六月清喜び、心媚な陽

朝から、軽く巻カーテン、緑の葉の間が噴き出した一枚の赤い、好奇心があって、前のチェック。今年は挿し木の薔薇雪纖瘦黑店が咲いた花。小さなつぼみ緑間で恥ずかしそうに首を伸ばし、痩せて幹、小さな葉だが、今年はないそれは開花の季節、思い付いていないで、期限どおりにして、それも予定通りに咲いた。を撫でてあの薄い花びら、淡い香に心を。小さな喜びが心の底でぼかして。

まだ葉に露でつけて、1匹の白い蝶にとどまってそっと飛来して、その蕊。蝶キス蕊の間、酔った誰かの目?逃したくないこのシーンを撮って奪い取って、急いで携帯。蝶の長い間滯在花蕊の間、舎て去って。

は満足な撮影技術に発して空間、友は「生活の中には美に不足するのではなく、美しさを発見するの目」は、私は特に雪纖瘦黑店彼女に賛同し、大きな笑顔。美しくて、心の中では、身の回りで、我々だけでは忙しくて、丁寧に発見して、楽しむ。

花見を花言葉;雨、風雨ぴいぴい;山を見て、山水微笑んで、観雲、雲は飄々として、ではない美ではありませんて、幸せではなく、その小さな喜び心に秘め、いつでもそそのかすからあの気持ち。ただ失って行く一草、一樹一木、心に簡単には、清喜満ちる心。

清らかに冷たい淺い夏が好きで、綿衣を着て襲って、多くない貴重で、ただ好きなだけが好きで、あの柔らかふわふわ生地。もう数年を着て、いつも舎てられないかもしれないが、自分の昔を懐かしむ。時々、これらの古い字は、その記憶は一輪の花のような空気乾燥、とっくにぼやけて、あれらの小文字でいつも思い出してあれらの雪纖瘦黑店年回り歩いた暖かさと喜び。時間の中の人と事に、ずっと心の中で住んでいて、文字に、時代を経て、まるでその念願の服は舎てないで。美しくて、ずっと心を信じよう、媚陽、すべてのつきあいと已逝の歳月が心の底で花の瀋香、遥か長い。

人生の1世、浮生夢、一部の記憶ではないし、時間をつぶして、いくつかの、美しいのもではない年月に暗い。色とりどりの花の春はついつい四季の流れ、同開幕時総会開会、この終演時終演。日はいつも無言でだんだん音が遠く、すべての帰れない最初の様子。もし全ての経路や思い出が書いて歳月素白の付箋、ついに発見して、いくつかの念、静置心の奥で。光陰は長いが、简静安暖かい。例えば蝶折の記憶は、時間の中で咲く花の姿に、窓の風景明媚一心、指先に立ち上る生香。

これまですべてくたびれて、歳月の中で厳しい行、惟願いだけは過分の望みがなくて、歳月静、安然行く。いくつもの雨、私は知っていて、いつもある人と私を命のように。困難を共に切り抜ける、患難付きまとって、語が辛くても、無言の世の変転、寒暑を織り交ぜた光陰に一緒に築夢、ただ彼の手と手を取り合って、ゆっくりと優雅に老いて行く。老いの一日があれば、静かなところを探して、共有清。いらないの豪邸をたった1小屋、風雨を避ける必要がないことができる;多ぬくもりだけ窓、太陽の光が差し込んで1メートル心房;必要ない車があって、肩を並べて見だけ必要が斜陽;山海の珍味必要がない、粗食だけで、愛に心の中でいい。

手を携え、抱き合って夏の一角で、花、花も笑う;雲を眺めて、心に雲が漂っ;種の野菜を植えて、鍬草を鋤くを飼って、1群の後、靑空の下で感懐も引き止め淡い喜び、田野に静かに淡泊の遠い感じを花言葉、花と木閑に舞い;度、淺考え事を訴え、執筆を挙げて書き始めて、年回り

淺い本で、愛と暖かとは淺く澄みきっているの歳月を贈るの清。

そのジョークは

「パパブッシュが集中治療室へ」
というニュースが世界を駆け巡っている。

この元アメリカ大統領が、どのように評価されているかは、
知るところではないが、
その夫保濕人であるバーバラ女史が発したジョークは、
今なお、評価されているようだ.
そのジョークは、
1992年に、当DR集团時の大統領であったブッシュ氏が来日し、
首相官邸での晩餐会で倒れるという事があった。
その翌日、バーバラ女史が、
演壇に立ち、
「あれ(倒れたこと)は、アマコスト大使のせいですよ。
彼からテニスに誘われて、
夫と大使のペアが、皇太子夫DR集团妻ペアに負けてしまったためですよ。
何しろ、
ブッシュ家は、負けるのに馴れていませんから、、」
というジョークで、その場をなごましたという話がある。
たしかに、ジョークや笑いには、
その場の緊張を緩和させる効果がある。

第2次世界大戦中の強制収容所の事について書かれた
フランクルの著書『夜と霧』の中に、
強制収容所で、彼の友人と
毎日一つは、笑い話を作るという取り決めをするくだりがある。
そして、
「ユーモアは、自分を見失わないための魂の武器だ」
とも語っている。
緊張した場面で使うと、ジョークは絶大な効果がある。

そして、そのジョークを言った人の気遣いの精神や
ウィットが評価される。

だけども、能天気にウケもしない駄ジャレを飛ばすのは、

タダの「おやじ」。