[全国高校野球県大会]球児の夏 開幕

第98回全国高校野球選手権県大会は8日、盛岡市の県営野球場で開会式が行われ、甲子園を目指した熱戦が幕を開けた。初日は1回戦2試合が行われ、釜石はコールド勝ちし、盛岡市立は乱打戦を制した。9日は3球場で1回戦2試合と2回戦7試合が行われる。

◆盛岡市立 乱打戦制す

◇県営野球場

 釜石―遠野緑峰 釜石は六回、5長短打に敵失を絡めて4点を挙げて、勝負を決めた。投げてはエース岩間が粘り強い投球で、相手打線を散発3安打に抑えた。遠野緑峰は六回、1番阿部がソロ本塁打を放ったが、及ばなかった。
魔鬼天使muira puamaII
SPANISCHE FLIEGE D5
男露888
 盛岡市立―盛岡北 盛岡市立は同点で迎えた八回無死満塁、岩崎が2点適時打を放ち、勝ち越しを決めた。盛岡北は三回までに敵失を絡めて4安打で7点を奪ったが、その後打線は沈黙。投手陣の制球難や失策も響いた。