4D

Q:4次元時空、4次元空間の違いは?
狼1号:http://www.xn--1-948av66g.net/
A:次元は長さの方向の数ををあらわします。
 0次元空間は大きさを持たない点です。
 1次元空間は直線(横)であり、方向の位置を表せます。
 2次元空間は平面(横、縦)であり、水平方向の位置を表せます。
 3次元空間さらに高さがあり(横、縦、高さ)、立体の位置を表せます。

 4次元時空は3次元空間(横、縦、高さ)に時間を加えて、
 時間の経過の中で立体の位置を表すことができます。
 4次元空間は3次元空間(横、縦、高さ)にさらなる長さの概念が入ります。
 この方向は通常知覚できません。

という、話をまあそうね。蔵秘雄精
11次元時空(M理論)まであると言える人達はすごいなと思います。
ただ、残念なことに普通に生活していても残り6つの次元には
なかなか知覚する機会にめぐり合えないということです。

観測できる一般的な力(磁力、静電引力、万有引力)は3次元空間の距離のほぼ2乗に反比例して弱くなる。
このことは3次元以外の空間にほとんど観測される力が干渉しないことを意味します。
なぜならば3次元の球を考えると、半径の2乗に比例して表面積が広がるからです。ここでは半径=距離です。
つまり、半径の2乗に反比例して力が拡散していくということは、
力が伝わる方向が3次元空間のみほぼ伝わるということを意味します。
力がもっといろんな方向に伝わるのであれば、3次元以外の広がりで
3乗とか4乗に反比例するか、そもそも3次元の距離によらなくなるでしょう。

これを巻き上げられているというそうですが、kanpou漢方凡人の私にはさっぱりです。
と「4D」という漫画を読んで、感慨にふけっていましたとさ。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/lovenakazima/25340