ほど仲がいい

まさか自分があんなことをして悦ぶ人間だったなんて。信じたくない。
だがこのまま逃走劇を続けていたら、今までなかったナニカに本当に目覚めてしまいそうだ。そんなの嫌だ Unique Beauty 好唔好

そうしてフラフラと歩いているうちに、階段についた。彼はそこを降りようとしたが、とたん下から聞こえたバタバタといううるさい音に足を止めた。
「いぃやああああ!」
誰かが悲鳴をあげている。おそらくは…試験者。自分と同じ立場の人間だ。
 案の定、女の子が一人ひぃひぃ言いながら登ってきた。必死の形相であがり、そして彼を見て心底驚いた顔をした Unique Beauty 好唔好
追っ手に挟まれたのかと思ったらしい。彼は「大丈夫だ」という代わりに、スッとふちに避けた。
それを彼女は猛スピードで――今の彼女にとっては、だが――かけぬけ、逃げ去った。
 それだけなら別に何てことない。だが追われていたということは必然的に追っ手がいるということ。
案の定、彼は彼女を追っていた追っ手と顔を突き合わせることになった。しかしここで、彼は深いため息をつくことになった。
「またお前らか」
「あっ――君は」
「貴方は」
「おっ?!」
よりによって、追っ手は三人。アリーシュとミシェルとエイリスだった。
せっかく逃げだのにまた彼らに会ってしまったこと。彼はいい加減ウンザリきて、逃げる気力もやや失せた Unique Beauty 好唔好
アリーシュはともかく、ミシェルとエイリスは仲がよろしくないのだから別々に分かれて行動すればいいのに、だがまぁケンカするのかもしれない。
 だが四人の硬直は束の間、すぐにアリーシュとミシェルをさしおいて、三人の中で一番はやく階段を上っていたエイリスが掴もうとした。
が、その刹那。彼は前を向いたまま、思いっきり足を下に蹴りだした。
「ぎゃ…」
「うわっ」
「い…っあああっ」
確かな手ごたえ――いや足ごたえがし、どたんばたんと人が倒れる音。
チラッと振り返ると、階段の下に三人が転がっていた。
「おぉ、まさかここまで命中するとは」

笑う人だなあ

伸羅は、今日何度目か分からない溜息を吐いた。
「?伸羅、大丈夫?」
「うん、まあ」
「……あ、そういえば、」
「!」
「今日、もう一人来るから。……って昨日言鑽石能量水ったっけ?」
「いや……」
「まったく、この前の件で働いた分奢れって言ってきてさ」
「……」
「伸羅?……あっ、来た来た」
伸羅はその方向を向いた。そして、
「えっ?」
「ん?」
相手の方も、伸羅を見て驚いているようだ。
「明里、北郷伸羅っていうんだよ。アタシと鑽石能量水同じコピー班の」
「ええっ?ちょっと湧奈、聞いてないよ?」
「何を?」
「だから……ああ、違うのか」
湧奈の顔を見て、明里は言った。
「は?何?」
「いや、もういいよ。北さ……いや、伸羅、ヨロシク!」
「……女の人だったのか……」
「うん?」
「ああ、いや、何でもない。よろしく……えっと……」
伸羅は湧奈を見る。
「え?あっ、そかそか、編集班の室橋明里(むろはしあかり)だよ。入社式の時に知り合ったんだ」
「え、この人も?」
「あは、アタシあちこちウロウロしてたから」
「あ、えと、よろしく」
「うん!」
 よく、というのが伸羅の明里に対する鑽石能量水第一印象であった。
「……ああっ!」
「……どうしたの?」
「あたしも一人呼んじゃった……」
「いいけど、アタシは四人分も奢れないからね?」

