た関係だっ私を

ところが不思議なことに、声が届きません……



……壱岐夫に指名された北見さんも、私の悪口です。続く九人もそうです。私は、いたたまれなくなり、残りの二人の話を聞く前に、閻魔大王に地獄行きを頼みます……



「地獄だと? 歓迎されなかっただと? どれもう一度、閻魔帳を見てみよう。ありゃりゃ、一頁,飛ばしてるぞ。

ヴェスペレを聴きに行った時、道に迷って女高生に案内してもらった、その際、お前は女高生を見習って、誰にも親切にすると、心に誓った。だが一度としてなされてない。

大雪が舞う夕方ちかく、市役所から駅まで女性に車で送ってもらった。その御仁が『困っている人を見ましたら、できる範囲で手を差し伸べて下さい、そういった輪が広がって欲しいの私』と、お前に頼んだ。

(前回のエッセイ「わかい日にであっていたら」)

だがこれも一度としてなされてない。この頁を飛ばしたのは我が落ち度。宜しい、叶える。ただし、元の場所にだ。

これから死ぬまで善意を施せ。さすれば、次に来た時、歓迎される。さあ、後ろを向け、手を伸ばせ、前屈みになって尻(ケツ)を突き出せ! そら、蹴っ飛ばすぞ、えーい」



……私は閻魔大王から蹴飛ばされ、麻酔から醒めます……



「あら、お目覚めね。私、主治医以外の担当(看護師)の榊マリコ、よろしくね。

患者さん、寝てた、二十六時間、面白いことたくさん言ってたわ。閻魔さま、地獄へ行かせてだなんて。

何人もの、女の人の名前、呼んでたわ。どういっの。誰にも言わないから、教えて。おほほほほ」



 ……極楽浄土で語る、残りの一人は小学校の恩師、もう一人は中学生の時に知った、違う中学の女生徒。恩師は私に同情し、女生徒は、逢いたい旨を切々と口にした。

同情した全員、声を揃えて私を呼ぶ。

進行人生規劃和定位

在此首先恭喜各位學弟學妹們高考榜上有名,祝賀你們在求學的道路上學有所獲。對於那些沒有上榜的學子,也希望你們再接再勵,無論你們選擇走什麼樣的道路,成功都掌握在你們自己手中。

你們的成功是源自你們的努力和付出,須知,一分耕耘一分收穫。你們上了榜,首先要面臨的是如何填寫志願,在此,筆者以過來人的經歷送給你三個字:定位、 潛力和興趣。讀大學,對自己有個準確的定位是非常重要的。打個比方,如果你平時上街買菜都會把價錢算錯,你要想做一個會計師恐怕是困難的。再打個比方,如 果你說話都嫌累,解釋一件事情,你說的是東,別人會理解成西,你要想做一個優秀的老師恐怕也是困難的。對於你們來說,上了大學只是你事業成長的第一步,你 的格局應該擺在四年以後,能夠從大學裏學到些什麼,能夠具備什麼樣的能力。認真思考自己喜歡什麼,擅長什麼,潛力在哪里。對自己有個準確的定位之後,參照 別人的意見,相信自己的抉擇,同時兼顧好喜好和專長。

大學這座象牙塔,在你填寫的志願沒有問題的情況下,九月你就可以投其懷抱 了。實際的大學或許和你想像中有太大的差別,你應該多瞭解你所報的學校,到時候不會產生太大的落差感,好及早地適應大學的生活。進了大學之後,你會有一段 時間的新鮮感,然後會是迷茫,但希望你的這種新鮮感和迷茫不會持續得太久。及時地是你擺脫這種迷茫的關鍵。

你 或許認為高中之時把精力都放在學習上,其他方面的才能並不重要。那麼你錯了,考上大學的學生不都是只知學習的書呆子,事實上他們其他方面的方面的才能也會 很突出。優秀的人更應該注重全面發展。你若想大學生活豐富多彩,你就該鍛煉好你一兩方面的才能,大學裏各種各樣的協會和社團多得應有盡有,舞臺眾多,你絕 對應該高姿態地展示你的才華,而不是做一個默默無聞者,那樣於你絲毫無意,你會錯很多東西,包括鍛煉自己。你要是有這方面的才能,就應該好好利用它。

擁有著整個世界

風,不知道什麼時候停了。我也即將沉沉睡去,防紫外光唯有那不變的夜,靜謐中仿佛充滿的希望。人生,無所謂失去,只怕草率地揮霍。生命有限,所有得到,最後終會失去。只要用心珍惜過,就不必太在意失去。花開花謝,四季變換,該走的誰也無法挽留,該來的誰也阻止不了。放開懷抱,坦然面對,以喜悅之心迎接每一個清晨,以淡然之心送走每一個黃昏。

其實每個人一生之中心裏總會藏著一個人,小牧味屋 也許這個人永遠都不會知道,儘管如此,這個人始終都無法被誰所替代。而那個人就像一個永遠無法癒合的傷疤,無論在什麼時候,只要被提起,或者輕輕的一碰,就會隱隱作痛。有些事,明知道是錯的,也去堅持,因為不甘心;有些人,明知道是愛的,也去放棄,因為沒結局;有時候,明知道沒路了,卻還在前行,因為習慣了。蒙上了眼睛,就可以看不見這個世界;捂住了耳朵,就可以聽不到所有的煩惱。

不要那麼相信回憶,裏面的那個人,不一定同樣想你。幸福就是,堅持了應該堅持的,放棄了應該放棄的,珍惜現在擁有的,不後悔已經決定的。不要只因一次挫敗,就忘記你原先決定想達到的遠方。在命運面前我們依舊努力的微笑。有些事情,我們明知道是錯的,也要去堅持,因為不甘心;有些人,我們明知道是愛的,也要去放棄,因為沒結局;有時候,我們明知道沒路了,卻還在前行,只因為習慣了。

有時候,面對著身邊的人,突然覺得說不出話。jacker薯片有時候,曾經一直堅持的東西一夜間面目全非。有時候,想放縱自己,希望自己痛痛快快歇斯底里地發一次瘋。有時候,別人突然對你說,我覺得你變了,然後自己開始百感交集。有時候,覺得自己,一瞬間卻又覺得自己其實一無所有。

再愛的人,也有遠走的一天;再美麗童話的劇情,也有落幕的一天;過去的就讓它過去吧,我相信時間會沖淡一切的,未來有更長遠的路在等著我們;我在等那麼一天,願我們都會在歲月中成長變的足夠優秀,這樣才不負初心。總是期待著我們會在相見,說著此生勿忘的誓言,卻殊不知,誰也抵不過時間,永遠不要賭時間,我們賭不起。同樣誰不是在現實面前低頭認輸,再久的永遠也是有限的,這個世界上,本就沒有什麼永恆。

為了自己想過的生活,忍痛放棄一些東西。這個世界沒有公正之處,你也永遠得不到兩全之計。若要自由,就得犧牲安全。若要閒散,就不能獲得別人評價中的成就。若要愉悅,就無需計較身邊人給予的態度。若要前行,就得離開你現在停留的地方。對不起我的愛人,我們始終沒有在一起,這麼多年我們用青春來等待到最後還不是為當初的年少輕狂各自買單,你只道我放手放的瀟灑看不見我一絲悲哀或難過。我深知你不懂我,也不怪你什麼。我們只是苦笑為何從摯愛走到了陌生。

時光定格了眼中的一瞬

平生不會相思,便害相思。想起曾經有你的樣子,jacker薯片你總是不安不份說想去浪跡天涯;想起曾經有你的樣子,你生氣的時候總是鼓起腮幫子不願與任何人說話;想起曾經有你的樣子,你總是嘲笑我唱歌的時候太搞笑。然而,一切都隨風而去,寂寞如林了。

誰念西風獨自涼,蕭蕭黃葉閉疏窗。蘆薈gel我不想我年華當中總是你,喜歡看著你酣睡著甜甜的樣子,這樣使我很舒心;喜歡看著你認真揮筆的樣子,這樣使我很寧靜;更喜歡看你假裝生氣的樣子,這樣使我很溫馨。可惜誰也敵不過時光的普渡,我不在你的城市,你也不在我的城市裏。

筆墨戲說文中事,只道當時是尋常。小牧味屋淺淺的時光裏,遇見你或許是我的運氣。你總說庭際繁華,草木生花,後來,浮生若散,芬芳一刹;你總說,撫琴作畫,此生無它,後來,琴瑟弦短,空顯音啞;你總說千其萬象,夢璿幾話,後來,現世不篤,流年空劃。

此情可待成追憶,只是當時已惘然。遇見你,花光了我所有的運氣,時隔多年,還是忍不住想你曾經的你。那些人,那些景,那些話,現在彼此都未曾聯繫,我不敢確定你的生活是否已經有了另一個他了,是否能陪你一起開心,一起失落,一起瘋,一起狂了,不管是否我也管不著了,管不著了。

春花秋月何時了,往事知多少。獨自站在樓臺上,望著明月,淋著風,吹著雨,多少的相思與落寞都劃作一壺濁酒,穿過愁腸,散作無心淚。花有蜂與蝶的追舞,雨有風與樹的陪伴,山有河與川的相望,而我,惆悵晚溪,竟如孤鴻在一天不知名不知路的線上徘徊彷徨。

本想做一棵開花的樹,長在你必經的路旁;沒想到卻做了你的一個過路人,與你擦肩而過,那種曾經刺痛的感覺雖然現在好了一些,可那些亂世浮生的畫面卻如刀子刻在心裏,永遠都磨不掉了。看著雨,看著風,看著河,看著川,現在沒有心疼,只有悵惘與迷茫了。

青春斑駁了大半的時光。有時,想努力的忘記;有時,想有新一段開始;有時,只想明月知道我的心思。現在我只是擁有一段勉強的回憶,在我的心裏,卻不知在你的心裏可有我的記憶,或許有,或許沒有,反正都是浮華已歇,時光難再了。

做紅塵之外的我

佛法分兩種,走入世間的是紅塵,韓國 泡菜紅塵滾滾,都市中,都是紅塵,唐朝的首都在西安,交通工具是馬車,北方的紅土揚起來,半空中看到的是紅顏色的灰塵,所以稱為紅塵,如繁華為紅塵,那我就屬紅塵之外。

一盞琉璃,半世坎坷。我是一個紅塵之外的女子,帶著淡淡的憂傷,行走在時光的長廊。世味很濃,我心很淡。采閑雲一朵,入墨修心。給我一幅畫,一半潑墨,一半留白。給我一首詩,一半是夢,一半是醒。我拖過生命的印記,一半忘情,一半安靜。行色匆匆裏,是深不可測的風塵與煙火。愛過的世界,一半豐盈,一半清鑠。留一半參味人世,將另一半還於天地間。

流年清歡,安靜如斯。救世軍卜維廉中學時常會想要一個人的角落,靜止的空氣,冰冷的牆,沒有溫度,沒有聲響,甚至感覺不到世界的存在。如若可以,願意一夜之間老去,乘風乘月乘著憂傷,平淡中斷了所有的念想,不為誰等,不為誰傷,習慣那依附千年的孤獨。歲月唯一的青睞,只是不曾在臉上刻下多少的痕跡。然而,一張別人看著不老的臉,心已蒼老千年。

習慣了,在喧鬧的人群中選擇遠離,泡菜 食譜在人多嘴雜的環境裏不言不語,想要安靜,沒有說話的欲望。泡一杯清茶,喜歡看著那片片葉兒以一種舒緩溫暖的姿態在眼前慢慢展開,透著淺淺的綠,漸漸變了顏色。

喜歡沿著歷史的軌跡細細搜尋。斑駁的城牆依舊殘留著當年帝王嬪妃的餘溫;滄桑古道依舊迴響著帝王將相、金戈鐵馬、逐鹿中原的廝殺與悲鳴。有混沌的天空,明媚的陽光;有月冷星稀,春暖花開。只是,那游離於千年古道的紅塵煙火,在等待誰的相懦以沫?

