子宮頸がんワクチン集団提訴へ=国と製薬会社に賠償請求

子宮頸(けい)がんワクチンを接種した若い女性らが全身の痛みなどを相次いで訴えている問題で、被害者連絡会のメンバーらが30日、東京都内で記者会見し、国と製薬会社2社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を6月にも起こす方針を明らかにした。
三体牛鞭
 子宮頸がんワクチンの「副作用」を問う訴訟は初めて。全国弁護団によると、提訴先は東京、名古屋、大阪、福岡各地裁で、現在の参加予定者は12人。4月以降に説明会を開いてさらに原告を募り、早ければ6月に一斉提訴する。

 訴訟では、国によるワクチンの承認や接種費用の助成などを問題視。製薬会社には製造物責任や不法行為に基づいて賠償を求めるという。

 問題のワクチンは、英グラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」と米メルクの子会社MSDの「ガーダシル」。それぞれ2009、11年に日本国内で承認された。
魔根
 国は10年11月からワクチン接種への公費助成を開始。13年4月からは小学6年~高校1年の女子に接種の努力義務を課す定期接種としたが、痛みやけいれんを訴える声が相次いだ。

 このため、厚生労働省は同年6月から積極的な接種の勧奨を中止。症状を訴える人の実態や、接種と副作用との関連を調査しており、勧奨再開のめどは立っていない。

 会見には、原告となる4人が出席し、深刻な症状を訴えた。山梨県の高校2年生望月瑠菜さん(17)は「やりたいことがたくさんあったのに諦めた。たった1本のワクチンに人生を奪われて本当に悔しい」と涙を浮かべた。埼玉県の大学生酒井七海さん(21)は「国や製薬企業は私たちと向き合い、同じことを繰り返さないでほしい」と語気を強めた。

宮城・野蒜小の津波訴訟、市に賠償命令 仙台地裁

東日本大震災の津波で、避難場所だった宮城県東松島市立野蒜(のびる)小学校の体育館などで犠牲になった3人の遺族が、市に計約5300万円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁(大嶋洋志裁判長)は24日、1人について学校側の過失を認め、市に約2660万円の支払いを命じた。他の2人については請求を棄却した。
催淫カプセル
 訴えによると、2011年3月11日の地震発生後、86歳の女性ら住民2人は、市の防災計画で避難場所に指定されていた野蒜小に避難。校長らに体育館へ誘導され、犠牲になった。また、同小3年だった女子児童は、体育館で友人の親に引き渡されて自宅に向かい、津波にのまれたとされる。判決は、この女子児童について学校側の責任を認めた。
蟻王
 遺族側は「カーラジオなどで情報収集をしていれば、大津波が来ることは予測できた。防災計画が定めていた校舎の2階以上に避難させれば、死亡しなかった」と主張。児童についても「自宅は学校より海側にあったのに、安全を確認しないまま帰宅させた」と訴えていた。

 市側は「停電でテレビやラジオは使えず、情報収集は困難だった」と反論。「野蒜小や児童宅は浸水想定区域の外で、津波は予測できなかった」と主張していた。

ISの化学兵器攻撃で負傷した3歳少女が死亡、イラク

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の化学兵器を使った攻撃で負傷し、治療を受けていたイラク人の3歳の少女が11日、入院先の病院で死亡した。医療情報筋や当局が明らかにした。
夜夜堅
 イラク人権委員会(Iraqi Commission for Human Rights)のマスルール・アスワド(Masrour Aswad)氏は「女の子は、呼吸器合併症と腎不全で死亡した。タザ(Taza)でISが使用したマスタードガスが原因だ」と語った。

 今月9日にイラク北部キルクーク(Kirkuk)のすぐ南にあるタザが化学兵器による攻撃を受け、死亡したファティマ・サミル(Fatima Samir)ちゃんを含む数十人が病院に搬送されていた。
アリ王
 アスワド氏は、ISが支配している近隣のバシール(Bashir)からタザに向けてマスタードガスが充填(じゅうてん)されたロケット弾が発射されたと語った。塩素ガスが使われたとする治安当局者もいる。

 ISは両方の化学兵器を過去に使用したことがある。情報当局は集めたサンプルの分析を進めている。これまでのところこの種の化学兵器攻撃による死傷者の数は少なく、軍事的な影響より心理的な影響の方が大きいとされている。映像はキルクークの病院で手当てを受ける人々。

サメ警戒ドローン、オーストラリアで運用開始!

以前にも報じられたオーストラリアでの「サメ事故の警戒&救助ドローン」の導入ですが、とうとう同国の救助部隊は今週からその運用を開始しました。
 狼一号
このサメ警戒度ローン「Little Ripper」は高解像度カメラを搭載し、サメを発見して海水浴客を助けるために利用されます。またカメラによる撮影だけでなく、緊急事態の場合には「医療機器やサメ撃退グッズ、3人乗りの膨張式イカダの入ったポット」を投下し、積極的にサメによる被害者を支援することもできます。
 
なお、Little Ripperの元となったドローン「Vapor 55」は150分間もの空中浮遊が可能です。また、現在はサメの種類を識別するソフトウェアについても開発が進んでいます。そして、Little Ripperの機体価格ですが…なんと1台あたり25万オーストラリアドル(約2000万円)もします! そこらの高級車なんて目じゃないほど高額なドローンです。
 d10媚薬
導入地域はオーストラリアのニューサウスウェールズ州。昨年には14人もの人がサメに襲われ、そのうち一人は死亡しています。オーストラリアは昨年よりサメ警戒ドローンのテストを開始していました。今後、このドローンが成果をあげれば40機の追加ドローンがオーストラリアの沿岸地域を警備する予定です。
 
ドローンによる警備業務は人件費を抑えることで「コストの削減」が期待されています。従来はヘリコプターで行なっていたこのようなサメの警戒業務も、ドローンの力を借りることで低コストかつ緻密な警備が可能になりそうですね!