16歳・池江は6位 メダル届かずも日本人初の56秒台マーク 女子100バタ

◇リオデジャネイロ五輪競泳 女子100メートルバタフライ決勝(2016年8月8日)

 女子100メートルバタフライ決勝に、池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)が出場し日本新記録となる56秒86で6位。メダルには届かなかったが、日本人初となる56秒台をマークした。

 池江は準決勝同様に前半は控えめなレース。7番手でターンし、後半に勝負をかけた。後半はレースプラン通りに追い上げを見せ、またも日本記録を更新。3位まで0秒23差とわずかにメダルには届かなかったが、日本人初となる56秒台をマークした。

 今大会は日本勢最多となる7種目にエントリー。予選でいきなり57秒27の日本新記録をマークし、続く準決勝ではそれを上回る57秒05を叩き出して全体の3位で決勝に進出した。

 準決勝では、前半に飛ばして後半にバテた予選を反省して「前半控えめに」と作戦を変更。このプランがはまって日本人初の56秒台が視野に入り、「とにかく56秒台という目標を達成したい」と新たな目標を掲げていた。

 体脂肪が20%近い女子選手もいる中、池江は11~12%台。昨秋解禁した“筋トレ”の効果も表れ、体重は春から2キロ増とパワーアップした。両手を広げた時のリーチは身長より14センチも長い1メートル84。海外勢にも引けを取らないミラクルボディーで三重県選手権(7月10日)では、50メートルバタフライで25秒50の日本記録を更新していた。

蔵八宝
頂点3000
九州神龍
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/lovewhisky/26399
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
4
5
6
7
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
30
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others