聽說,花開到荼蘼,是一種極致的美。不知道”落英繽紛”是一種怎樣的景致?很想去一個地方,那裏種滿不知名的花樹,有調皮的陽光,有溫和的清風,還有相濡以沫的路人。如若可以,我會翻開歲月,蘸著夕陽畫押,用一生典當一瞬。

在人生的規劃裏,有太多的事想做,卻不知該如何?時光走得蒼白而匆忙,歲月看似悠然平靜,其實容不得太多的思考與選擇,偶爾想要一點點風生水起,終是太難。世事如煙,漸漸地淡了、遠了、散了,如不是因為遺忘,那就是因為珍藏。累了,就退隱一角,做一個淡然的觀者,看紅塵紛擾,看淚飛淚落,看愛斷情傷。

ほど仲がいい

まさか自分があんなことをして悦ぶ人間だったなんて。信じたくない。
だがこのまま逃走劇を続けていたら、今までなかったナニカに本当に目覚めてしまいそうだ。そんなの嫌だ Unique Beauty 好唔好

そうしてフラフラと歩いているうちに、階段についた。彼はそこを降りようとしたが、とたん下から聞こえたバタバタといううるさい音に足を止めた。
「いぃやああああ!」
誰かが悲鳴をあげている。おそらくは…試験者。自分と同じ立場の人間だ。
 案の定、女の子が一人ひぃひぃ言いながら登ってきた。必死の形相であがり、そして彼を見て心底驚いた顔をした Unique Beauty 好唔好
追っ手に挟まれたのかと思ったらしい。彼は「大丈夫だ」という代わりに、スッとふちに避けた。
それを彼女は猛スピードで――今の彼女にとっては、だが――かけぬけ、逃げ去った。
 それだけなら別に何てことない。だが追われていたということは必然的に追っ手がいるということ。
案の定、彼は彼女を追っていた追っ手と顔を突き合わせることになった。しかしここで、彼は深いため息をつくことになった。
「またお前らか」
「あっ――君は」
「貴方は」
「おっ?!」
よりによって、追っ手は三人。アリーシュとミシェルとエイリスだった。
せっかく逃げだのにまた彼らに会ってしまったこと。彼はいい加減ウンザリきて、逃げる気力もやや失せた Unique Beauty 好唔好
アリーシュはともかく、ミシェルとエイリスは仲がよろしくないのだから別々に分かれて行動すればいいのに、だがまぁケンカするのかもしれない。
 だが四人の硬直は束の間、すぐにアリーシュとミシェルをさしおいて、三人の中で一番はやく階段を上っていたエイリスが掴もうとした。
が、その刹那。彼は前を向いたまま、思いっきり足を下に蹴りだした。
「ぎゃ…」
「うわっ」
「い…っあああっ」
確かな手ごたえ――いや足ごたえがし、どたんばたんと人が倒れる音。
チラッと振り返ると、階段の下に三人が転がっていた。
「おぉ、まさかここまで命中するとは」

笑う人だなあ

伸羅は、今日何度目か分からない溜息を吐いた。
「?伸羅、大丈夫?」
「うん、まあ」
「……あ、そういえば、」
「!」
「今日、もう一人来るから。……って昨日言鑽石能量水ったっけ?」
「いや……」
「まったく、この前の件で働いた分奢れって言ってきてさ」
「……」
「伸羅?……あっ、来た来た」
伸羅はその方向を向いた。そして、
「えっ?」
「ん?」
相手の方も、伸羅を見て驚いているようだ。
「明里、北郷伸羅っていうんだよ。アタシと鑽石能量水同じコピー班の」
「ええっ?ちょっと湧奈、聞いてないよ?」
「何を?」
「だから……ああ、違うのか」
湧奈の顔を見て、明里は言った。
「は?何?」
「いや、もういいよ。北さ……いや、伸羅、ヨロシク!」
「……女の人だったのか……」
「うん?」
「ああ、いや、何でもない。よろしく……えっと……」
伸羅は湧奈を見る。
「え?あっ、そかそか、編集班の室橋明里(むろはしあかり)だよ。入社式の時に知り合ったんだ」
「え、この人も?」
「あは、アタシあちこちウロウロしてたから」
「あ、えと、よろしく」
「うん!」
 よく、というのが伸羅の明里に対する鑽石能量水第一印象であった。
「……ああっ!」
「……どうしたの?」
「あたしも一人呼んじゃった……」
「いいけど、アタシは四人分も奢れないからね?」

無謀なことを思

それが今頃、再婚して1年半で気になり始めた。しかし、今さらそんなことを聞いてもどうにもならないだろう。歩の状況に同情できるとも思えず、健人は何も聞かないこととした。
 洗濯機が終了した音を聞いて、健人は洗糖尿病性黃斑水腫面所へ向かった。籠の中に洗濯物を詰め込んで、2階へと上がる。父と母の寝室にあるベランダへ行こうとしたら、扉の開く音が聞こえた。
「……あ、おはよう」
 寝ぼけているような声が聞こえて、健人は振り向いた。寝ぐせを付けた歩が、ボーっとした表情で健人を見ている。小さい声で「おはよう」と言い、寝室の中に入ろうとしたところで、健人は歩に腕を引かれた。
 その衝動で、洗濯物を入れた籠を落としてしまう。
「あっ……!」
 足元に落としてしまい、健人のつま先に籠がぶつかる。さほど痛くは無かったが、つま先に当たったので少しだけ痛みを感じた。散らばった洗濯物を拾おうとしたが、歩が腕を掴んでいるため、拾うことが出来なかった。
「……どうしたんだよ」
「いや、今日で父さんと景子さん、帰ってくるなぁって思って……」
 困ったように笑う歩を見て、健人は首を嬰兒敏感傾げた。そんなことを言いたいために、わざわざ引きとめたとは思えない。何か言いたいことがあったのだろうが、歩は健人が追及してくることを遮る様に手を離して、落ちた洗濯物を拾った。
「はい。俺、今日は一日、家に居るから」
「……そう」
 手渡された洗濯物を拾って、健人はベランダへと向かった。どうして引きとめたのかは分からない。掴まれた腕が無性に熱く感じて、映画館で手を掴まれた時のことを思い出す。あの時は、映画を見ていて雷に驚いた時だ。その頃から、歩は雷が嫌いなのを知っていたんだろうか。それとも、映画を見て怖がっていると思われたんだろうか。嫌いな相手を宥めさせて、どうするつもりだったのだろうか。考えれば考えるほど、歩の行動は矛盾に満ちていて健人は戸惑うばかりだ。
 健人はベランダに上がり、籠を床に置く。
「何がなんだか、分からない……」
 人の心理が数式で解ければ良いのにと、った。
 昼飯を食べ終わってすぐに、健人は買い物へと出かけた。太陽が頂上まで登り、気温はこの夏最高の35度を記録していた。歩いているだけで汗は流れ、目前には陽炎が揺らめいていた。コンクリートから糖尿病性黃斑水腫の照り返しが強く、熱を吸収しないせいか、体感温度は40度以上だった。

つきを感じて

健人はテーブルの上にカップを置くと、すぐにダイニングテーブルに移動する。ダイニングテーブルの上に置いてある食パンに手を伸ばし、何も付けないまんま、口に入れる。コーヒーと食パンだけ鑽石能量水 騙局で十分な朝飯になり、健人は新聞に目を通しながら黙って食パンを食べていた。
 食パンだけだったので、朝飯は10分程度で済んでしまい、まだコーヒーがカップに残っていたので健人はテレビを見ながら、ゆっくりとコーヒーを飲む。現在、9時45分で、出かけるまでにはまだまだ時間がある。起きてこない歩の部屋を見上げて、健人は立ち上がった。
 もし、遅刻するようだったら今日は行かないと言ってやろうと思い、健人は階段を上がっていく。丁度、階段を上りきったところで、健人の部屋の隣にある歩の部屋の扉が開いた。
「……あ」
 部屋から出てきた歩と目が合い、瞬きと共に逸らされた。寝癖のついた髪の毛を手で直しながら、歩は部拖車介紹屋の扉を閉める。
「…………おはよー」
 寝起きだったようで、歩はボーっとしたまま健人の隣を通り過ぎて行く。声をかけられると思って、身構えていた健人だったが、何も話しかけられずに通り過ぎて行ってしまい、唖然とした。トントンと階段を降りて行く足音が、響いてくる。
 ドアを開けて部屋から出てきたときしか、目が合わなかった。いつもだったら、健人が先に目を逸らすのだが、先ほどは歩むから目を逸らされた。寝起きだったからかもしれないが、無表情だった歩の機嫌はあまり良くないように思う。
 そんな歩を見るのは、初めてだった。
 いつも、健人の神経を逆なでするようにへらへらと笑っていて、怒っていると言うのに茶化してきて、怒っていることにも気づいていないと言うのに、今日はどこか違った。朝の挨拶はしたが、それすらも面倒くさそうな低い声。普段とは違う歩の声に、健人は自然と目で追ってしまった。
 本当だったら、歩も嫌ってくれたほうが健人にとって一番なはずなのに、どこか気にかかってしまう。動かすことを忘れていた足を意識的に動かして、部屋へと戻った。
 10時20分になったのを腕時計で確認し、健人は財布をズボンのポケットに入れると部屋を出た。階段を降りている最中に、リビングからは歩と義父、そして母の声が聞こえてくる。楽しそうな会話が耳に入って、階段を降りる足が止まってしまった。歩も義父も母も、自然でいて楽しそうだ。本物の家族を見せ付けられているような錯覚Derma 21脫毛に陥り、目の前にフィルターが見えた。歩だからみんな楽しそうに喋っているのではないか。きっと、歩ではなく、健人だったらこんな風に楽しく喋ることは出来ないだろう。
 そう思った途端に、この場から逃げ出したくなった。家ではなく、どこか別の場所で一人きりになりたい。階段の手すりを握り締めていると、階段の入り口から歩が顔を出した。
「あ、居た。もう、時間だよ」
 先ほどとは違い、いつも通りに話しかけられ、健人は反応できなかった。時間に正確な健人が部屋から降りてこないから、歩が様子を見に来たのだ。家の構造上、リビングを通らないと2階へ上がれないせいで、扉の隙間から不安げに見つめる母と義父の姿が目に入った。
「ほら、いこ。開演の時間になっちゃうって」
 立ち止まっている健人の腕を、歩が引っ張った。前のめりになり、健人は声を漏らす。楽しそうな雰囲気から一変して、健人が現れた瞬間に二人はぎこちない笑顔を見せる。そのことにも若干のイラ、健人は唇をかみ締めた。
「じゃぁ、行って来るね」
 歩が声をかけると、二人はハッとして歩に視線を向ける。
「あ……、あぁ、行ってらっしゃい」
「健人、歩君と仲良く行くのよ」

