巨人ヤバイ…DeNAと2・5差 高木のボーンヘッドに由伸監督あきれるばかり

「阪神4-1巨人」(19日、甲子園球場)

 敵地から失笑が漏れるほどのボーンヘッドだった。巨人が4点を追う三回、2死二塁。長野の右翼線二塁打で二走・高木のスタートが大きく遅れ、本塁に生還できず。高橋監督も「よく分からない。本人に取材して」とあきれるミスが響き、甲子園で今季初黒星を喫した。五夜神生精片

由伸監督、思わず顔を覆った!高木の凡ミスに怒り隠せず「本人に取材して」

 流れを変えるはずの1点を手放した。打球が右翼線を転々とする間も、二塁ベース付近に立ち止まっていた高木は「見失ったというか…。ボールがどこに行ったか分からなかった」と落胆。“ド天然”の性格が、思わぬところで出てしまった。街頭覇王睾丸素

 敗因は5安打1点に終わった打線全体にもある。ただ、指揮官は「ひとつのミスで乗り切れなかった」とぶ然。村田ヘッドコーチも「論外。プロ野球選手としての問題」と、怒りの矛先を高木に集中させた。

 CSファーストS進出を決めた3位・DeNAとは2・5差。高橋監督は「まだ決まっていないことがありますから」と2位死守を誓うが、いよいよ尻に火がついてきた。男用99神油(早漏改善)