巨人ヤバイ…DeNAと2・5差 高木のボーンヘッドに由伸監督あきれるばかり

「阪神4-1巨人」(19日、甲子園球場)

 敵地から失笑が漏れるほどのボーンヘッドだった。巨人が4点を追う三回、2死二塁。長野の右翼線二塁打で二走・高木のスタートが大きく遅れ、本塁に生還できず。高橋監督も「よく分からない。本人に取材して」とあきれるミスが響き、甲子園で今季初黒星を喫した。五夜神生精片

由伸監督、思わず顔を覆った!高木の凡ミスに怒り隠せず「本人に取材して」

 流れを変えるはずの1点を手放した。打球が右翼線を転々とする間も、二塁ベース付近に立ち止まっていた高木は「見失ったというか…。ボールがどこに行ったか分からなかった」と落胆。“ド天然”の性格が、思わぬところで出てしまった。街頭覇王睾丸素

 敗因は5安打1点に終わった打線全体にもある。ただ、指揮官は「ひとつのミスで乗り切れなかった」とぶ然。村田ヘッドコーチも「論外。プロ野球選手としての問題」と、怒りの矛先を高木に集中させた。

 CSファーストS進出を決めた3位・DeNAとは2・5差。高橋監督は「まだ決まっていないことがありますから」と2位死守を誓うが、いよいよ尻に火がついてきた。男用99神油(早漏改善)

「50秒関ヶ原」の舞台裏は?真田家目線貫いた三谷氏脚本

天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いがたった50秒ほどで描かれた。NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の大胆な演出にはどんな舞台裏があったのか。制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサー(CP)に聞いた。

「真田丸」で信幸(大泉洋)の妻・稲を演じる吉田羊。夫に対して冷たい態度を取ることも

巨根カブセル

 第5話「窮地」(2月7日放送)で描かれた本能寺の変(天正10年、1582年)がわずか20秒で済まされ、当時衝撃を持って受け止められたが、関ヶ原の戦いも実にあっさりしたものだった。

 番組終盤、「9月15日、石田三成率いる8万の軍勢は関ヶ原に陣を張った」と有働由美子アナウンサー(47)のナレーション。石田三成(山本耕史)が「いよいよだな」と言うと、大谷刑部(片岡愛之助)は「いよいよだ」と応じる。

 次のシーン。再び有働アナのナレーションは「対する徳川家康軍は9万。天下分け目の大戦さが今、始まろうとしている」。徳川家康(内野聖陽)の陣が映し出された。

巨根カブセル

 いよいよ合戦が始まるのかと思いきや、次のシーンは第二次上田合戦で徳川軍を退けた真田軍の祝宴(上田城)。そこへ佐助(藤井隆)が現れ、真田昌幸(草刈正雄)や信繁(堺雅人)らに関ヶ原の戦いの結果を報告し、第36話は終了。関ヶ原の戦いは実質たった2シーン、約50秒。合戦シーンはなかった。

 屋敷CPは「今回の関ヶ原の描き方は本能寺以上の衝撃をもって受け取っていただけるんじゃないかと思います」と自信を口にし、「真田家にとったらそうだったかもしれないなという、ものすごいリアリティーがあります。長野で戦争をやってた人が、岐阜と滋賀の県境ですかね?そこであったことを当時の伝達手段で知るというのはそういうこと」と作品の芯である「真田家目線」を貫いたらこうなると説明した。

 とは言え、脚本を担当する三谷幸喜氏(55)から台本を受け取った時は「ここまで潔ぎのいい…すごいな」と衝撃を受けたという。関ヶ原の“当事者”を演じた内野や山本らがどう受け取ったか尋ねてみると「戦う場面にドラマがあるときもありますけど、そういうことを求められているドラマではないことは皆さんわかっているんじゃないですかね。プロセスというか、過程に皆のドラマがあるっていう三谷ワールドのことを出演者の方はわかっていると思うんですよね。そこを楽しんでらっしゃると思います」と話した。

巨根カブセル

〔台風12号〕鹿児島県十島村で50年に一度の記録的大雨 土砂災害などに厳重警戒(9/3)

台風12号に伴う発達した雨雲の影響で、鹿児島県奄美地方では所によって1時間雨量が約120mmに達する猛烈な雨が降っており、3日14:47、名瀬測候所は「鹿児島県十島村では、50年に一度の記録的な大雨となっているところがあります」とする情報を発表しました。土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒が必要です。
男露888

■気象概況
【1時間雨量】
・鹿児島県 中之島  121.0mm(~3日13:58)≪史上1位≫

■防災気象情報
【記録的短時間大雨情報】
・約120mm:十島村付近(~3日14:00)

魔根

◆用語解説「50年に一度の大雨」
・2013年8月からの大雨特別警報導入にあたり、気象庁がその客観的指標として定めた値。1991年以降の観測データから、50年に一回程度の頻度で発生すると推定される降水量及び土壌雨量指数の値で、過去50年の間に実際に観測された値の最大値というわけではない。実際に大雨特別警報が発表されるためには更に複数の条件が設定されているが、特別警報が発表されていない場合でも、当該地域では厳重な警戒が必要である。