一人の味

想い人の笑顔は、そんな澎湃の気持ち、まるで団燃え盛る火が燃えて、個人を懐かしむのは良くて、彼はすべてを忘れたのではないか、その想いの感じ、まるで針など火心焚焦、会うとは会えない、忘れたくても忘れられないで、数が少ないつの眠れない夜、目を開けて着いて夜が明けて、頭いっぱいは彼(彼女)の影を考えていて、とPretty renew 呃人彼女の美しいと思って、かつての約束はとっくに消え去る煙も、一人だけ涙そっと流れない、最も寂しいことを恐れるの真夜中、寝返りがて思念一人の影で、時にはくせが遠くなって、もう連絡して、心の中はまた彼の(彼女)と思って、この映像を振るの行く孔聖堂好唔好、深く心に刻まれた……

毎回失恋、苦痛の刃心肝を見ていて、だんだん遠く去る後ろ姿と、心が溶けていくのが散乱して、矢を刺し肺肝肝胆、垂らす血を、塩を、涙はすでに枯れ、非情な生活の過去を断ち切るの誓いを知らないで、どこにその花びらは日、このように惨めな失恋戦線、本当の愛の人はどのようにこの中の味を体得して、やさしい心が千々に乱れるInvisalign隱適美、忘れない、忘れない、忘れないかつて最も美しい縁、最も動悸の恋、一人は失恋して長いことができなくて、恋人に直次性ゼロ、最高の解凍方法は急速にの1度行って新しい恋をして、これは愈しの最高の処方、何よりも早く来て、人は生きるのは一種の精神で、1種の気質と自己、自分が出てくる、心もならないから傷つけた!
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/mdsae/14746