愛想のない声で

喬允はふわふわと辺りを見回し、この中の果たして何割が本当に楽しい時間を過ごしているのだろうかと、酔いも冷めそうなほど寒々とした考えをくゆらせた。その時、

「奏……っ」

たくさんの虚ろな笑顔が交錯保康絲香港する視界が、一瞬のっぺりとしたモノトーンに変じた。その書き割りのような背景から、奏の横顔が浮かび上がる。

それは完璧な曲線と美しい陰翳の集合体として、アルコールと繁華街の膿んだ空気でふやけた喬允の網膜に刻まれた。

「奏……」

喬允はその後をふらふらと追い掛ける。奏は目的地が決まっているのか、複雑な人の波間を縫うようにしてさくさくと歩いていく。喬允は時折見失いそうになりながらも何とかその後を追い、気が付けばメインの大通りから外れた薄暗い脇道に入っていた。

看板らしきものは出ているが、バーなの撫平皺紋かカフェなのかライブハウスなのかよく分からない小さな店が立ち並ぶ狭い通りは、喬允の目には悪夢めいた異世界のごとく映った。いつもの道からほんの少し逸れるだけで、全く知らない世界に迷い込んでしまうのだ。

喬允は軽い眩暈を覚えつつ、それを酩酊のせいにして奏の背中を追った。

やがて奏は、通りの最も奥まった場所にある店の前で立ち止まった。ここに入るつもりなのだろう。喬允は素早く駆け寄って、奏の腕を掴んだ。

「喬兄……っ」

奏は驚きを隠さず、ドアを半分開けたまま固まる。それは喬允も同じで、何の考えもない咄嗟の行動だったから、どうしてよいか分からず奏を見つめるだけだった。

「……どうしたんだよ、いきなり。驚くじゃないか」

先に反応を返したのは奏だった。視線を外して、質す。対して喬允は「あ、ああ」と頼りない返事をして、

「偶然、見かけ雪纖瘦投訴たから。その……元気か?」

奏は俯いたまま、「お陰さまで。元気だよ」と皮肉っぽく返す。そして長い睫毛の奥からちらと見上げ、

「こんなとこにいたら邪魔になる。取り敢えず中に入ろう」

そう言ってさっさと店内に入っていった。喬允もその後に続くしかなかった。

いかがお考え

「すると、あの回船問屋の件も……」
「きっと、つけとどけを受けていた担当の者を、おとしいれるためだろう。気にくわぬやつなので、その昇進運動費のもとを絶とうと。そして、自分の意中の者を後任にし、べつな回船鑽石能量水騙局問屋から金を巻き上げさせる……」
「なんと大がかりで巧妙な……」
「外様大名はどの藩も、隠密にはきわめて気を使い、警戒おこたりない。へたをすれば、おとりつぶし、お国替えになるからな。それに、いまの世では幕府にそむきようがない。そんなのに隠密を使っても意味がない。老中筆頭にすれば、むしろ自分の地位をおびやかす、競争相手
の出現のほうが気がかり……」
「譜代大名や回船問屋となると、まさか隠密に調べられるとは考えてもみない。その油断につけこまれる。そんな大きな陰Diamond水機謀が進行しているとは、夢にも知らず……」
「えらいことだ。どえらいことだ。こんな行為がなされていては、江戸の庶民ばかりでなく、国じゅうの問題だ。ご政道の根本がゆらいでしまう」
「これこそ、早くお奉行さまに知らせなければならないことでしょう」
「まさにそうだ」
 知りえたすべてのことを、尾形忠三郎が書きしるした。調べた隠密の名前と行動。ひとつの結論が浮びあがってくる。自分が島流しにされたのも、もとはといえば、そのせいなのだ。文に怒りがこもる。
 三人はそれを持ち、町奉行の下屋敷に出かけてゆく。大変な報告だ。こんどはどうほめられるだろう。
 町奉行はそれを読み、顔色を変えた。
「うむ。驚くべきことをつきとめたものだな。まさしく天下の一大事。だれかに話したか」
「いいえ、まず、まっさきにお奉行さまにお知らせしなければと……」
「よくやってくれた。しばらく、ここで待っておれ」
 奉行は座敷から出ていった。そのとたん、座敷の三方で、がたんと音がした。見まわすと、木の格子でふ能量水さがれていた。上から落ちるしかけになっていたのだろう。一方は壁、そとへ出られない。大声をたてたが、応答はない。
 やがて、奉行が戻ってきた。年配の人物を連れてきた。それにこう説明している。
「この者たちが、このような報告書を作ってまいりました。です」
「いうまでもなく、重大きわまる」
 たまりかねて尾形忠三郎が声をかける。
「お奉行さま。これはどういうことです。早く出して下さい。いったい、その人はだれなんです」
 奉行は言う。

大体の意識

彼女はお礼を言う政府は間違ってない。近年来、住宅価格の高騰は、低所得層しか望楼ため息をつく。この問題に対応するため、中央から地方まですべてを推進して眠気を覚ます住宅プロジェクトの実施、住宅難の家庭がほぼ2年にも続々と転居した新居、今日も自分能量水の娘が回ってきた。母は年を取っているが、しかし彼女はぼんやり覚えていると言った温家宝よう、政府は貧しい最後の希望この言葉。彼女の話はないため、能力の市民、本当には政府を助ける彼ら。

私たちは直接の受益者が、細い妹DR-Max教材を喜んで、すべての市民参加当日抽選嬉しい。これは結局彼らの生活の中の一大事。

するな违言で、現在の社会がその時弊だが、結局は多くの積極的要素。は安住プロジェクトにとって、あれらの恵民の施設を実行して、それもとても心強い、それは一定の程度の上で困難に能量水家庭の生活に新たな希望。私たちはこの生存の社会がますます良くなって、ますます調和、より多くの人を分かち合うことができることを社会の配当。

期待に満ちた

つまりこっちでいう”苗字”なのだと。
 苗字が二つに区切られているせいで気づかなかったが、これは所謂”ミドルネーム”って奴なのだろう。

「真名はふたつの名前で構成されているの。一つは属名。そしてもう一つは――――」

 ”名前”英語で言うとファーストネームに当たる部分。これこそがその人の存在を証明する物であり、本当の意味での”真名”なのだと。
 そして相手にしたらこれら二つを同時に知る事で、初めて”奪う”事になるのだ。
 説明を受けず雋景ともわかるさ。だってそれって、僕にもある、見慣れた形の名前だから……

「……ほんとどうしたんすか。急に」

「べっつにぃ~。あんたが呼び名呼び名うっさいから教えてあげただけよ」

「片方知られただけじゃ別に、問題ないし」

「はぁ……」

「で、ここまで教えてあげたんだから、さっさと決めなさいよ」

「この世の魔の全てを総べる、大魔女様の麗し~い”よ・び・な”」


(――――それが目的かッ!)


――――ぬかった。僕があんまりにも呼び名に拘るから、そのせいでアイツの中で一つの閃きが沸いたらしい。
 「じゃあ、呼ばせてやるから”イケてる”名前を付けろ」大魔女様事、”パムパドなんとか”さんはそう要求してきた。

「ださい名前つけたら承知しないからね」invision group 洗腦無茶言うな。僕のネーミングセンスの無さはあの山で見せただろう。しかし奴はそんな事は忘れてしまったかのように、目で僕を見つめてくる。
 曰く「このアタシの知らない事を知ってる異世界人の異世界センスに期待」してるのだと、恍惚の表情でそうのたまいやがった。
 そしてあわよくば、気に入った名前を付けられればその場で即座に正式に、自分の”呼び雋景名”に迎え入れるのだと。

……責任重大すぎる。変な汗すら湧いてきた。これはすざましいプレッシャーだ。

言葉を厳し

ルシールとは兄弟の中で一番仲がよかったのだが、今日のルシールは近寄りがたい。メレッサは両手で刀を受け取った。
「ミラルス王はどこ?」
 ルシールは厳しい態度で聞くので連れ文具批發ていかないわけにいかなかった。ルシールの家臣と3人でミラルス王を監禁している部屋に向かった。
 部屋の前に着くと部屋の前に立っていた見張りの衛兵が扉を開けてくれた。ミラルス王は机に座って書き物をしていたが、二人を見てゆっくりと立ち上がった。
「ミラルスです」
 ミラルス王はルシールに挨拶をした。ルシールとはまだ会ったことがないからだ。
「ルシールです」
 ルシールは懍として答えた。
「あなたがルシール姫。お会い射頻減肥できて光栄です」
 ミラルス王は楽しそうにしている。
「あなたには一度お会いして話がしたいと思っていました。今日はお話ができるのですか?」
「いえ」
 ルシールは厳しい顔をしている。
「今日は、あなたを処刑に来ました」
 ミラルス王はちょっと驚いたように、二人の顔を見た。
「そうですか…… お二人で処刑の立会いですか。でも処刑する所は見ない方がいい」
「いえ」
 ルシールがミラルス王のい口調で遮った。
「メレッサがあなたの首を切り落とします」
 ミラルス王はビックリしてメレッサを見た。
「あなたが… 艦隊を指揮したかと思文具批發えば処刑もご自分でやられるんですか? たいしたお方だ」
「いえ、そういうわけじゃ……」
 メレッサは何と言っていいかわからなかった。処刑なんて自分にできるわけがない。
 それから、ミラルス王はメレッサが持っている刀に目をやった。
「日本刀ですね。では、今から処刑ですか?」
「いえ……」

あたしはいつだっ

としゃれのめした。ーーー 
 いい友達がある。それだけで何よりの喜びね。今に語り合えるようになりますね。
いつも思うのよ。頭に描いている光景にDR Max 教材は必ず、なるものです。頭に描いたらいいよ。
 私も、最近はみんなが年を重ね、飲む機会がグッと減ってきて、少々 寂しいです
が、飲むと車の運転が駄目なので、狭い我が家に泊まって朝早くご主人がおきる前に
帰ってゆく。もう楽しいのよ。3?4人泊まり、早くねる人ずーと話す人、いろいろ
でね。まるで修学旅行よ(笑)おばあさんのね。フッフッフ。
 ということをしていたのよ。みんないい友達よ。あなたも、ちゃんと、
なりますよ。楽しみにね。
 最近は、みんな そういう元気が年DR Max 教材と共に消えてきたなあーなんて思うわ。これも




