人は都合の良い人を求めている。

自分も含めてそうだが、きっと、人はどんどん自分に都合の良い人を求め始めているんだろう。
マクドナルドの時給を1500円にしろという訴えがあったそうたが、そうなるとファーストフードはみんな潰れるという。セットで600円前後で提供できなくなるからだ。薄利多売のマニュアル主義で誰でもできるバイトに仕立て上げてるため、本当にやっかいなことになったら、機械化を推し進めるだけで、結局、人を減らすことに拍車をかけることになる。
D10媚薬
これからの時代を想像すると、まず、プログラムを組める人とデザイナー、農業、このあたりの仕事が中心になつてくるのかなぁと。要するに独創的な発想と創造力。そして、食。マニュアルで動く人間、またはマニュアル化できる仕事の時給は実質的に下がっていくだろう。物価は徐々に上がりつつあり、給料は恐らく物価の上昇率には追いつかない状態になり、慢性的なちょいインフレになっていくかもしれない。社会保障も年金もそれだけではもう老後に生きていくことは不可能らしい。

国に何を不満を言ったとしても言うことはできるが、そう簡単に国家の構造や社会保障の構造、人口構成は変わらない。これから厳しい時代に入っていきそうだ。まさに自分の身は自分で守る時代に。
勃動力三體牛鞭
こういう状態になると日本では少子化に歯止めはかからないだろう。自分を守るのがやっと。人の世話までできない。自分に配偶者、扶養家族などを持つことを想像できるか?行き当たりばったりならいいが、少し真剣に考えると20年間、子供を経済的にだけでも守ってあげることが可能な人は今どのくらいいるのか。

これからは、タフで時代の波に乗り、高い順応性を持った者しか生き残れないのではないか?動物の世界から言っても順応性っていうのは、サバイバルしていく上での重要なキーワードになっていると思うが。
しかし、「人間万事塞翁が馬」という言葉もある。何が幸いするかわからない。その怪我が病気が、命を逆に救ってくれるものになるかもしれない。

一番重要なのは、「この世の中は生きるに値する素晴らしいものだ」と思えるかどうかだ。戦没者達は、きっとそう願っていたはずだ。「子供には、この世は生きるに値する素晴らしい世界だ」と思える世の中になりますようにと。
蟻力神
話は、色々飛び飛びになってしまいましたが、「この世は、生きるに値する素晴らしい世界だ」と死ぬのが惜しい!死にたくない!と心底思えるような日本にしていけば、小さなことでは悩まなくなるのでは。
人の悩みに大小はなく、本人にとっては大きいものだろう。全てが自分の思い通りにいくことなんてない。
医学、医療、仕事、人間関係、全てが思い通りにいくと錯覚して、何か勘違いをし始めているのでは?
子供の産み分けや遺伝子から病気や適性を見るなど、倫理に関わるような医療問題も出てきている。
世の中には、運命というものがあり、やるだけやったら、あとは大きな流れ、自然に任せるしかないということに立ち返らないととんでもない失敗を人間はする危険性があるのでは?なんて思ったりする今日この頃である。
Calendar
«  May 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others