「役職ディストピアリ」1巻記念でPV公開、人気WEBマンガのリメイク版

千賀史貴脚本、テルミン作画による新連載「役職ディストピアリ」1巻が2月25日に発売される。これを記念したPVが制作された。
御秀堂
「役職ディストピアリ」は、1年間で430万アクセスを突破した人気WEBマンガ。生まれながらにして役職が決まっている世界を舞台に、死んだ仲間のレベルを己の糧にしていく討伐士を描いたダークファンタジーだ。ヤングガンガン(スクウェア?エニックス)での連載版ではWEB版をリメイクし、全キャラのデザインが再考されている。特設サイトでは第1話から第3話の試し読みを公開中だ。

1巻には購入特典も用意されており、アニメイトではミニ色紙、ゲーマーズではブロマイド、コミックとらのあなではイラストカードをプレゼント。特典の有無は店頭にて確認を。なおSBクリエイティブのGA文庫より、マンガ本編と対をなすアナザーストーリーのノベライズ企画が進行中。詳細はヤングガンガン本誌にて、追って告知される予定。大印象

<ヨルダン軍中尉殺害>広がる追悼、宗教超えて

イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)によるヨルダン軍パイロット、モアズ?カサスベ中尉の「殺害映像」公開を受け、同国内のモスク(イスラム礼拝所)やキリスト教会で4日、中尉の冥福を祈る特別礼拝が行われた。ヨルダンはイスラム教徒が9割以上を占め、中尉も信仰者の一人だ。しかし、人々は宗教の違いを超え、冥福と平和を祈った。
美人豹
「動物は欲望だけで生きている。人間には理性がある。ISは欲望に生き、人の心を失った」。首都アンマンのギリシャ正教会で、イブラヒム?ダブオール神父(60)は約50人の信者を前に、理性に基づく平和維持の大切さを説いた。参列したライラ?オマイシュさん(64)は「中尉と日本人(人質)2人、彼らの家族に祈りをささげた。宗派や国は違うが、当然のこと」と話した。

一方、アンマン中心部のモスクでは、イスラム指導者が数百人の教徒を前に「すべてのテロを非難する。彼ら(IS)の行為はイスラム教の教えに反する」と強調した。モスク管理人のハニ?スムクロットさん(55)は「日本人2人のためにも祈った。こんなことをするのがイスラム教徒だとは決して思わないでほしい」と話した。天天素