あ~あ海だテレビで海が映されたいいなあ―海にいきたくなるな

 春がくる海にゆこうかあー春来たら海で朝陽や夕陽を見よう

 ブランドは縁も所縁もないDR Max 教材けれどココ?シャネルの人生凄し

 美しきシャネルの言葉「モードは変わる?スタイルは不変」

 忙しげに待ち行く人はせかせかと暇な老婆の我はよたよた



「ココ?シャネル
という生き方」山口路子著より
 
 コピーされるのは誇らしいこと

 時代の空気をいち早くつかまえるのがデザイナーの役目だとしたら、
他の人たちが同じことをしたって、不思議ではない。あたしがパリに漂
い、散らばっているアイディアにインスピレーションを得たように、他
の人があたしのアィディアにインスピレーションを得ることもあるだろ
う。
 
 このように考えるシャネルは、いわゆる著作権というものに興味がなかった。
シャネルにとってコピー問題は成立しないのだ。他のデザイナーたちは意匠権
{著作権の服装}を守ろうと動いたが、シャネルはこれに同調しなかった。
 これが他のデザイナーとの対立を生むことにもなった。
モードについてシャネルは言う。

 魅力あるつかの間の創作ではあるけれども、永遠の芸術作品ではない。モード
は死ななければいけない。それもできるだけ早く。そうでなければビジネスにな
らない。------
 ----「しろうと」デザイナーの武器ーーー
 今まで見てきてわかるように、シャネルは他のデザイナーのように、ファション
というものを「勉強」したこともないなければ、だれかのもとで「修業」せたこと
もなかった。

 誰もあたしに何ひとつおしえてくれなかった。あたしはすべてを自分
 ひとりで覚えた。
そして、成功した。なぜ革命的といわれたのか自問するときもあった。
 答ええは次の通り

 あたしは確かな「嫌悪の精神」を持っている。

 あたしはなにより、嫌いなものを作らない。

 才能を使って、嫌いなものを一掃した。それが成功に結び付いた。
 
 絵も描けないし、縫うことも出来ないし、カットもしない。ただ「知っていた」
 何が必要か、何を生みだすべきか、何を生みだすべきか、知っていた。
また 独自の「エレガアンス」を持っていた。だからエレガントな服が欲しか
 った。繰り返し。言う。


 あたしは自分が着たい服を着ただけ。て自分が着た
 いと思うもの以外、作らない。-----

春待つ心は嬉しき哉

「まだまだ、2月中は厳しい寒さですよね」と声を掛けたら
「はだか祭がすまないとね」とお会いした方が言う
アッそうだ いつも 明治の亡き母は
言っていたなあーと、思いだした。他の人と違ってた。
「奈良のお水取りがすむと春が来る」と……

認められないと

「嫌だ」
 彼は妹から眼を逸らさずに、言い放った。
「俺は先生を好きだから、好きだと言った。愛していelyze好唔好たから、愛し合った。そのことを悪いとは思ってない。いつか先生が俺の存在を必要としなくなった時は出ていくけれど、それまではここにいてもいいと思ってる」
「家族はあなたのことなんて絶対に認めないわよ」
「認めてもらえるなんて最初から思ってない。わかっていて、それでも話すというあなたの行為は、嫌がらせにしか思えない。家族に話をして、先生を孤立させて…それで満足ですか? あなたのいらだちが解消されるんですか?」
 妹がひるんだ隙に、彼は攻め入った。
「先生が悩んだがことないと思ってますか。俺はそうは思わない。先生が悩んで、それでも 『話さない』と決め康泰旅行團たことに、誰も口を出す権利はない」
「結局、あなたは恋愛の美味しいところだけつまみ食いしているのよ。今は楽しいかもしれないけれど、これから先はどうなるの。一生一緒にいるつもりなの?」
「できることなら…」
 妹は腕組みをして、ため息をついた。
「若い頃の恋愛は、誰でもそう思うの。この恋は一生ものだって、勘違いするのよ。けどだんだんと現実が見えてくるわ。恋愛の熱も冷めていく。あなたはまだやり直しがきくけど、兄さんはもう後戻りはできないわ。あなたに出会ったせいで、人生を無駄にするのよ」
 彼と妹の間に、張り詰めた線が見えた。その緊迫感に、松下も口を出せなかった。
「俺と一緒にいる時間が無駄かどうかは、先生の決めることです。あなたの尺度で測れるものじゃない」
「自分たちのことには口を出すなって、そう言いたいわけ?」
 妹は『馬鹿馬鹿しい』と吐き捨てると、足を踏み鳴らしてリビングを出ていった。彼はうつむいたまま、じっと足許を見つ機票優惠める。そんな彼に松下はどう声をかけていいのかわからなかった。そのうち廊下から騒がしい音が聞こえてきて、慌てて覗き込むと服を着替えた妹が旅行鞄を片手にドアから出でいくところだった。
「どうするんですか」
 水を飲む前、部屋で見た時計は午前四時だった。
「出ていくのよ、駅前には二十四時間営業の喫茶店もあるしね」
「ですが…」
 妹は人が寝ている時間だということを忘れたような激しさで玄関のドアを閉めた。こんな時間に一人になる彼女が心配だったが、追いかけて引き止めるような勇気はなかった。…争うことが怖かった。リビングに戻ると、彼はさっきと同じ場所に立っていた。まるで制止画像のような彼に違和感を覚える。ピクリとも動かなかった頭が、フローリングの軋みに驚いたようにこちらを向いた。
「妹さんは…」
 言い争っていた時とは違う、力のない声だった。
「出ていきました。駅前の喫茶店に行くそうです」
 彼が薄く唇を噛むのが見えた。再び、うつむく。
「妹が君にひどいことを言って、すみませんでした」

六月清喜び、心媚な陽

朝から、軽く巻カーテン、緑の葉の間が噴き出した一枚の赤い、好奇心があって、前のチェック。今年は挿し木の薔薇雪纖瘦黑店が咲いた花。小さなつぼみ緑間で恥ずかしそうに首を伸ばし、痩せて幹、小さな葉だが、今年はないそれは開花の季節、思い付いていないで、期限どおりにして、それも予定通りに咲いた。を撫でてあの薄い花びら、淡い香に心を。小さな喜びが心の底でぼかして。

まだ葉に露でつけて、1匹の白い蝶にとどまってそっと飛来して、その蕊。蝶キス蕊の間、酔った誰かの目?逃したくないこのシーンを撮って奪い取って、急いで携帯。蝶の長い間滯在花蕊の間、舎て去って。

は満足な撮影技術に発して空間、友は「生活の中には美に不足するのではなく、美しさを発見するの目」は、私は特に雪纖瘦黑店彼女に賛同し、大きな笑顔。美しくて、心の中では、身の回りで、我々だけでは忙しくて、丁寧に発見して、楽しむ。

花見を花言葉;雨、風雨ぴいぴい;山を見て、山水微笑んで、観雲、雲は飄々として、ではない美ではありませんて、幸せではなく、その小さな喜び心に秘め、いつでもそそのかすからあの気持ち。ただ失って行く一草、一樹一木、心に簡単には、清喜満ちる心。

清らかに冷たい淺い夏が好きで、綿衣を着て襲って、多くない貴重で、ただ好きなだけが好きで、あの柔らかふわふわ生地。もう数年を着て、いつも舎てられないかもしれないが、自分の昔を懐かしむ。時々、これらの古い字は、その記憶は一輪の花のような空気乾燥、とっくにぼやけて、あれらの小文字でいつも思い出してあれらの雪纖瘦黑店年回り歩いた暖かさと喜び。時間の中の人と事に、ずっと心の中で住んでいて、文字に、時代を経て、まるでその念願の服は舎てないで。美しくて、ずっと心を信じよう、媚陽、すべてのつきあいと已逝の歳月が心の底で花の瀋香、遥か長い。

人生の1世、浮生夢、一部の記憶ではないし、時間をつぶして、いくつかの、美しいのもではない年月に暗い。色とりどりの花の春はついつい四季の流れ、同開幕時総会開会、この終演時終演。日はいつも無言でだんだん音が遠く、すべての帰れない最初の様子。もし全ての経路や思い出が書いて歳月素白の付箋、ついに発見して、いくつかの念、静置心の奥で。光陰は長いが、简静安暖かい。例えば蝶折の記憶は、時間の中で咲く花の姿に、窓の風景明媚一心、指先に立ち上る生香。

これまですべてくたびれて、歳月の中で厳しい行、惟願いだけは過分の望みがなくて、歳月静、安然行く。いくつもの雨、私は知っていて、いつもある人と私を命のように。困難を共に切り抜ける、患難付きまとって、語が辛くても、無言の世の変転、寒暑を織り交ぜた光陰に一緒に築夢、ただ彼の手と手を取り合って、ゆっくりと優雅に老いて行く。老いの一日があれば、静かなところを探して、共有清。いらないの豪邸をたった1小屋、風雨を避ける必要がないことができる;多ぬくもりだけ窓、太陽の光が差し込んで1メートル心房;必要ない車があって、肩を並べて見だけ必要が斜陽;山海の珍味必要がない、粗食だけで、愛に心の中でいい。

手を携え、抱き合って夏の一角で、花、花も笑う;雲を眺めて、心に雲が漂っ;種の野菜を植えて、鍬草を鋤くを飼って、1群の後、靑空の下で感懐も引き止め淡い喜び、田野に静かに淡泊の遠い感じを花言葉、花と木閑に舞い;度、淺考え事を訴え、執筆を挙げて書き始めて、年回り

淺い本で、愛と暖かとは淺く澄みきっているの歳月を贈るの清。

そのジョークは

「パパブッシュが集中治療室へ」
というニュースが世界を駆け巡っている。

この元アメリカ大統領が、どのように評価されているかは、
知るところではないが、
その夫保濕人であるバーバラ女史が発したジョークは、
今なお、評価されているようだ.
そのジョークは、
1992年に、当DR集团時の大統領であったブッシュ氏が来日し、
首相官邸での晩餐会で倒れるという事があった。
その翌日、バーバラ女史が、
演壇に立ち、
「あれ(倒れたこと)は、アマコスト大使のせいですよ。
彼からテニスに誘われて、
夫と大使のペアが、皇太子夫DR集团妻ペアに負けてしまったためですよ。
何しろ、
ブッシュ家は、負けるのに馴れていませんから、、」
というジョークで、その場をなごましたという話がある。
たしかに、ジョークや笑いには、
その場の緊張を緩和させる効果がある。

第2次世界大戦中の強制収容所の事について書かれた
フランクルの著書『夜と霧』の中に、
強制収容所で、彼の友人と
毎日一つは、笑い話を作るという取り決めをするくだりがある。
そして、
「ユーモアは、自分を見失わないための魂の武器だ」
とも語っている。
緊張した場面で使うと、ジョークは絶大な効果がある。

そして、そのジョークを言った人の気遣いの精神や
ウィットが評価される。

だけども、能天気にウケもしない駄ジャレを飛ばすのは、

タダの「おやじ」。

と言いたいところだろう

日本各地に「徐福(じょふく)」伝説がある。
中国・秦の時代の方士でDr. Reborn呃人
よく知られるところだが、『史記』の中に徐福伝が収められている。
それによると、
かの、秦の始皇帝に「不老不死の霊薬が東方の三神山にある」
それを採ってきて献上したいと申し出て、
多額の金を始皇帝よりせしめDr. Reborn呃人
三千人もの若い男女と、百人もの技術者と、五穀の種を持って、
東方に船出したとある。
更なる記述では、着いた先で広い平野と湿地を得て、王となり
秦には戻らなかったとあるDr. Reborn呃人

