脳内恋愛

ネットだから脳内恋愛をすることがあっても仕方ないとは思うんだけど

知り合ってすぐに脳内恋愛をしてしまう人がいます。

ちょっとやりとりしたからって
自分の女扱いするとか…

あと、ありがちなのが
下ネタに走って妄想されること。

妄想されてしまったら、実際に会うことはないでしょう。

だって、妄想で美化されてしまってるんだもの。

会った時にガッカリされちゃいますよね
想像してたのと何かが違う…って思われて
次に続かないんだもん。

実際に出会いを求めているなら
脳内恋愛や妄想は止めましょう(^^;

漢方薬
ED改善

家の中の蜘蛛

いつもは寝室のベッドの上でゴロゴロしている娘が
珍しくずっとリビングにいます。

理由は、寝室に蜘蛛がいるから!

虫を手掴みしちゃう息子でも
蜘蛛だけは足が8本あるから
「あれは虫ではないから無理!」と言って退治してくれません。

私も虫は苦手なのですが、必要であれば
どうにかして退治はできるんだけど
蜘蛛を退治しちゃったら、また娘が寝室に行ってしまうので、退治してあげません(笑)

意地悪なお母さんでごめんね( 〃▽〃)

冷たい雨の朝

大地から
小さな芽が
顔を出す

小さな芽は
不安と寒さで
凍えてる

山は 登っておいでと
海は 泳いでおいでと

優しさの
こんがりをくれる

私は 何も出来ずに

ただ 頑張ってと
思う・・・・・・・・・・・・・・そして
小さな芽に 負けないように
生きてみよう

自分の持ってる
拙い思いでも
小さな芽に
温かさ あげられるだろうか

・・・・・・・・・・・・・・・・冷たい雨の朝

アレルギー?

相変わらず寝てる時にバンザイして服をチュパチュパしてる。
私はそのチュパチュパ音で目が覚めた。
寝ながらチュパチュパしてたから、ちょっと様子見てたら泣いた。
泣いたから本物のおっぱいをあげて、よく飲んでご機嫌。

2時間くらい起きて、泣いて飲んで寝た。

2ヶ月を過ぎて、最近は何でも口に入れるようになり始めた。
口に入れなくても、舌を出して舐めようとしてる。
手遊びしてても舌を出して舐めようとする。

気をつけなきゃ…

口元に持っていけば、チュパチュパするか舐める。

タオルやガーゼを握らせて、服をチュパチュパするのから移行させないと…

昨日お風呂に入れて、顔をガーゼで拭いてお風呂から出たら顔がブツブツ!
アレルギーだろうか?
調べても乳児湿疹ばかり出てきて、私が知りたいことは見つかりませんでした。

しばらくしたらブツブツは引いたから、やはりアレルギーかな(-"-;)
顔中が赤いブツブツ。
そんなの初めて!

ガーゼは前から洗って使ってるからダメなわけではないはず…
ベビーソープも同じ。
何がダメだったのかわからない。

アレルギー検査した方が良いのかな…
やっぱりアレルギー体質は遺伝するのか~

私自身、アトピーと何かでのじんましんも出るアレルギー体質ではある。
そんなにダメなものはないはずだし、食物アレルギーも特にないけど、子どもは弱いのかも…

生活するのに不便なアレルギーは持ってないで欲しいな…
娘も私もアレルギー検査しようかな~
一人がやるなら二人でやっても!
保険がきくなら…

やるなら早い方がいい。
アレルギーで危険になるより、調べておくべきだと思うけど…
お金かかるかな?

ED改善
ペニス増大

絶頂の種類-連続絶頂

今日は女性の絶頂の種類についてご紹介したいと思います。

一口に絶頂といっても絶頂感は進級していくのをご存知でしょうか?
初めて体験した膣の絶頂感を赤ちゃんレベルとしますと、女性は絶頂を得るたびに、
幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生、そして社会人レベルへと進級していきます。

絶頂感は最初は軽いのですが、絶頂を得るたびに深く、長くなっていきます。
そして、あるレベルを超えると絶頂中に次の絶頂が押し寄せる、連続絶頂の初期状態が始まります。

さらに、連続絶頂を何度も経験していくと、イキっぱなし状態になります。
イキっぱなし状態は『連続オーガズム』というアメリカの性医学論文で発表されたものです。

私は高校生の頃、この論文を読んで女体の神秘に憑りつかれました。
何故なら男性は一回射精したら終わりだからです。

いくら若くて元気でも、次の射精までは10分以上は間を置かなければならないでしょう。
ましてや年齢を重ねたら一日一回が精いっぱいではないでしょうか。
それも無理という男性も当然いますよね。
でも女性は何歳になっても連続絶頂を体得できるのです。

連続絶頂を体得すると、その先には快楽園を彷徨う失神状態がやってきます。
イキながら頭が真っ白になり、気を失いながら微笑みが漏れてきます。
それはまるで菩薩様の微笑、天使の微笑のようです。
煩悩がすべて抜け落ちて、生まれたばかりの無垢な姿がそこにはあります。

だからこそ絶頂を得るほど女性は心穏やかになり優しくなれるのでしょう。

このときの女体の変化は見事なものです。
肌が見る見るうちにピンク色に染まり、艶やかになり、輝いてきますから。

でも女性の絶頂にはまだ先があります。
それは複合絶頂というものです。

それについては、次回ご紹介したいと思います。