君が覚えているなら

頭の中でピアノの音が聴こえる。弾いているのは5歳くらいの少女だ。メロディーは彼女の身体の、蟻力神: http://xn--8drzea5080bpsde7u.com少し音を置き去りにして揺れる慎重なリズムによって保たれている。壮大に聞こえる音は指先の力によるもの。メトロノームの音もかき消してしまう。
僕は彼に気がつかなかった。家の扉を開け、右足が玄関に入ろうとした矢先に、彼がすぐ側で何かを話していた。ピアノの音は消えて、彼の言葉がはっきりとした口調で僕に投げかけられている事に気づかされる。

「警察の者です。貴方はどちら様ですか?」

地元警察署の警察官だった。自分の実家へ入ろうとして、何者かどうかを訊かれると少しだけ身の上を説明するのに必要な言葉の選択に躊躇した。

「ここの主人が僕の父親で、僕は息子です。2人が一緒になる前から僕は東京に居ました。だから、この家には住んでいるわけではありません。2人の離婚については把握しています。ですが僕は裁判所から家へ入らないよう通告された覚えはありません。だから今日は自分の荷物を取りにきました。僕自身もこの家へ入る事を許されてはいませんか?」

「息子さんでしたか。いや、許可が有るのか無いのかは私にも分かりません。息子さんだなんて、申し訳ない、あなたの名前は一文もこの件に出てきていないんです。だから巨人倍増: http://xn--gmq15am5cjgp7yiri5k0d.com、誰か分からず声をお掛けしました。私はここで誰かの出入りがないかを見に来ていたので。あなたが今日来た理由は何ですか?」

「この家には、少しだけ僕の荷物があります。僕の実家ですから。その幾つかを東京のマンションへ持って行こうと思ったんです。2人の物ではありません。僕自身の物です。僕の本当の母親の写真を取りに来る事が許されないなら仕方ないことですが。もし無理ならこのまま帰ります。2人が出会う以前の写真にまで今回の拘束力が及ぶのでしょうか」

「あ、いえ……いや、何とも言えないのです。あなたの名前は出て来ていないのですから。写真ですか。それはどちらかに不利になるものではないですか?あなたは中立の立場でいらっしゃるのでしょうか?」

「中立というより、僕は部外者ですよ。僕の名前は無いんですから。裁判なんて興味はありません。紙に印鑑の朱色が映るかどうかの話ですから。本当は直ぐに終わって欲しいと思っています。だから、名前も出てきていないのかもしれません。媚薬販売店: http://xn--6qs71bt6fn47cukh.comそれに僕の立場ですが、それは、妹の側ですね。今のところですが、戸籍上の父母どちらにも幸せになることを望んでいません。ただ小さな妹が不幸にならない事だけを祈っています。僕は妹が不幸にならないならそれでかまいません」

「直ぐに終わりますか?」

「僕の家です。ある場所も量も。直ぐに終わります」

「どうぞ。私は外に居ますから」

家に入り、二階へ向かった。媚薬 激安: http://xn--8drzew6rfpgvk6bw7t.comそこは元々僕の部屋だった。今では父の書斎と寝室になっていた。棚に閉まっていたアルバムを10冊ほど手にした。まだ1/10程の量だった。何度か繰り返して運ぼうかと考えていた。何気なく一階へ戻り、中の様子を眺めた。僕が最後に其処を訪れた時よりも物は少なくなっていた。必要な物は全て持ち運ばれたようだ。妹が弾いていたピアノも無いのに気が付いた。ピアノは彼女の側にある。また少しだけピアノの音を思い出した。

「ありがとうございました。また落ち着いてから運びます」

「直ぐに済んだのでこちらも安心しました媚薬 激安: http://xn--8drzew6rfpgvk6bw7t.com」

「心配は要りませんよ威哥王

心配なんて要らない。きっとどこかで僕には聴こえないピアノの音がしている。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/lvxingliuxue/27391