三千人を連れて行こうとすれば、
どれほどの船団を組まないといけないかを考えれば、
現実的な気はしないが、
徐福が来たという伝承のひとつ、三重県熊野市では、
2000年以上前の中国硬貨が発見されているという。
彼が、巨大船団を組んで日本に向かう姿を想像すれば、
かなりのロマンを感じる。

ところが、不老不死を願っていた始皇帝は、
それを手にする事なく死出の旅をする事になった。
弱みにつけ込んで来やがって「よくも騙してくれたなぁ~」
と言いたいところだろう。

始皇帝に限らず不老を願う気持ちは、たいていの人なら持っている。
髪の毛が薄くなったり顔にシワがたたまれてくるようになれば、なおさら。

さきごろのニュースに、老化防止の記事が出ていた。
それによると、
オーストラリアの研究者が、約900人を対象にした4年半にわたる調査で、
「日焼け止めクリーム」が
肌の老化防止に明らかな効果があったことが証明できたとしている。
さすがに紫外線は肌の大敵。
防御策で不老とまでは言えないが、
少しでも肌の老化を遅らせる効果はあると言える。

始皇帝もこれぐらいの不老で満足してれば、
徐福にまんまと騙される事はなかっただろう。

調べてみると

「赤ずきん」「長靴をはいた猫」「シンデレラ」などを収録した
『ペロー童話集』の作者として知られるシャルル・ペロー(Charles Perrault) は、
収録童話が重なっている『グリム童話』と比較されることが多い。

グリム童話より100年ほど古い1697年に『寓意のある昔話』として発表された。
寓意とは、「それとなく指し示した教訓」という意味になるが、
両者には同じ「赤ずきん」の話がある。
(「赤ずきん」に隠された教訓の数々を説いた
フロイト派のエーリッヒ・フロムの論はさて置き、)
よく知られていることだが、
「赤ずきん」のストーリーで、ペローとグリムの大きな違いとされるのが、結末部分。
ペローの赤ずきんは、狼に食われて死んでしまうのに対して、
グリムでは、狼の腹を切り、赤ずきんとおばあさんが出てきてハッピーエンド。
さらには、狼のお腹に大きな石を詰め込むという話になっている。

そのほかの作品も比較対照しながら挙げていけば、
作風の違いが明らかになってくる。
この違いをかの澁澤龍彥氏は、ペローには、「古拙の味わいがある」と表現している。
古拙という表現は、なかなか難しいが、彼がルイ14世に仕え、
古い宮廷の雰囲気を背景に持っているということかもしれない。

彼は、ブルジョワの家庭に生まれ、長じて弁護士となるが、
調べてみると、弁護に当たったという記録は、だだの2件。
苦労人のコルベールに引き立てられ、
宮廷で過ごすことになったという「運」の持ち主でもある。

彼の「長靴をはいた猫」は、こういった「運」の持ち主の物語。
あらすじを紹介すると、
「ある粉引き職人が死に、3人の息子には遺産として、長男は粉引き小屋。
次男はロバ。三男は猫が分けられた。その三男が嘆いていると、
猫が「あなたがもらったものは、そんなに悪いもんでもないですよ。」
と言って、そこから、この猫が活躍することにより、三男は領主となり、
美しい娘を妻にすることになる」
私は、この猫が語った
「あなたがもらったものは、そんなに悪いもんでもないですよ」
という表現が、何とも好きで時に反芻することがある。

一躍、名声を得る人は、違った運を持っている。
たとえば、ヒュー・ヘフナー氏。
彼が、『PLAYBOY』を創刊したのは、27歳のとき。
爾来ヒットを続け、そして、現在、86歳。
昨年末に、60歳年下のクリスタル・ハリス嬢と結婚とある。
こういった姿を見ると、
彼は、才能のない三男とは違っているが、
こんな人物には、どこかに「長靴をはいた猫」が居そうな気がしてくる。

大きさも

私が子供の頃住んでいた下町には、
「マコロン屋」と呼ばれるお菓子工場があった。

まだ小さかった私にとってその「マコロン屋」は
大きな町工場のような気がしていたが中環通渠
実際にはそこに家族も住んでいたわけだから、
とても小さな家内オペレーションだったのだろう。

その家に遊びに行くと香港仔通渠
マコロンをもらえてうれしかったような記憶がある。

たぶん引っ込み思案の親友ひろみちゃんは佐敦通渠
マコロン屋に私と一緒に行かなかったと思う。
だとすると私は、誰と一緒に行ったんだろう。

マコロンは、固いけれど噛み締めるとジュワっと甘く
少し歯にくっつくような食感の、不思議なお菓子だった。

どうしてあの時代にそんなこじゃれたお菓子を
あの下町で作っていたのかはわからない。
その家の人が、どこかで作り方を学んで来たのだろうか。

昨日、買い物をしていたお店で私は、
そのマコロンにそっくりのお菓子を見つけた。

大きさも、色も、すこしひび割れた感じもそっくりだ。
まだ封を切っていないので、味も同じかどうかはわからない。
でも、これはどう見てもあのマコロン屋のマコロンだ。

袋にはイタリア語で説明が書いてある。
どうやらイタリアからの輸入菓子らしい。

マコロン屋のオーナーは、もしかしたらイタリアで
マコロンの作り方を覚えたのだろうか。

小学校の高学年で引っ越した私が
何年ぶりかに下町を訪れた時、
マコロン屋はもう跡形もなく消えていた。

あのマコロン屋が、イタリアに行って工場を作って
このお菓子を作っていたら素敵だな、と
私はぼんやりそんなことを考えてみたりした。

みんないい

今日、仕事の帰りに立ち寄った韓国系の生地屋さんで
こんな激しいプリントの生地を見つけた。

「この柄はイケてる」と思ったデザイナーは
いったいどこの国の人だったんだろう韓國 食譜

そして「この柄は売れる」と確信したバイヤーは
漢字の読み書きができない人なんだろうか。

ちなみにこの生地は、入り口に近い売り場にあった。
それは、売れてる…ってこと環保袋

…と書いてから、私は気づいた。
この店のバイヤーは、漢字だったらヘタでも上手でも
タテ横混じっていても、意味不明でも、
ぜったい売れるとわかっていたに違いない。

これまでだって、漢字プリントの生地は
きっと間違いなく売れ筋だったのだろう。

むっちゃんの「漢字タトゥー・コレクション」のために
ヘンな漢字タトゥーの人をたくさん撮影してきて、
「漢字だったらもうそれだけでカッコイイ」と信じている
あらゆる人種の老若男女に出会った私韓國 食譜

インテリアデザインの店では、「局部」という漢字が
高級カーテンにバシッとプリントされて
ディスプレイされているのを見たこともあった。

「この漢字の意味?口ではちょっと言えないよ。
めーっちゃ悪いコトが書いてあるから…」と、
翳りのある表情で私に言ったワルそうな兄ちゃんの首には
「竹信乙女」と、ワケわかんないタトゥーが
ヘタクソな字で彫られていたこともあった。

みんな違って、みんないい。

サシャの友達はみんな

これは、ジュニアが13か14歳頃の写真だ。

ジュニアと一緒に写っているのはDream beauty pro hard sell
まだワイキキでぶいぶい言わせていたお父さん、
この日結婚50周年を家族から祝ってもらったおじいさん、
そして、ジュニアより6歳上のキュートなお姉さん。

お姉さんのこのヘアースタイルと服装を見ると
あの80年代がなつかしく蘇るDream beauty pro hard sell

私も前髪をこんなふうにクリクリにして、
MTVでマイケルジャクソンのミュージックビデオを観て、
週末にはワイキキのディスコで踊っていた。

その頃ジュニアのお姉さんも同じ店の常連だったらしく、
もしかしたらどこかですれ違っていたかもしれない。

週末になるとワイキキにローカルがわんさか集まっていた頃だ。

いろんな店でハワイアンのライブを演っていて、
それをローカルのファンもたくさん観に来ていた。

お父さんも「あの頃僕のライブを毎晩聴きに来たのは,
本当にローカルが多かったのよ。特にワイキキで働く女の人」と
当時かなりモテていたことをよくアピールするDream beauty pro hard sell

もっと若い,私たち学生の年代のローカルは、
ワイキキのディスコで朝2時頃まで遊んで、
その帰りにカパフル通りのジッピーズで何か食べてタムロった。

最近夜のワイキキを歩きながら、「ワイキキも変わったね。
もうローカルはぜんぜんワイキキに来なくなっちゃったね」と
ジュニアがしみじみ言っていた。

でもこの頃ファッション雑誌をめくると
ミョーに80年代ファッションのリバイバルが多く
マサカの肩パッドルックまでを目にして私は驚いた。

長女サシャは私の80年代の服をクロゼットから出して来て
「クール!ヴィンテージ!」と叫び、大喜びで着ている。
サシャの友達はみんな、それを本気でうらやましがったりする。

…ちょっと複雑な心境になる私だった。

お菓子そのものは


先日ニジヤで買ったさつまいものお菓子。

パッケージに日本語が印刷されていたけど、
どうも日本産ではないような感じがした。
なのに隅っこに、「日本」っていう文字も見えた。

日本製っぽくしたいのかなあ、と思わせるような、
パチもん風のうさんくさい雰囲気が漂っていたけれど、
オーガニックという謳い文句につられて
私はつい買ってしまった。

お菓子そのものは、オフィスのみんなにいまひとつ不評だった。

が、パッケージの日本語に味わい深いものがあり、

大きい「つ」や「ユ」と小さい「っ」や「ュ」の違いには
まったく気づいていないところに愛嬌さえ感じ、
これは憎めないパチもんだな、と思ってしまった。

思わず涙も止まり

私は、ヒロヨがまた消えてしまわないうちにと
ヒロヨの首に思いっきり抱きついて
「ヒロヨ~!ヒロヨ~!ヒロヨ~!」と、3回
大きな声で泣きながら名前を呼んだ。

名前を呼んだら目が覚めてしまうとわかっていながら、
私はつい大きな声で叫んでしまった。

案の定、泣きながら目が覚めた私は、
丸まったお布団の一部に抱きついていた。

その時、おでこにポトッと涙が1滴落ちるのを感じた。
どういうふうに寝ていたら、自分の涙がおでこに落ちるのか、
それともこれは、ヒロヨの涙なのか、
ああ、そんなわけないよね、と、私は涙をぬぐった。

