オアシスのこと

昔、ある方から「オアシスが何で好きなの?」と露骨に質問されたことがある。多分、ある年代から上の方がオアシスにもろ手を挙げて賛同しかねる気持ちになるのは、分る気がする。「どこかで聴いたような」と言う形容詞がどうしてもまとわりつくのだろう。ファンの私ですら、「おお、ジョンレノン」とか思ったことはまま有る。
VigRx
オアシスを始めて聴いたころの私はボロボロだった。手のかかる3歳児と乳飲み子を抱え、世界は子供を中心に回っていた。朝から晩まで育児に追われ、音楽を聴いたり本を読んだりする暇も気力も私には無かった。息抜きは、子供が昼寝しているわずかな合間のドラゴンクエストだけ。慣れない近所付き合いや、公園で同じ年頃の子供を持つ母親との付き合いで、神経をすり減らしていた。

そんな時、オアシスを始めて聞いたのだ。白黒の画面がゆっくりと彩色されていくように、私の中の枯渇した何かを文字通り癒してくれたオアシス。特に2ndアルバムは本当によく聴いた。ほとんど一緒に歌えるのではないかと思うぐらいに^^;
初めてビートルズを聴いた時の、初めてSEX PISTOLSを聴いた時の感動を、思い起こさせてくれたバンドがオアシスだった。
淫インモラル
あの時オアシスに出逢ってなかったら、今こうしてロックを聴き続けていなかったかもしれないと思う時がある。

ところで、今日午後仕事中に友人からメールが入った。コソコソっと給湯室で隠れて読んで、仕事を続けようとしたのだが、あんまり暖かいメールだったので、パソコン打ちながら涙が出そうになった。やっぱり友達っていいよな。この歳になって本当にそう思えました。どうもありがとうね。

サンショウの実(?)

賢者たるオレ様は、このところの忍者研究のため忍者の絵本(我が家の専門用語で書籍一般)を読んでいたのだった。そのなかで「視力を鍛えるために、サンショウのツブを三粒食べていた」という記述があったので、真似をせねばと思ったのだった。

 でも「サンショウ」って何だ? ネットで調べたら単純に山椒ではないか。それなら調味料としてオレ様の家にもあるけど、そんなのでいいのか。忍者のものだから、いまなら自然食品だの漢方薬品の店で売っているものだろうし、かなり高額なんだろうな。

 しかしながら、視力が鍛えられるというか、食べるだけで少しでも向上するなら山椒を食べようではないか。でもなぁ、うなぎ以外に何に使ったけな。知らないということは、いつ買ったものかの記憶もない。そもそもオレ様は賢者であって、忍者ではない。

 いかんなぁ。食べ物まで健康オタクというか、忍者のようになってくるではないか。
壮三天
催情丹
淫インモラル