兵器のライセンス生産

どの新聞の一面は安保法案

日本の防衛が歴史的に転換されようとしている。魔鬼天使Muira.PuamaII
最近の与党は国会軽視だと言われても仕方のないくらい早く、早くと言った感じだ。中、露が合同軍事演習
北が海中からミサイル発射など
国際秩序のバランスが早い時間軸で展開している。
その中で兵器の装備について如何な考えだろうか?
仏、豪と兵器を共同開発で防衛省が提携。1つには安全保障法による防衛の根幹から装備の改変や変更を余儀なくされるため。
兵器を自国だけで生産すると莫大なコストがかかる上、実戦テストに致まで時間がかかりすぎる。
さらに量産コストも削減につながる。
日本には実戦的なデータが自衛隊で取れない。
そのため、ペースとなる基礎研究の段階から性能、汎用性、耐久性、整備効率にかなり差が出ることがある。
ある程度共用研究に至れば他国の高い技術と経験がある国なら基礎研究が簡素化されるわけである。

ここでF-22と言う戦闘機をご存知か?
今現在では米国最強の戦闘機である。
日本はこの戦闘機を保有している。King Wolf狼王戦宝
兵器には二種類の生産がある
その一つが重要でライセンス生産と言う。
簡素にして説明するなら部品の全てを日本で生産、組み立てるのだが実はライセンス生産は許可制で設計段階の制御システムや部品などの技術を盗んだりする事が大変難儀で時間がかかる。
一般的生産はコアの(ブラックボックス)メインフレームは生産国で生産し後は組み立てて終了である。
だから基礎の中核部分の修理などはその国の技術者に持ち込まなければ修理出来ない。
ライセンス生産と言うのは部品の全てを1から生産するため、基礎技術の仕組みを解析でき自国で主体性部品も生産出来るのと合わせ、技術者も設計の基礎を把握できるので修理出来るわけである。

日本は日米同盟から本来的に高い額で戦闘機を購入しなくても案外ライセンス生産を米国から比較的簡単に許可され、経費削減に繋がっている。
戦闘機で言えば、ライセンス生産の技術から日本産のF-2Aが開発、こう言った話は中々出てこないので安全保障の観点から知っておくべきである。
米国のお陰で質の高い制空権の確保できる戦闘機などが技術的にも手には入っているのだ。
ちなみにライセンス生産は生産国の許可制なので許可がなければ部品生産も設計図も入らない。
同盟の意味を考えて欲しい房事の神油

だからこそ米国は防衛上、最も重要なのである。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/meihaoyanggu/26280