夢うつつの状態で私は、
「ごめんね、ちーろ。私の分までがんばりゃーよ」という
ヒロヨの声を聞いたような気がした。

私が見たあの海は、「向こうの海」だったのかなあ…と
ぼんやり考えていると、すぐ横で寝ていた次女がいきなり、

「OK! OK, Everyone!!」と、
めーっちゃエラそうな寝言を叫んだ。

思わず涙も止まり、苦笑せずにはいられない私。

そして次女はもう一度、
「OK! Everyone!」と、先生ゴッコでもしているかのように
高飛車な寝言を言い放ったのだった。

おかげですっかり目が覚めた私は、
今朝5時過ぎに起床してジュニアを驚かせた。

ところが

お盆には、ご先祖様が家に帰ってくる。
今年は11日にお墓に仏様をお迎えに行き、
家に着くとまずは「お帰りなさい」と、お迎え団子をお供えする。
生前から直接知っている舅には、好物のコーヒーを、
舅の母(義祖母)には、高野豆腐を供えたりもする。
皆さん、1年ぶりのふるさと。それぞれに寛がれている。
よもやま話に、花が咲いていることだろう。

13日は、お坊さんが来られて読経だ周向榮醫生
仏間の隣の部屋で夜、寝ていると、真っ暗で、静まり返ったなか、
直接、顔を知らない人々が、団体さんで隣の部屋にワイワイ居るかと思うと周向榮醫生
なんだか怖いような気もする。
写真でしか知らない人、
遺品があれこれ現存する人、
達筆の書を残した人、
蒐集家の人が残したコレクション類、
代々伝わる秘伝の万能薬の処方箋、
語り継がれている人、人、人、人、・・・・
何かしら現在に、足跡を残している。
けれど、夜中に、誰も私に話し掛ける人がいなくて、ほっとした。
とりあえずは、不足はないようだ。

14日朝から、昔から伝え決められた通りのお供えを、順々にお出しする。
味がほとんどついていないような精進料理のオンパレだ。
次から次へと、1日にわたり忙しいCleen
最後のお供え物をしたあと、家の者でお経を唱え、
いよいよお墓へ仏様をお送りする。

その時、姑に、お経の本を手渡され、
「『何ページのココから、何ページのココまで』般若心経を唱えなさい」
と言われた。

ただし、お経は私は新米なので、
無縁仏さん(迎え入れてくれる家のない仏様をお祀りする
お盆の間だけ、屋外に祀っている簡易で粗末な祀りもの)向けの読経だ。
ご先祖様の分のお経は、仏間のご仏壇に向かって、姑が唱える。

ところが、私はこの年になって、反抗期を迎えていた。
「はい、わかりました」と言えばいいものを、
素直にすんなりお経を唱える気持ちになれなくて、
「心の中で、唱えます。私は、仏教徒じゃないので・・・・」
と予期せぬ反応を見せたのだ。
姑は、驚いたような、一瞬「??」の顔をしたが、つかさず、
「皆、どことも仏教徒です」と、ひるまなかった。

とりあえず、私は、わざと必要以上に早口で、あちこち、つっかえながら
(デタラメも入れて)、お経もどきを読んだ。

そこから、姑との宗教戦争が始まった。

好きにやればいい

わたしは、どーでもいいことを、ちまちま、延々と、自分が納得できるまで考え尽くす。
で、納得できれば、ああよかったね、となり、納得できなかったら、明日に課題を持ち越す。
あるいは、考えている途中に眠たくなったら、次の日、また、一から考える。
つまり、・・・実は、なにも結んでいない。

実を結ばないことを、いかに自分で納得するか、自分を納得させるか、
虚しくも、ばかばかしい作業周向榮醫生
でも、好きだからしかたない。哀しい習性。

あーでもない、こーでもない症候群。

例えば・・・

自分がシャカリキになっていることがある。
その分野で、どうしても自分の思いや理想と、現実がかけ離れている。
理想のパターンをすいすい涼しげにやっている人を見ると、悔しい。
(実際は、目に見えない血の滲む努力をしていたとしても。いえ、努力しているに違いないとしてもCleen
なにくそ~となるのだが、自分は、頭打ち。追いつける見込みは、まったくない。
(おそらく、器が違うのだろうけれど)

で、どうなるか・・・。
自分を肯定し、それ以外を否定する。

なんだい、あんなの。
お金と時間をたっぷりかけた、暇人、ブルジョワの道楽じゃないか、
だとか、
遊びほうけているから、家庭や子供が、迷惑、被害を被(こうむ)っているに違いない、
他の義務(仕事や家事など)をおろそかにしているんじゃないか、
だとか、
趣味の面は素晴らしいけれど、他の分野は、たいしたことないね、
だとか、
負けている分野ではない方面のケチをつける。あら捜しをする。

・・・・・

ネガティブ・キャンペーン。

自分より上の人を引き摺り下ろして、ちょっとは、せいせいした気分になる。
一点にでも秀でていることは、とてもアッパレなことなのに、
他の並レベルの方面を引き合いに出して、イマイチだね、と、いう。

例えば、
文芸に秀でている人に、スポーツがダメね、だとか、
見目麗しい美男、美女に、でもアタマが、ね~・・・、だとか、
眉目秀麗・才色兼備な人には、でも性格がね~・・・だとか、家庭が不幸だね~、だとか、
体が弱いみたいだね~、だとか、
仕事のデキル人に、でも家庭がね~・・・、だとか、
なんでもいいから、ありとあらゆる、重箱の隅をつつくかのごとく、マイナス点を発見し、
拡大する。
いわゆる、出る杭は、打たれる、というもの。
このあたりの有名人レベルになると、打つ牽引役は、マスコミの仕事になるのだろうけれど。

一般人で、自分の生活圏の範囲内で生活している人は、そこまで、思われることはないにしても。

相手を引き摺り下ろすしか手がないのは、自分が上がれないとわかりきっている場合だ周向榮醫生
自分は頭打ち、歴然とした差は、埋めようがない。
そういう時は、目標を変えることだ。
しかし、目標を下げる、となると、またまた自己嫌悪に陥り、いかにも敗北感が強く、プライドが許さずムカつくので、
方向転換という、聞こえのよいものに変える。

まあまあ、たかだか趣味のことで、そんなに目くじらを立ててどうする?
プロじゃあるまいし。
楽しければ、いいじゃない。
という声が聞こえる。
が、その声は、負けた人間が、レース外から、試合を放棄し、努力まで放棄し、
一生懸命頑張っている人も、試合中止をさせるかのごとく、
まだ進行形で、緊張感で張り詰めている舞台を、シラケさせ、
結果的には、自分のところにまで、頑張っている人を引き摺り下ろしていることになる。
自分は脱落していても、同じ条件にリセットしてしまえば、勝ち負けがはっきりつかず、気持ちは、楽になることだろう。

そういう人は、試合に参加せず、応援席にいるべきだ。
選手と同じ目線、空間にいるべきでない。

・・・・・

つまり・・・
自分は、負けたんだから、応援席に回るか、あるいは、種目変更をして出直すか、だ。
種目変更しても、また厚い壁。
その時は、舞台を降りて、別の舞台に移る。
すると、そこには、似たような、元(もと)落ちこぼれの人がたくさんいて、
「おい、あんたもかい・・・」と、
お互いの挫折感もよくわかり、和やかに、おだやかに、過ごせるかも知れない。
あるいは、元選手も、リタイアして、その舞台に降りてきているかも知れない。
どっちみち、第一線ではなく、なんらかの、わけありB級品以下の集まりだ。
そこが、自分にとって、抵抗なく気持ちいいものであるなら、それはそれでいい。
だが、落ちこぼれ軍団、と、自分で思っているなら、気持ちは決してよくないだろう。

ゆるやかに、自分の力に沿って、目標や課題を下降させる。
この潔さがないと、いつまでもしがみついているだろう。
そして、枯渇感、虚無感、不満足感、充実できない日々を悶々と送るだろう。
それを耐えて、見事乗り越えて、目標を達することができるのならまあよいが。
乗り越えることができず、目標を無理やり変更する羽目になる屈辱感に、自分が耐えられるかどうか。

二度とその舞台には近寄らないか、
冷却期間を置くのか、別の方面に切り替えるのか、
あるいは、吹っ切れて、にこやかに、楽しくやっていくか。

・・・・・

ま、各自それぞれに、やっていけばいいのでは。

(いきなりの、結論。
突き詰めるのが、面倒になってきた・・・ああ、疲れた)


性格や考え方、生き方、
時間配分、エネルギー配分、ひとそれぞれ。
好きにやればいい。

デフォルトは

夫のことが大嫌いな奥さんたちは、少なくないようだ。
ブログに、ばんばん悪口を書きまくっておられるブロガーさんもいる。
男性の場合は、奥さんの悪口を書く人はあまりお目にかかったことがなく(わたしが素通りしているだけかも知れないが)
若い恋人(愛人?)とのノロケ自慢話っぽいものを(半分、嘘でも)書いたりしているブログは、見かけることがある。

わたしは、両方、読まない。ヒントも解決もなく、時間の無駄。

かくいう、わたしのブログも、そうとう悪口ざんまい。
懺悔するのに相応しい。

しかし、わたしのブログは、重いものや、理屈っぽいものもあるが(ほとんど全編?!)、暗くはないはず。
一時、近しいリアル人から、「あなたのブログは暗い。だから最近は読んでない」と言われたことがある。
が、「わたしのブログ、読んでみて!」とセールス、プッシュしたわけでもなんでもなく雪纖瘦投訴
むしろ、人知れず、こっそりひっそり楽しんでいたのに、ブログの存在を発見されてしまって、非常に心を痛めた。

で、ずけずけと感想を言ってこられて、まいった。
ブログで鬱憤を発散していたのに。(現在もその傾向あり。ちょっとはマシになったけれど)
まさに私生活だけでなく、こころの奥深くまで土足でズカズカと踏み込んで来られた気がした。

「暗いから読んでない」、ってことだが、またブログ内容が面白い調子になったら、読まれてしまう・・・。
暗くしなければ、読まれてしまう・・・。ああ・・・。
こう書いていると、面白がって、また読まれてしまう・・・。ああ・・・。
(→いま、お読みになっている方々へ 
わたし、書いて遊んでいるだけなので、まともに取らず、スルーしてください)

しかし、その人物も最近、多忙のようなので、人のブログまで暇そうに読んでいないと思う。
もし、読んでいたら、読んでいることをわたしに伝えないで、胸のうちにしまっていてほしい。
ましてや、感想など、ぜんぜん、求めてませんから。
聞かれもしないのに、ご自分から感想を言わないでください。
お願いします雪纖瘦投訴

と言いつつ、基本的にはわたしは、おちゃらけ、ちゃらんぽらん性質なので、
人のことなど、たいして、どうでもいいのだ。


ハナシは、変わり・・・

リタイア後の生活を書き綴った、シニアブロガーさんが書いておられる人気ブログがある。
その中で、奥さんに対する機嫌の取り方が紹介されている。

奥さんにお茶や、コーヒーを入れてあげる、というのは、とても良いことだと感じた。
かんたんな、ほんのちょっとしたことなのに、絶対にしない男性の多いこと。

「おい、お茶!」と頭ごなしに命令するのは、さすがに、このご時世、はばかられるので、
「お茶にしませんか」と夫は言う。
が、絶対に死んでも、夫は自分では入れない。

「すみません、○○取っていただけますでしょうか?」と、自分で取らないで(取れるのに)、人に取らせる。
「すみません。おっしゃるとおりです、私が悪うございました」と、やたら慇懃無礼な言い方をする雪纖瘦投訴
まったく、悪いなどとは、微塵も思っていないこと、ありあり、見え見えで、慇懃無礼ぶりが余計に癇に障り、気分が悪くなる。