無謀なことを思

それが今頃、再婚して1年半で気になり始めた。しかし、今さらそんなことを聞いてもどうにもならないだろう。歩の状況に同情できるとも思えず、健人は何も聞かないこととした。
 洗濯機が終了した音を聞いて、健人は洗糖尿病性黃斑水腫面所へ向かった。籠の中に洗濯物を詰め込んで、2階へと上がる。父と母の寝室にあるベランダへ行こうとしたら、扉の開く音が聞こえた。
「……あ、おはよう」
 寝ぼけているような声が聞こえて、健人は振り向いた。寝ぐせを付けた歩が、ボーっとした表情で健人を見ている。小さい声で「おはよう」と言い、寝室の中に入ろうとしたところで、健人は歩に腕を引かれた。
 その衝動で、洗濯物を入れた籠を落としてしまう。
「あっ……!」
 足元に落としてしまい、健人のつま先に籠がぶつかる。さほど痛くは無かったが、つま先に当たったので少しだけ痛みを感じた。散らばった洗濯物を拾おうとしたが、歩が腕を掴んでいるため、拾うことが出来なかった。
「……どうしたんだよ」
「いや、今日で父さんと景子さん、帰ってくるなぁって思って……」
 困ったように笑う歩を見て、健人は首を嬰兒敏感傾げた。そんなことを言いたいために、わざわざ引きとめたとは思えない。何か言いたいことがあったのだろうが、歩は健人が追及してくることを遮る様に手を離して、落ちた洗濯物を拾った。
「はい。俺、今日は一日、家に居るから」
「……そう」
 手渡された洗濯物を拾って、健人はベランダへと向かった。どうして引きとめたのかは分からない。掴まれた腕が無性に熱く感じて、映画館で手を掴まれた時のことを思い出す。あの時は、映画を見ていて雷に驚いた時だ。その頃から、歩は雷が嫌いなのを知っていたんだろうか。それとも、映画を見て怖がっていると思われたんだろうか。嫌いな相手を宥めさせて、どうするつもりだったのだろうか。考えれば考えるほど、歩の行動は矛盾に満ちていて健人は戸惑うばかりだ。
 健人はベランダに上がり、籠を床に置く。
「何がなんだか、分からない……」
 人の心理が数式で解ければ良いのにと、った。
 昼飯を食べ終わってすぐに、健人は買い物へと出かけた。太陽が頂上まで登り、気温はこの夏最高の35度を記録していた。歩いているだけで汗は流れ、目前には陽炎が揺らめいていた。コンクリートから糖尿病性黃斑水腫の照り返しが強く、熱を吸収しないせいか、体感温度は40度以上だった。

つきを感じて

健人はテーブルの上にカップを置くと、すぐにダイニングテーブルに移動する。ダイニングテーブルの上に置いてある食パンに手を伸ばし、何も付けないまんま、口に入れる。コーヒーと食パンだけ鑽石能量水 騙局で十分な朝飯になり、健人は新聞に目を通しながら黙って食パンを食べていた。
 食パンだけだったので、朝飯は10分程度で済んでしまい、まだコーヒーがカップに残っていたので健人はテレビを見ながら、ゆっくりとコーヒーを飲む。現在、9時45分で、出かけるまでにはまだまだ時間がある。起きてこない歩の部屋を見上げて、健人は立ち上がった。
 もし、遅刻するようだったら今日は行かないと言ってやろうと思い、健人は階段を上がっていく。丁度、階段を上りきったところで、健人の部屋の隣にある歩の部屋の扉が開いた。
「……あ」
 部屋から出てきた歩と目が合い、瞬きと共に逸らされた。寝癖のついた髪の毛を手で直しながら、歩は部拖車介紹屋の扉を閉める。
「…………おはよー」
 寝起きだったようで、歩はボーっとしたまま健人の隣を通り過ぎて行く。声をかけられると思って、身構えていた健人だったが、何も話しかけられずに通り過ぎて行ってしまい、唖然とした。トントンと階段を降りて行く足音が、響いてくる。
 ドアを開けて部屋から出てきたときしか、目が合わなかった。いつもだったら、健人が先に目を逸らすのだが、先ほどは歩むから目を逸らされた。寝起きだったからかもしれないが、無表情だった歩の機嫌はあまり良くないように思う。
 そんな歩を見るのは、初めてだった。
 いつも、健人の神経を逆なでするようにへらへらと笑っていて、怒っていると言うのに茶化してきて、怒っていることにも気づいていないと言うのに、今日はどこか違った。朝の挨拶はしたが、それすらも面倒くさそうな低い声。普段とは違う歩の声に、健人は自然と目で追ってしまった。
 本当だったら、歩も嫌ってくれたほうが健人にとって一番なはずなのに、どこか気にかかってしまう。動かすことを忘れていた足を意識的に動かして、部屋へと戻った。
 10時20分になったのを腕時計で確認し、健人は財布をズボンのポケットに入れると部屋を出た。階段を降りている最中に、リビングからは歩と義父、そして母の声が聞こえてくる。楽しそうな会話が耳に入って、階段を降りる足が止まってしまった。歩も義父も母も、自然でいて楽しそうだ。本物の家族を見せ付けられているような錯覚Derma 21脫毛に陥り、目の前にフィルターが見えた。歩だからみんな楽しそうに喋っているのではないか。きっと、歩ではなく、健人だったらこんな風に楽しく喋ることは出来ないだろう。
 そう思った途端に、この場から逃げ出したくなった。家ではなく、どこか別の場所で一人きりになりたい。階段の手すりを握り締めていると、階段の入り口から歩が顔を出した。
「あ、居た。もう、時間だよ」
 先ほどとは違い、いつも通りに話しかけられ、健人は反応できなかった。時間に正確な健人が部屋から降りてこないから、歩が様子を見に来たのだ。家の構造上、リビングを通らないと2階へ上がれないせいで、扉の隙間から不安げに見つめる母と義父の姿が目に入った。
「ほら、いこ。開演の時間になっちゃうって」
 立ち止まっている健人の腕を、歩が引っ張った。前のめりになり、健人は声を漏らす。楽しそうな雰囲気から一変して、健人が現れた瞬間に二人はぎこちない笑顔を見せる。そのことにも若干のイラ、健人は唇をかみ締めた。
「じゃぁ、行って来るね」
 歩が声をかけると、二人はハッとして歩に視線を向ける。
「あ……、あぁ、行ってらっしゃい」
「健人、歩君と仲良く行くのよ」

