昨日は(*_*)

昨日は定時早々に仕事を切り上げ、地元の市民プールで
一人クロールの練習。ペニス増大

スイミングスクールの先生の教えてもらったことを頭に
入れつつ力を抜いて、腰を少しひねりながらクロールクロール、、。
言葉では簡単だけれど、なかなか出来ない。
今日も行って1時間程練習しようかって感じです。

しかし昨日(今朝?)全仏テニスを夜中4時頃まで見ていたので
足がつるかも?やめようか、、。寝不足ながら色々考えてたけど、
今日は朝から仕事は忙殺で余裕ナッシング。

シンガポール人の上司が再来週日本に来るらしい。
もういいわ。面倒くさい、、
やれプレゼンしろ、客先へ連れて行け、夕食は一緒に食べよう。
想像しただけでも、その週は韓国にでも行って逃げたい気分の私。

水中が一番落ち着く今日この頃。

元H友のMさんから映画のお誘いのメールが来たけど、
読んだだけでスルー。あのディズニーの映画トゥモローランドは
行きたいけど、今はそんな気分ではないのでごめんねぇ。

H活動も全然の今日この頃。
日記だけがよくも毎日書けるぇって感じです。

何か今日も日記も余裕なさげありありなんですいません。

こんなバタバタの中今朝聴いてた曲は彼女の恋愛模様を描いた曲
ではなく、どうやら彼女のお母さんの愛情を歌詞にした曲かと思いますが、
『大人にならないで』っていうのは偽らざる母親の感情なのでしょうか。

可愛い自分の子供が、三體牛鞭ずっと可愛いままでいてって思うのはあるか
と思いますが成長しないでっていうとこまでいくんでしょうか?
母親の愛情っていうのはそれほど深いんでしょうねぇ。
そこは男の私には理解できないところですが、なかなか良いメロディの曲です。
英語の教材にできるくらい平易な美しい英語かと。

『Never Grow Up』by Taylor Swift
私の手にあなたの小さな手が絡みつく
そんな世界中で一番安らぐ夜
君のまぶたが動いてる、今頃夢の中にいるのかな
君を抱きあげ、暗闇が怖い君の為の大好きな夜の明かりををつけるの
あなたの何もかもすべてが楽しい素敵な毎日に
あたしのすべてをあげるわハニー
ずっと変わらないで
ダーリン、そのままのあなたでいて
ずっと小さな可愛いあなたのままでいてよ
お願い、大人にならないで

変わらないで素直なあなたのままでいて
あなたを誰にも傷つけさせたりしないわ、心も痛ませることなんて無い
見捨てたりなんてしないから
大きくなんてならないで、そのままでいて
映画に行く途中の助手席のあなた
ママに運転してもらうばっかりで悔しそう
14歳には出来ないことがたくさんあるから
いつか、あなたは待ちきれなくて外の世界に飛び出すわ

ママを置いて、障害だらけの自分の道を歩いていくのね
でも覚えていて、ママも歳をとっていくこと
学校が楽しみでパジャマのまま踊りまわっていたあの頃の純粋な気持ちも失くしてしまわないで
ダーリン、そのままのあなたでいて
ずっと小さな可愛いあなたのままでいてよ
お願い、大人にならないで紅蜘蛛

モンフェストラボー

とにかくすんげー人気なんだな

予想以上の人の数催淫カプセル

いろんな報道がある中、熱中症対策はしていかないと

そんな中月末にかけて駆け込みの仕事でバタバタと…

とりあえず、毘沙門天さんマルチ募集でようやく勝てました

ツクヨミさん… 勝てるパーティーで全勝

相変わらずの泥率ですが…毘沙門さんは泥0

不動明王さん
ラストステージまで行きましたが…散りました
第3ステージ越えること出来れば、中ボス主ボスとうまくSS使えれば何となく攻略できるかな

何と今日は自宅横の現場でお昼は自宅で昼飯食いながらジライヤ降臨

昼休み中に念願のハンキンさん神化してきました

現場が自宅横ru486
まさに天国昼からも頑張れそうです

モンフェストラボー

とにかくすんげー人気なんだな 予想以上の人の数催淫カプセル いろんな報道がある中、熱中症対策はしていかないと そんな中月末にかけて駆け%E

八潮のポテチ大人気 売り上げ90万円 県NPO基金に寄付

今春テレビで自社のポテトチップスが紹介され、大人気となった八潮市垳(がけ)の菓子製造会社「菊水堂」が、人気を社会貢献に還元しようと、ポテトチップスをチャリティー販売したところ、瞬く間に完売し、売り上げ九十万円を県NPO基金に寄付した。同社の岩井菊之(きくじ)社長(58)は「人気は地道に商品を作ってきた結果。寄付は農業や福祉の分野に使ってもらいたい」と話している。 
中国精力剤

三體牛鞭
 「菊水堂」は一九五三年に創業。六四年からポテトチップスの製造販売を始めた。岩井社長は二代目で、大手二社が圧倒的なシェアを占めるポテトチップス業界で、海外視察に出掛けたり、製法や原料にこだわることで、生き残りを図ってきたという。

 会社は八潮の田園地帯の原風景を残す垳(がけ)川沿いの町工場。入り口脇の直売所に、近所の人たちが散歩がてらポテトチップスを買いに来るという地元密着ぶりだ。

 転機は今年三月。タレントのマツコ・デラックスさんが司会を務める番組で、最短で製造翌日に食べられる同社の「できたてポテトチップス」をマツコさんが絶賛。直火(じかび)炊き式フライヤーという昔の調理機械を使い、塩分控えめで、材料の味を生かした素朴な仕上がりが「懐かしくておいしい」と評価された。

 すぐに人気に火が付き、翌日から同社のメール用パソコンはパンク。通信販売の六袋千八百円のセットが一万個即完売した。それまでの二十倍の売れ行きで、原料のジャガイモが足らなくなるほど。現在も品薄状態は続いている。

 日本いも類研究会副会長を務め農業活性化に尽くす一方、身近に身体障害者がいて福祉にも関心がある岩井社長。「この人気を農業や福祉の分野に生かせないか」と考え、チャリティー販売を決めたという。「高くてもいいから食べたい」という客が多かったことから、通常より千二百円も高い一セット三千円で八月下旬に売り出したが、三百セットがすぐ売り切れた。

 「ウチの製法はシーラカンス」と謙遜する岩井社長だが、「もっとジャガイモのこと、農業のことを知ってもらいたいし、農業現場を元気にしたい。チャリティーはその一環」と話し、農業と福祉の連携など、今後も社会貢献の方法を考えていくという。