包装紙を変えても、中身が同じなら、変えないほうがマシである。
変化の兆しだとか、変わる前の前兆だとか、そんな風には思えない。
小手先で、お茶を濁そうたって、そうはいかない。

おそらく、溝は埋まらない。
埋めようなどと考えるからストレスが溜まるのである。
埋まらないものだと理解していたら、それなりに生活していけばよい。
知恵は、なんのためにあるのか。使うためにある。生きていくために。

生きていくには欠かせない心臓が悪くなっても、
ペースメーカーを埋め込んで、ふつうに生活している人もいる。

なので、方法は一つではない。
融通性、柔軟性を持つ。
いがみ合って生活していては、つまらない。
いがみ合わないように、工夫するとよい。知恵をフルに駆使して。
解り合おう、和解しようなどと、大それたことを考えたり、トライしてみたり、そんな無駄なことは、省エネに反する。
お互いに理解できないもの同士である、ということを理解しさえしていれば、
まあまあの平和は保てる。

ある程度の年齢になると、大手術より、内服薬で
破綻を来たさない程度の現状維持がローリスクかと思うのである。
デフォルトは、避けたい。

しょせん


わたしが知っている人のなかに、数少ない「暗い人物」がいる。

彼女、Sさんは、職場の後輩で、年は、わたしより6~7歳、年下。
彼女が入社した時から知っている。

彼女は、イマドキの人のようで、先輩であろうが、年上であろうが、タメ口をきく。
わたしとSさんは、職場の昼時間にランチに行くようになった。
毎回、ランチに行っているうちに、ついには、
「あんた、今日は、なに食べたいん?」
と言うようになり、タメ口もここまでくると、わたしの許容範囲を越え、
その日を境に、こころの距離を置いた。

次第に、彼女とのランチの回数を減らした。
「先に行って。わたしは、まだ、ちょっとすることがあるので」
とかなんとか、適当に理由をつけた。

だんだん、まったく一緒にランチに行かないようになり、彼女も気付いたことだろう。

彼女は、わたしの上司でもある人物にも、呆れられるような失態を仕出かしていた。
べつに業務的に損失をもたらしたわけではないが、
仕事がらみの、とあるコトで、上司の面目をつぶし、嫌われた。

「もうしないから・・・、もうしないから・・・」
と、彼女は必死で謝っていたが、上司は、クールだった。


ランチをいっしょにしていた頃、
独身である彼女に、結婚相手・候補として知人を紹介した。
いわゆる、カジュアルなお見合いである。
場所は、我が家。
彼女は、いつになく、ハイテンションで頑張っていた。
かなり無理をしているようにも思えた。
結果的には、うまく行かなかった。
彼女のその後の言葉は、いまでも忘れられない。

「スローさんは、自分だけ幸せになって、ズルイ・・・」


当時、同じ案件を担当した営業の人たちと、皆で打ち上げや、ランチに行っていたこともある。
営業のA氏に言われたことがある。
「スローさんと、Sさんとじゃあ、ちょっと、キツイですねえ・・・」
いろんな解釈の仕方があるだろう。

Sさんは、地の底から地響きのするような、うめき声が聞こえるような、ものすごい迫力のある暗さを持っていた。
べつにわたしから質問したことは、ひとつもなかったが、
彼女は、いろんなことを話した。
怨み話が多かった。

「わたしが、いい大学に行けなかったのは、
そんな大学があるということを教えてくれる人が、まわりに、いなかったから。
なんで、わたしに、教えてくれないの?」
(成績が悪いからではなく、まわりが、悪いってことか?)

「わたしは、モデルになろうと思っていたけれど、身長が160センチしかないので、18歳の時にあきらめたの」
(意見や、見た目に関する率直な感想を言い合う友だちはいなかったのか?)

「どこどこの誰々(名のある企業や団体の偉いさん)の娘と友だちなのよ」
(友だちって、知り合い?ってことか?)

「わたしは、いつも、そう・・・哀しいことに慣れているの・・・。
辛い目にばかり遭ってきたの」
(反省するときは、自分は悪くないのに、まわりが悪い、という分析結果に常にたどり着く)


後々、思えば、ひとつの方程式が、びしっと確立されている。
モノゴトを振り返り、うまく行かなかったことの原因は、自分ではなく、まわりにある。
不幸な運命にある、可愛そうな自分。
ふっとため息をつき、あきらめたような、暗い目で視線を落とす。

不幸を呼び寄せているのは、自分なのではないか、と、
誰一人、親身になって彼女に忠告をする人はいなかったようだ。
まわりでは言っていたかも知れないが、非難されていると感じていたのかも知れない。
聞く耳を持たず、なのだろう。
自分で気付くしかない。

わたしも、彼女にもっと働きかけるべきだったかも知れないが、
お見合いを設定した程度にとどまってしまった。
(でも、お見合いって、いま、思えば、
オススメの人物を紹介するべきであり、引き合わせる人物を吟味するのが紹介者の義務なのに、
さして、知らないまま紹介してしまったという、反省に至る)

いやはや、暗くてネガティブな人を必死で立ち直らせようとするほど、
わたしは、余裕があるわけでもなく、立派な人物でもなく、・・・
至らないことを自覚させられるようで、自分に返って来るような気がして、後味が悪い。

しょせん、わたしは、凡人、小市民。
自分の幸せを守ることに精一杯。
それに、職場は、友人作りの場ではなく、仕事をする場である。
常識をもった個人が、仕事をするために集まるのが、職場だ。


不幸なひとを救い、明るい方向へと導くのは、
わたしごとき小者が思い上がったとしても無理がある。
自己犠牲や、無償の愛を唱え、実践されている、
素晴らしい人格の、熱心なボランティア奉仕家さまや、崇高な宗教家に、お任せしよう。

地球温暖化の原因

太平洋上で猛烈に発達した19号台風が、ついに日本に上陸した。ニュースを賑わせた超大型台風も、日本列島上陸間近になって勢力こそ落としたものの、二週連続でやって来る強烈な台風にはうんざりさせられる。折しも今日は体育の日である。本来ならば、秋晴れの爽やかな時期だけに、三連休を行楽にあてた方には気の毒な話である。

 ところで、この度の台風であるが、9日の正午の時点では中心気圧が900ヘクトパスカルにまで発達していたそうである。そのときの中心付近の最大風速は秒速60メートル、最大瞬間風速は秒速85メートルもあったというから驚きである。このように、最大風速が秒速60メートルを超える台風を専門家の間では「スーパー台風」と呼ぶらしい。

 そもそも、19号台風が発生した当初、ここまで急激に発達するとは思われていなかった。ところが、7日の午前0時からの24時間に、中心気圧が970ヘクトパスカルから905ヘクトパスカルへと、一気に65ヘクトパスカルも下がり、猛烈な勢力に発達したというから自然の猛威は恐ろしい。このように、24時間で40ヘクトパスカル以上も下がる現象を、これもまた専門家の間では「急速強化」と呼ぶらしい香港手作

 専門家の説明によると、本来台風は海水温の高い海域で発達するものではあるが、ある程度まで発達すると、温かい海水と、その下にある冷たい海水とが、台風の風で掻き混ぜられることで海面の温度は下がり、急激に発達することはないのだそうである。ところが、この度の場合は、太平洋の高温域の層が深くまであるために、台風の風で海が撹拌されても海水温が下がらず、エネルギーの元である水蒸気が供給され続け、「急速強化→スーパー台風」となったそうである名創優品山寨

 掻き混ぜても温度が下がらない太平洋。この話を報道番組で説明される度に、太平洋がラーメンの丼に見えてくるから不思議である。なぜなら、ラーメンは麺をかき混ぜてもスープの温度は急には下がらない。麺を食べ終えても熱いままである。スープの表面を覆う背脂が、保温作用を作り出しているから最後まで温かい。もしかして、太平洋の海水も汚染物質が原因で、何らかの保温作用が有るのかもしれない。あくまでも科学的根拠のない自分勝手な憶測である紐崔萊產品
らあめん

 自分勝手な憶測ではあるが、地球温暖化の原因が温室効果ガスというのであれば、海水温度上昇の原因も海面保温物質が原因であってもおかしくは無いと思うのであるが、皆さんは如何がお考えでしょう。

別居中の古女房だか

東京の上娘からのメールが昨夜、送信されていた。
で、今朝の3時に返信した。

すると
「午前3時のメール・・・って・・・
とんでもない不良か老人か、どっちなん?」
とのコメント。

そうですねえ。
とんでもない夜遊び不良か、とんでもない早起き老人か、どっちなんでしょう?
iPadの写真の取り込み方、利用法をiPadで調べていたら、寝てしまっていて
目が覚めたのが3時だったのだが。
とんでもない、真面目人間?
とんでもない、不真面目人間?

コネクターがないと、写真は取り込めないようなかんじ?
iPad用コネクターを買おうと、昨夜、ヨドバシカメラに閉店(21時30分)間際に駆け込んだが、
どこにあるのか探したものの、よくわからない。
あまりにも閉店間際すぎて
店員さんに尋ねるのもはばかられ、結局、買わずに帰ってきた。

新品ノートパソコンは、ユーザー登録者として、製品への質問を出していたら返答があった。
日本以外では、インターネット使用は故障の原因になるので、使わないことをオススメするそうな。

せっかくのお高い出費は、露と消えた・・・

気を取り直して(じつは、ずいぶんエネルギーが要った)
それなら頼みの綱は、iPadでしかないか・・・と。
別居中の古女房だか、モト彼だか、そんなかんじで、一旦は、サヨナラしたが
もういちど、第一線のステージに引っ張り上げる。
この古女房、なかなか、いうことを聞いていくれなくて、音を上げて寝てしまった、わたし。

とりあえず、iPadに写真が取り込めない時のために、写メールをプログへ送信し、
そのコースをテストしてみた。
その、お試し写真が、トップの写真。
先週に行ってきた函館での、有名店 鮨処 「木はら」のお皿。
北海道の柄が描かれているのだが、わかりにくい?

遊び人でもないのになぁ

人間、カラダはひとつ。
仕事、家庭、公私それぞれのお付き合い、地域での役割、ありとあらゆる雑用・・・
めちゃめちゃ忙しい時、優先順序を決める、仕分け人が必要だ。

そうこうしていると・・・人生の分岐点に立った時、何を取って、何を捨てるか。
たとえば、結婚相手。
選ぶ基準は、人それぞれ。
お互いのニーズと時期が合致すれば、成立する。


「成功すれば、オンナはついて来る。」と豪語するのは、知人の辣腕(らつわん)税理士K氏。
彼は20代後半で独立した、努力家で、やり手の若手。
彼の年齢で独立する人は、いたって稀な業界に身を置く。
小柄な身体に、エネルギッシュな情熱がみなぎる、V6の岡田君似のイケメン。
合コンで射止めた、才色兼備の女性と、めでたくゴールインした。


本来、日本人は勤勉が取り柄、売りだったのに、
アメリカの陰謀によって、日本をダメにしたんですっ!!
なにが、頑張り過ぎるな!! 休め!!ですかっ!!
いまどきの男は、働きが悪すぎる。
気が回らなさすぎる。
言わないと、わからない。指示待ちではなく、頭を使え。
仕事する気、あるんかあぁっ!!

