あたしはいつだっ

としゃれのめした。ーーー 
 いい友達がある。それだけで何よりの喜びね。今に語り合えるようになりますね。
いつも思うのよ。頭に描いている光景にDR Max 教材は必ず、なるものです。頭に描いたらいいよ。
 私も、最近はみんなが年を重ね、飲む機会がグッと減ってきて、少々 寂しいです
が、飲むと車の運転が駄目なので、狭い我が家に泊まって朝早くご主人がおきる前に
帰ってゆく。もう楽しいのよ。3?4人泊まり、早くねる人ずーと話す人、いろいろ
でね。まるで修学旅行よ(笑)おばあさんのね。フッフッフ。
 ということをしていたのよ。みんないい友達よ。あなたも、ちゃんと、
なりますよ。楽しみにね。
 最近は、みんな そういう元気が年DR Max 教材と共に消えてきたなあーなんて思うわ。これも




あ~あ海だテレビで海が映されたいいなあ―海にいきたくなるな

 春がくる海にゆこうかあー春来たら海で朝陽や夕陽を見よう

 ブランドは縁も所縁もないDR Max 教材けれどココ?シャネルの人生凄し

 美しきシャネルの言葉「モードは変わる?スタイルは不変」

 忙しげに待ち行く人はせかせかと暇な老婆の我はよたよた



「ココ?シャネル
という生き方」山口路子著より
 
 コピーされるのは誇らしいこと

 時代の空気をいち早くつかまえるのがデザイナーの役目だとしたら、
他の人たちが同じことをしたって、不思議ではない。あたしがパリに漂
い、散らばっているアイディアにインスピレーションを得たように、他
の人があたしのアィディアにインスピレーションを得ることもあるだろ
う。
 
 このように考えるシャネルは、いわゆる著作権というものに興味がなかった。
シャネルにとってコピー問題は成立しないのだ。他のデザイナーたちは意匠権
{著作権の服装}を守ろうと動いたが、シャネルはこれに同調しなかった。
 これが他のデザイナーとの対立を生むことにもなった。
モードについてシャネルは言う。

 魅力あるつかの間の創作ではあるけれども、永遠の芸術作品ではない。モード
は死ななければいけない。それもできるだけ早く。そうでなければビジネスにな
らない。------
 ----「しろうと」デザイナーの武器ーーー
 今まで見てきてわかるように、シャネルは他のデザイナーのように、ファション
というものを「勉強」したこともないなければ、だれかのもとで「修業」せたこと
もなかった。

 誰もあたしに何ひとつおしえてくれなかった。あたしはすべてを自分
 ひとりで覚えた。
そして、成功した。なぜ革命的といわれたのか自問するときもあった。
 答ええは次の通り

 あたしは確かな「嫌悪の精神」を持っている。

 あたしはなにより、嫌いなものを作らない。

 才能を使って、嫌いなものを一掃した。それが成功に結び付いた。
 
 絵も描けないし、縫うことも出来ないし、カットもしない。ただ「知っていた」
 何が必要か、何を生みだすべきか、何を生みだすべきか、知っていた。
また 独自の「エレガアンス」を持っていた。だからエレガントな服が欲しか
 った。繰り返し。言う。


 あたしは自分が着たい服を着ただけ。て自分が着た
 いと思うもの以外、作らない。-----

春待つ心は嬉しき哉

「まだまだ、2月中は厳しい寒さですよね」と声を掛けたら
「はだか祭がすまないとね」とお会いした方が言う
アッそうだ いつも 明治の亡き母は
言っていたなあーと、思いだした。他の人と違ってた。
「奈良のお水取りがすむと春が来る」と……

認められないと

「嫌だ」
 彼は妹から眼を逸らさずに、言い放った。
「俺は先生を好きだから、好きだと言った。愛していelyze好唔好たから、愛し合った。そのことを悪いとは思ってない。いつか先生が俺の存在を必要としなくなった時は出ていくけれど、それまではここにいてもいいと思ってる」
「家族はあなたのことなんて絶対に認めないわよ」
「認めてもらえるなんて最初から思ってない。わかっていて、それでも話すというあなたの行為は、嫌がらせにしか思えない。家族に話をして、先生を孤立させて…それで満足ですか? あなたのいらだちが解消されるんですか?」
 妹がひるんだ隙に、彼は攻め入った。
「先生が悩んだがことないと思ってますか。俺はそうは思わない。先生が悩んで、それでも 『話さない』と決め康泰旅行團たことに、誰も口を出す権利はない」
「結局、あなたは恋愛の美味しいところだけつまみ食いしているのよ。今は楽しいかもしれないけれど、これから先はどうなるの。一生一緒にいるつもりなの?」
「できることなら…」
 妹は腕組みをして、ため息をついた。
「若い頃の恋愛は、誰でもそう思うの。この恋は一生ものだって、勘違いするのよ。けどだんだんと現実が見えてくるわ。恋愛の熱も冷めていく。あなたはまだやり直しがきくけど、兄さんはもう後戻りはできないわ。あなたに出会ったせいで、人生を無駄にするのよ」
 彼と妹の間に、張り詰めた線が見えた。その緊迫感に、松下も口を出せなかった。
「俺と一緒にいる時間が無駄かどうかは、先生の決めることです。あなたの尺度で測れるものじゃない」
「自分たちのことには口を出すなって、そう言いたいわけ?」
 妹は『馬鹿馬鹿しい』と吐き捨てると、足を踏み鳴らしてリビングを出ていった。彼はうつむいたまま、じっと足許を見つ機票優惠める。そんな彼に松下はどう声をかけていいのかわからなかった。そのうち廊下から騒がしい音が聞こえてきて、慌てて覗き込むと服を着替えた妹が旅行鞄を片手にドアから出でいくところだった。
「どうするんですか」
 水を飲む前、部屋で見た時計は午前四時だった。
「出ていくのよ、駅前には二十四時間営業の喫茶店もあるしね」
「ですが…」
 妹は人が寝ている時間だということを忘れたような激しさで玄関のドアを閉めた。こんな時間に一人になる彼女が心配だったが、追いかけて引き止めるような勇気はなかった。…争うことが怖かった。リビングに戻ると、彼はさっきと同じ場所に立っていた。まるで制止画像のような彼に違和感を覚える。ピクリとも動かなかった頭が、フローリングの軋みに驚いたようにこちらを向いた。
「妹さんは…」
 言い争っていた時とは違う、力のない声だった。
「出ていきました。駅前の喫茶店に行くそうです」
 彼が薄く唇を噛むのが見えた。再び、うつむく。
「妹が君にひどいことを言って、すみませんでした」