、小学生から大人まで約250人が所属する。こどもの城を活動拠点とした団体の中で最大規模で、施設の最終日となった2月1日には、合唱団の歌声で施設は30年の歴史を終えた。

 その後、「歌い続けたい」という団員の声に応えようと、吉村さんが練習場所を探していたところ、3月上旬頃、こどもの城の向かいに位置する青山学院大の仙波憲一学長から「課外活動で使っていない教室で良ければ」との申し出があった。

 同大は受け入れに向け、子供がけがをしないように、倒れにくいイスを大学中から教室に集めたほか、トイレには子供用の便器を配備。電子ピアノを購入し、4月11日の同大での初練習の際には、同大の文房具などのグッズもプレゼントした。吉村さんは「閉館でつらい思いもさせたけど、支えてくださる方との出会いを経験させてあげられて良かった」と語る。
威哥王

情愛芳香劑
 現在の目標は、8月7~10日の石川公演と、10月25日の東京公演を成功させること。両公演のタイトルは、歌い続けられることへの感謝を込め、「Keep on Singing」に決めた。2歳から合唱団に入った小学6年の佐藤柚月さん(11)は「閉館の時はすごく悲しかったけど、こどもの城が見えるこの場所で歌い続けることができてうれしい」と目を輝かせた。

岸田敏志 初の歌謡曲「ちょい悪オヤジ」風に披露

「きみの朝」などで知られるシンガー・ソングライターで俳優の岸田敏志(62)が、初の歌謡曲となるニュー・シングル「ボルドー・ルージュ」を徳間ジャパンコミュニケーションズから7月8日に発売したのを記念して10日、東京・江東区のアリオ北砂で新曲発表キャンペーンを行った。

 来年がデビュー40周年とあり、「何か新しい挑戦ができないかな」と初の歌謡曲に挑戦。岸田は「イントロが始まったらすぐにおわかりだと思いますけれども、急にカラオケスナックのような雰囲気になっています。この雰囲気がとても気持ちいいです」とあいさつ。「『ボルドー・ルージュ』という言葉は、ボルドー地方で獲れた赤ワインの総称ですが、ワインを飲みながらというようなおしゃれな曲でして、ちょい悪オヤジが歌うような感じで歌っていただけたらいいなと思います」と語った。

 続いてギターの弾き語りで、同カップリング曲で、「きみの朝」の新バージョンとなる「きみの朝~ALWAYSバージョン」など全5曲を熱唱した。
中国精力剤
紅蜘蛛

安保法案めぐり攻防

岩手県知事選(8月20日告示、9月6日投開票)は、県議会6月定例会が8日閉会し、事実上の選挙戦に入った。3選を目指す現職の達増拓也氏(51)に、参院議員の平野達男氏(61)=岩手選挙区=が挑む。野党勢力が付く達増氏は、安倍政権が成立を目指す安全保障関連法案の争点化を仕掛ける。平野氏を支援する自民、公明は報道圧力発言の影響もあり、今のところ守勢を強いられている。
女性用媚薬

漢方薬激安
 「(達増県政を)やめさせようという国政政党が、国民的理解を得られない安保関連法案を成立させようとしている」
 達増氏は8日の定例記者会見で、知事選で敵対する自民党を意識しながら、与野党対決の現状をこう分析してみせた。
 同法案をめぐる与野党の攻防は知事選構図と「根は同じ」と指摘。「国民の多数意見を反映する野党は達増県政を選んだ。この論理が政党の力関係に影響する」と言い切った。

 知事選に向け「安保」を争点化し、自民が応援する平野氏との違いを際立たせることを狙った発言だ。
 県議会は同日、全国初となる安保法案の廃案を求める意見書を野党の賛成多数で可決した。民主党県連の高橋元・幹事長は「野党が力を合わせ良識を示した。この力は知事選にも波及する」と手応えを強調した。

 対する平野氏は4日、同日選の県議選に立つ無所属新人の事務所開きに出席した。取材に「(知事選での)手応えは感じるが、悪いことに自民への非難の声も強まっている」と語った。
 前日には自民党若手議員の報道圧力発言をめぐり、安倍晋三首相が陳謝した。安保法案に加え、首相周辺から飛び出した暴論に風当たりが強まる。平野氏は「衆院は7月中旬にごちゃごちゃするだろう。めげずにやるしかない」と危機感をにじませた。

 「影響を考えない振る舞いに怒りを覚える」。自民党県連の嵯峨壱朗幹事長代理は3日、報道圧力発言問題で谷垣禎一幹事長宛てに抗議文を送った。
 平野氏支援の先頭に立つが、「こちらは必死なのに身内から足を引っ張られた」と憤る。8日には安保法案の慎重審議を求める要請書も党本部に出した。徳国公牛

壮根精華素
 与党が描く法案の審議日程に照らせば、知事選の期間中に参院審議が大詰めを迎える可能性が高い。デリケートな岩手攻防は野党ペースで始まった。