愛想のない声で

喬允はふわふわと辺りを見回し、この中の果たして何割が本当に楽しい時間を過ごしているのだろうかと、酔いも冷めそうなほど寒々とした考えをくゆらせた。その時、

「奏……っ」

たくさんの虚ろな笑顔が交錯保康絲香港する視界が、一瞬のっぺりとしたモノトーンに変じた。その書き割りのような背景から、奏の横顔が浮かび上がる。

それは完璧な曲線と美しい陰翳の集合体として、アルコールと繁華街の膿んだ空気でふやけた喬允の網膜に刻まれた。

「奏……」

喬允はその後をふらふらと追い掛ける。奏は目的地が決まっているのか、複雑な人の波間を縫うようにしてさくさくと歩いていく。喬允は時折見失いそうになりながらも何とかその後を追い、気が付けばメインの大通りから外れた薄暗い脇道に入っていた。

看板らしきものは出ているが、バーなの撫平皺紋かカフェなのかライブハウスなのかよく分からない小さな店が立ち並ぶ狭い通りは、喬允の目には悪夢めいた異世界のごとく映った。いつもの道からほんの少し逸れるだけで、全く知らない世界に迷い込んでしまうのだ。

喬允は軽い眩暈を覚えつつ、それを酩酊のせいにして奏の背中を追った。

やがて奏は、通りの最も奥まった場所にある店の前で立ち止まった。ここに入るつもりなのだろう。喬允は素早く駆け寄って、奏の腕を掴んだ。

「喬兄……っ」

奏は驚きを隠さず、ドアを半分開けたまま固まる。それは喬允も同じで、何の考えもない咄嗟の行動だったから、どうしてよいか分からず奏を見つめるだけだった。

「……どうしたんだよ、いきなり。驚くじゃないか」

先に反応を返したのは奏だった。視線を外して、質す。対して喬允は「あ、ああ」と頼りない返事をして、

「偶然、見かけ雪纖瘦投訴たから。その……元気か?」

奏は俯いたまま、「お陰さまで。元気だよ」と皮肉っぽく返す。そして長い睫毛の奥からちらと見上げ、

「こんなとこにいたら邪魔になる。取り敢えず中に入ろう」

そう言ってさっさと店内に入っていった。喬允もその後に続くしかなかった。