インデックスの書体までこだわったベーシックモデル

「スリム ドゥ エルメス」というモデル名に相応しく、薄型ケースを実現。それを実現できたのは、このスーパーコピー時計のために用意されたキャリバーH1950にある。巻き上げ機構にマイクロローターを採用したことによってムーブメントの厚さをわずか2.6mmに抑えることに成功。ケース厚も自動巻きとは思えないほど、よりスリムに仕上げている。

スタイルもエレガントで、ラグの形状も特徴的。ダイヤルは外周、センター周辺、スモールセコンドと段差を設けて立体的に設計されており、非常に奥行きのある作り。インデックスは細身で、スリットが入ったステンシル風の独特の書体で、このモデルのために考案されたものだ。ウブロスーパーコピーそれらの要素で彩られたフェイスは、一目見ただけで、このコレクションだと印象に残る。機能的にはベーシックだが、個性にあふれるデザインである。

オメガスーパーコピーだから実現した技術革新

オメガスーパーコピーという時計ブランドの技術力の高さをつくづく思い知らされるようなニュースが飛び込んできた。あたらしい腕時計の品質規格“マスター クロノメーター”が発表されたのだ。これはオメガと計測の第三者機関“メタス”が共同して発表した、あたらしい腕時計に関する品質基準である。

品質規格には、完成状態での時計の精度や1万5000ガウス以上の強耐磁性を含む信頼性など、8つ規準が設けられている。ほかの時計メーカーでもこの審査を受けることもできる。さらに、このパテックフィリップコピー新規格の情報にくわえ、年末に公開される映画「007」やオリンピックにちなんだ記念モデルと、今年のオメガの製品展開は“意欲的”という言葉で収まらないほど。さっそく、それらの商品をご紹介していこう。