風邪ひきさん

一年ぶりくらいに風を引きました威哥王
喉が痛くて、咳が、とまりませんというわけでこんな時間に日記を書いているわけです
長いこと風邪ひいてなかったので、心細いし、娘ちゃん、は入院してるし、勿論彼氏はねてるし、寂しさマックスです

なんで徒然にこぼしてみたいとおもいます
私は今まで、今の彼のような愛され方をしたことこかありません
こころのことや身体の事、娘ちゃんのことまで、若いのに背負わせちゃないけない気がして、甘えることがてまきなかったけど

かれには、何でも、正直に話してもいいんだって、猫かぶんなくていいんだって、最近やっとおもえた

年は、一回りも若いけど、しっかり受け止めてくれるから、甘えられるし、甘えてもくれる淫インモラル

そのバランスが心地良い

本音で本気で自分の思いを伝える乗って、こんなに難しいんだって改めて思った
少しでも、いいところみせたいし、よく思われたいが先に来て、ちょっとずつ隠してた自分がいたのかな?
それを思いきって、さらけだそうと思う今日このごろ

ながくなってなにがいいたいかっていうと、彼氏の前では素直でいようのひとことです

ご静聴ありがとうござきました紅蜘蛛
このだらだらにっきにまたそのうち遊びにきてやってきてかださいな

夜勤だよ~(-ロ-;)

毎度夜勤で御座います~

夜勤の時紅蜘蛛に日記を更新するとは別に決めていませんが…やっぱ夜勤の時が多くなりますね~(-ロ-;)

今日の夜勤は大変だ…

ショートさんは2人…

そのうちの1人緊急ショートのおじいさんさんが1人居てまして~(--;)

緊急だから…勿論情報は皆無でございます~(T-T)

自分はまだしっかりしていると思い込んでいる人に…
施設は辛すぎです…

男尊女卑世代の方は~

まぁ…女性に対する態度や言葉が酷い~(T-T)

『おまえ』おまえ呼ばわり…仕事とはいえ私も辛すぎです(><)

どうして~そこまで偉そうなんですかね!?

介護職の暴力事件や…暴言事件は大きく報道されるけど…不思議な事にお年寄りがスタッフに対してすること等は全く報道されないし…記事にもなりませんよね!?(-ω-)

別にどんなことを利用者さんにされているのか…書くほど偉くもないですけど…
認知が少しでもあるなら…スタッフには何をしたって…何を言ってもいいって考えだけはやめて下さい~
(T-T)

スタッフは何をされても我慢はめちゃしてますが…我慢ばかりすることは…宜しくないよに思います(>_<)

お金払っていたら何をしても許されるのかな!?狼一号

お客様はあっての仕事ですが…お金頂いている以上…利用者さんはお客様ですけど…私も生きてます~

親も兄弟もいます~

オムツを交換しに行って叩かれたり…ツネられたり…車椅子移乗したら蹴られたり~(T-T)

髪の毛引っ張られたり…暴言なって日常茶飯事です~

お金を稼ぐことは大変だ…(T-T)

もう…私の精神力も体力も持ちません~(-ロ-;)

おじいさんはまだ寝てますが…起きたら大変だよ~
(-_-)

介護している方も今の時代多いと思います~

介護職が…これから益々必要になってく世の中を迎えるのに…

利用者様は神様!?果たして今のままのサービス合戦でいいんでしょうか!?

ノーとは言わない介護でいいんでしょうかね!?

疑問が残ります…(>_<)

なんや難しい日記になってしもた…別に難しいことを書きたかった訳では御座いませんm(__)m

明日の昼まで夜勤頑張るよファイトだ…(^・ェ・)三便宝

観光客の歓迎準備進む 13日から長浜曳山まつり

十三日から長浜曳山(ひきやま)まつりが始まるのを前に、長浜市内では、まつりの盛り上げと狼一号全国からの観光客を迎えるための準備が進んでいる。JR長浜駅前には巨大な看板が登場し、第三セクター「黒壁」は、まつりを図柄にした菓子などの新商品を発売した。

 看板は、駅東側の平和堂長浜店跡で進む複合ビル建設現場の囲いに市が掲げた。十二月ごろに予定される囲いの撤去まで飾る。

 三種類あり、縦一・二メートル~二・四メートル、幅は最大で二十メートル。今年で十回目となる写真コンテストの歴代金賞作品など、文字と写真で、曳山まつりの開催や今秋に見込まれる国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録をPRする。

 まつりの開幕に合わせ、市はのぼり旗二百七十枚も作り、商店街や宿泊施設など二十二カ所に配った。赤地に白い文字を配したデザインで公募で決まったばかりのまつりのシンボルマークを添えた。三便宝

 黒壁は、古くから滋賀で愛される菓子を小箱に入れた商品「黒壁小町」に、新たに「曳山まつりシリーズ」を加えた。九センチ四方の箱に「義経千本桜」「勧進帳」など、子ども歌舞伎の人気演目を絵柄を描いた。直営店舗「黒壁AMISU(あみす)」で販売している。

 堅ボーロ(税込み五百四十円)、黒豆甘納豆(同六百四十八円)、かりんとう(同四百三十二円)など、それぞれ違う絵柄に入った六種類があり、通年販売する。合わせて、今年の出番山が演じる歌舞伎の絵柄四種もまつり開催の特別版として作り、中身は好きな菓子を選べる。

 黒壁の吹きガラス工房で作った子ども歌舞伎の人形は、十四日から受注販売する。出番山の孔雀山(くじゃくざん)が演じる紅蜘蛛「梶原平三誉石切(ほまれのいしきり)」の名場面を、臨場感いっぱいに再現した。価格は税別で四万円。

養子縁組あっせん、全児相の6割未満…浸透せず

虐待などで実親がアフリカ超人育てられない子供を養親が育てる「養子縁組」のあっせんを2014年度に行った児童相談所(児相)が、全児相の6割に満たなかったことが厚生労働省の研究班の調査でわかった。

 同省は、実親の養育が難しい場合などの養子縁組を推進しているが、児相に浸透していない実情が浮き彫りになった。

 子供は施設での集団生活より、特定の大人と愛着関係が築きやすい家庭養育が望ましいとされる。だが、全国の207児相(当時)を対象にした研究班の調査では、回答のあった195児相のうち、86児相は14年度の縁組あっせんがゼロだった。専従職員がいないなど、態勢面の課題を抱えているケースが目立った。

 児相が縁組を前提に里親委託をした282件のうち、子供が1歳未満だったのは約半数にあたる142件。超強黒倍王同省は新生児の段階での委託も推奨しているが、産院から里親に直接委託したケースがあったのは2割に満たない37児相だった。