と、いつも、働きの悪い従業員たちに、頭から湯気を出して、怒っている。
彼らも頑張ってると思うんだけど、人の何倍も働き、努力するK氏にしてみると、
とんでもなく、ダメ・スタッフなんだろう。


結婚式の当日も、午前中いっぱいは仕事をしていた、というK氏。
その前後から、奥さんは、マリッジブルーに陥っていたようだが、
K氏の持前の自信と、押しの強さで、押し切った。
しかし、独立したばかりということもあって、超多忙。
私生活のほとんどを仕事に費やした。
仕事人間すぎて、家庭を顧みる時間も余裕もなく、ついに結婚生活は破綻。
その頃はさすがに、K氏も苦しそうな、やつれた顔をしていた。
が、あくまで、「オトコは仕事ですっ!!!仕事をしていて、何が悪いんですか!!」
と強気姿勢を崩さなかった。

何事も、やりすぎはよくないってことだ。
「私生活を共にしない、結婚生活って、なに??
これじゃ、結婚していないのと同じじゃないの」
奥さんの苦悩は、実によくわかる。

K氏は、あの極端な考えを変えない限り、再婚は遠そうだ。
超真面目な、デキるイケメンなのに、もったいないなぁ・・・
結婚向きではないのかなぁ・・・
遊び人でもないのになぁ康泰領隊・・・

彼の友人にも、私もお目にかかったことが何度かあるが、また似たような人が多い康泰領隊
仕事に関しては、信頼できる。
要所を的確につかむ、カンの良さを発揮する。
デキる、イケメン、そして、ワーカホリック康泰領隊
仕事が終わった深夜に、誰もいない部屋で、ゲームをしているそうだ。

結婚したくても出来ない男性・・・、ゴマンといる。
同じく、結婚したくても出来ない、デキるキャリア美人も、ゴマンといる。
キモチワルイ人種ではないのに、どうして、こう、うまくいかないのだろう・・・

遊び人でもないのになぁ

人間、カラダはひとつ。
仕事、家庭、公私それぞれのお付き合い、地域での役割、ありとあらゆる雑用・・・
めちゃめちゃ忙しい時、優先順序を決める、仕分け人が必要だ。

そうこうしていると・・・人生の分岐点に立った時、何を取って、何を捨てるか。
たとえば、結婚相手。
選ぶ基準は、人それぞれ。
お互いのニーズと時期が合致すれば、成立する。


「成功すれば、オンナはついて来る。」と豪語するのは、知人の辣腕(らつわん)税理士K氏。
彼は20代後半で独立した、努力家で、やり手の若手。
彼の年齢で独立する人は、いたって稀な業界に身を置く。
小柄な身体に、エネルギッシュな情熱がみなぎる、V6の岡田君似のイケメン。
合コンで射止めた、才色兼備の女性と、めでたくゴールインした。


本来、日本人は勤勉が取り柄、売りだったのに、
アメリカの陰謀によって、日本をダメにしたんですっ!!
なにが、頑張り過ぎるな!! 休め!!ですかっ!!
いまどきの男は、働きが悪すぎる。
気が回らなさすぎる。
言わないと、わからない。指示待ちではなく、頭を使え。
仕事する気、あるんかあぁっ!!

と、いつも、働きの悪い従業員たちに、頭から湯気を出して、怒っている。
彼らも頑張ってると思うんだけど、人の何倍も働き、努力するK氏にしてみると、
とんでもなく、ダメ・スタッフなんだろう。


結婚式の当日も、午前中いっぱいは仕事をしていた、というK氏。
その前後から、奥さんは、マリッジブルーに陥っていたようだが、
K氏の持前の自信と、押しの強さで、押し切った。
しかし、独立したばかりということもあって、超多忙。
私生活のほとんどを仕事に費やした。
仕事人間すぎて、家庭を顧みる時間も余裕もなく、ついに結婚生活は破綻。
その頃はさすがに、K氏も苦しそうな、やつれた顔をしていた。
が、あくまで、「オトコは仕事ですっ!!!仕事をしていて、何が悪いんですか!!」
と強気姿勢を崩さなかった。

何事も、やりすぎはよくないってことだ。
「私生活を共にしない、結婚生活って、なに??
これじゃ、結婚していないのと同じじゃないの」
奥さんの苦悩は、実によくわかる。

K氏は、あの極端な考えを変えない限り、再婚は遠そうだ。
超真面目な、デキるイケメンなのに、もったいないなぁ・・・
結婚向きではないのかなぁ・・・
遊び人でもないのになぁ・・・

彼の友人にも、私もお目にかかったことが何度かあるが、また似たような人が多い。
仕事に関しては、信頼できる。
要所を的確につかむ、カンの良さを発揮する。
デキる、イケメン、そして、ワーカホリック。
仕事が終わった深夜に、誰もいない部屋で、ゲームをしているそうだ。

結婚したくても出来ない男性・・・、ゴマンといる。
同じく、結婚したくても出来ない、デキるキャリア美人も、ゴマンといる。
キモチワルイ人種ではないのに、どうして、こう、うまくいかないのだろう・・・

熱中症と仲良くなりそう

今日もまた気温は鰻上りというか、泥鰌上りというか。 鰻も泥鰌も水面まで上がってきて、すぐに下がるのだが、気温は夜中まで上がりっぱなしで、熱中症と仲良くなりそうCalifornia Fitness 月費。 

 節電、節電と掛け声ばかり聞こえるが、どこのスーパーでも商店でもガンガン冷房しているし、灯かりだってフルに点灯している。 家でチマチマ節電しているよりも、お茶をペットボトルに詰めて外へ出かけた方が熱中症予防になる。 と、言いながら、家のクーラーの電源を切り忘れて出かけたりしてCalifornia Fitness 月費

 我が家の家族、メタボ金魚が3日前から餌を食べなくなった。 落ち着きがなくなり、何もしていないのに急に驚いてバチンと跳ねたりしている。 水温が高すぎるのだろう。 なんとかしてやりたいが、こちらもアップアップしている状態なので…California Fitness 月費

暫くぶりだ

今日は年に数回の市民劇場の日だった。前回甥っ子の結婚式で参加出来ず、代わりに親友ナースに行ってもらったので、暫くぶりだ。
 今回は3人の友人の内、一番活動的な友人が、体調を崩して参加出来ず。二人での観劇となった韓國 食譜
 かく言う私も、数日前から体調は思わしくなかったのだが、着くなりマツキヨでビタミン剤や風邪薬を買って飲んで参加した。
 作品は劇団NLTの「OH!マイ ママ」である。この劇団も「はずれの無い」作品が多くて大好きだ。いつも楽しい気分で終われる。
 今日の作品の舞台はフランス。息子の結婚式に同時に再婚をする予定の父親。母親は20年前に失踪しているが、再婚相手はその妻の親友だった女性。そして、ホームステイしている女性はこの「父子」二人と・・・。
 そこへ、アメリカから軍人が訪ねてくる。この人が訳ありの人なのだが、父の事も息子の事も再婚相手の事も良く知っている韓國 食譜
 そんな人だから、息子は失踪した母親の事が知りたくて色々詮索をする。その詮索が誤解が誤解を招いて、周りが収拾しようとする度に余計にややこしくなって行くというコメディであるMaggie Beauty
 とにかく、舞台の間笑い続けた。楽しくて、誰一人憎めないキャラクターでとてもよかった。また、役者さん皆さん声が良くて、勿論滑舌も良くて、セリフが入ってきて心地よかった。舞台俳優さんは、そもそも発声は出来て当然だが、その中でも聞き取りやすい舞台だったと思う。
 残念ながら、最後に交流会があったのだが、朝雪がちらついていたので心配で参加せずに戻った。
 帰りの車の中、明日からの仕事という現実が押し寄せてきた。一緒の友人は、
 「許されるなら冬眠したい。」
としみじみ言っていた。流石に冬眠は出来ない・・・が、こういう楽しみがあるからこそ、頑張れるというものである。
 うん、明日も頑張ろう。

画像は今

画像は今、手元にあるもの。

私ったら、どーーーしてこう

作ったものを手元に残すなり

画像を残すなり出来ないのやら設計商品

作ってる時はすっごくそこに入れ込んでいるのに

出来るともうどうやったら無事に届くか香港手作

ラッピングは崩れずにイケるのか…と

次から次へとアタマを使っていて

ポストにぽとりと入れてから

「あ!画像!」

と何度やったことか…手工藝產品

でも今回、kaorinさんご注文の商品は

ブログで紹介して下さって

ほんの数日前の送ったものなのに

あ、そうそうそう!と懐かしいくらい…。

お手紙をつけたんだけど

何を書いたっけ?ぐらいヤバイ脳みそ…。

良かった、書くべきことはちゃんと書いたらしいぞと

それもブログで確認

エッセイ「糞じじい」

若い人は、年寄りを揶揄してそう呼ぶが、これは、自分も若いときには、年寄りにそんな憎まれ口を叩いていたのだから仕方のないことで、順に送りである。

 今、糞じじいだの、糞ハゲだのと言っている若者も、やがては言われる側にまわるのだ。「光陰矢の如し」と言うが、過ぎ去ってみると、なんと速いことか。「俺はまだまだ若い」と、うかうかしていたら、周りの連れが一人消え、一人旅立ちして、気がつけば自分の頭髪は真っ白になっていて、次は自分が去る番に来ているMaggie Beauty黑店

 年寄りは、若者を羨むことはない。若者は年寄りの経験はないが、年寄りは若い時代を通りすぎて来たのだから経験済であるMaggie Beauty黑店


 とは言え、一つ「歳を取るんじゃなかった」と、後悔していることがある。もっとバイクを乗り回したいと思いながら歳を取ってしまったことだ。(群れて暴走はしなかった)

 開通したばかりの神戸(こうべ)の自動車道は周りに人家がなく、深夜、車も殆ど通らなかった。パトカーも白バイも、ましてや鼠捕りにもお目にかからず、走りは快適であった。そんな道路で、一体時速何キロで走っていたのやら、ここでは年の所為で忘れたことにしておこうMaggie Beauty黑店

 二輪の免許は、高校生のときに取った「軽自動車」と言うものだった。これが最終的には、免許制度の改訂により勝手に「大型自動二輪」になった。二輪なら容積に関わりなく全て乗れる免許証である。

 最初に乗ったのは、シルバービジョン(250cc)という三菱のスクーターで、明石の運転免許試験場での実地試験に使ったのがそれと同じであった。試験は一日で学科試験から実地試験、適正検査もして合否もその日の内に知らされた。免許証は、一週間ほど後に受取りに行かされたように記憶する。友達と二人で、明石駅から出ているバス代を倹約して、山陽電鉄の大蔵谷駅から、エッチラエッチラと坂道を歩いた記憶がある。

 今は、楽しそうなライダーブログの写真を見て、若き楽しかった古を偲ぶばかりである。