韓国、衛星先進国に向けてロケット自主開発へ

多目的実用衛星「アリラン3A号」が26日にロシアのヤースヌイ発射場からドニエプルロケットに載せられて成功裏に打ち上げられたことで、韓国は赤外線センサーを搭載した衛星を保有する世界4番目の国家となった。
花痴
だが、韓国はロケットがなくて外国の打ち上げに頼っているのが現状だ。予定より2年間延長された「アリラン5号」(2011年)の打ち上げに続き、アリラン3A号も昨年11~12月の間に打ち上げられる予定だったが、ロシアとウクライナの葛藤で4カ月遅れ、衛星維持費や人件費で損害を受けた。D10媚薬

アリラン3A号の成功的な打ち上げで韓国型ロケット(KSLV-2)技術開発も速度を増す見込みだ。KSLV-2は2021年3月までに合計1兆9572億ウォンを投じて開発される予定だ。未来創造科学部は「外国のロケットではなく、自ら製作したロケットに衛星を載せてこそ真の意味の衛星先進国になる」としながら「2020年までに1.5トン級の韓国実用衛星を宇宙に打ち上げるKSLV-2の開発にさらに努めたい」と明らかにした。D10催情剤

一方、韓国政府はアリラン6号、次世代小型衛星、静止軌道複合衛星2A号と2B号など合計4基の衛星を追加で開発中だ。次世代小型衛星は2016年、アリラン6号は2019年にそれぞれ打ち上げられる計画だ。

安めぐみ、東MAXとの第1子出産に喜び

お笑いコンビ?Take2の東貴博との第1子を出産したタレントの安めぐみが、18日、自身のブログを更新し喜びを明かした。
黒倍王
ブログで安は、17日19時19分に長女を出産したことを報告。続けて「そばでずっと立ち会ってくれた主人と共に、元気な産声を聞いた時には、産まれてきてくれた娘に、本当にありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになりました」とうれしさをにじませ、「温かく見守ってきて下さった皆さん、ありがとうございました」と感謝の思いをつづっている。
淫インモラル
また「これから、夫婦でたくさんの愛情を注いでいきたいと思います」とママとしての意気込みを見せ、赤ちゃんの小さな手が写った写真をアップ。ファンからは「おめでとうございます」と祝福の声が相次いでいるほか、「かわいい手ですね」「ママ似の美人さんになるんでしょうね」といったコメントが寄せられている。
妖姫
二人は2011年12月に結婚。昨年10月に妊娠5か月であることを発表していた。二人の長女?詩歌(うた)ちゃんの名付け親は、萩本欽一だと公表している。

阪神渡辺が見事な火消し 中継ぎ争い残った

阪神渡辺亮投手(33)がチームの窮地を救った。2点リードの7回に高宮が2失点。遊撃北條の失策なども絡み、流れは同点に追いついたロッテにあった。壮天根

なおも2死一、三塁のピンチでバトンを受けると、7番サブローに対峙(たいじ)。一塁走者岡田に二盗を決められ二、三塁になるも、最後は137キロ直球で見逃し三振を奪い役割を果たした。

中継ぎサバイバルが激化する中で、渡辺はオープン戦4試合に登板し3回1/3を無失点。安打や四球も許さないパーフェクト投球を続けている。「これまでと違い、セットポジションでのスタートだったので、いい練習になった。そういう場面で抑えられて良かったです」と充実感を漂わせた。夜夜堅

W-1クルーザ王者決定トーナメントにTAJIRIがイチャモン

W―1は9日、軽量級の新王座「クルーザーディビジョン」初代王者決定トーナメント(4月1日開幕、東京?後楽園ホール)の開催を発表。記者会見ではカズ?ハヤシ(41)らエントリー選手が意気込みを語った一方、TAJIRI(44)が同王座を批判し、早くも風雲急を告げている。
D10媚薬
5月5日の決勝(後楽園大会)を目指し、ハヤシ、田中稔(42)、大和ヒロシ(31)、アンディ?ウー(非公表)、吉岡世起(27)、児玉裕輔(27)、藤原ライオン(28)、エル?イホ?デル?パンテーラ(23)の8人がしのぎを削る。同王座の提唱者であるハヤシは「俺が初代チャンピオンにならないといけない」と固い決意を語った。
D10催情剤
しかし、これに冷や水をぶっ掛けたのが、パンテーラの通訳として会見に参加したTAJIRIだ。米WWEクルーザー級王座(WCW時代を含む)で3度戴冠した唯一の日本人で“ミスター?クルーザー”としても知られる。「最初は興味があったが、集まってきたやつらがくだらなすぎる」と吐き捨て、今回は同じ「デスペラード」軍のパンテーラのサポートに回るという。
情愛芳香劑
実力者に新タイトルをけなされたハヤシは「過去の栄光にしがみついてるだけ」と唇をかんだが、策士としても知られるTAJIRIとあって今後、同王座に絡んでくる可能性もある。W―1の軽量級戦線になにやら不穏なムードが漂い始めた。

テリー、改めて契約延長を希望「来季もプレーすることが目標」

チェルシー所属の元イングランド代表DFジョン?テリーが、自身の去就について語った。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。
天天素
シーズン終了後に契約が切れる34歳のテリーは、以前からチェルシーとの契約延長を希望している。今回、同選手は「あとどれくらい残っているのか分からないけど、何年かプレーできたら嬉しい。もし、今回が最後なら成功を収めたい。来シーズンもプレーすることが僕の小さな目標だ」と述べ、改めて契約延長への思いを明かした。

また、30代の選手とは基本的に1年契約を結ぶチェルシーの方針について、テリーは「将来が分からない状況は、僕にとってポジティブに働いているよ」とコメント。また「立場が変わって今はクラブの方が主導権を握っている。それが僕の力になっているんだ」と述べていた。大印象